FC2ブログ

現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。

現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。

著者 千田琢哉

読書2

安定にしがみつくな。どんなときも挑戦者になれ!著書累計200万部を突破した20代のカリスマ・千田琢哉が贈る「予定調和」の日常を捨て毎日を進化し続けるための52の行動リスト。仕事、人間関係、恋愛、人生…、最近たるんできたなと思ったら読む本!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ぬるま湯ほどリラックスできるものはない。

ぬるま湯」は体には良いかもしれないが、ビジネスには良くないことであると、著者の千田琢哉氏は言われている。

ぬるま湯」を抜け出すためにはコンビニに行く服装すらちゃんとすることが大切である。

外出時の服装ちゃんとすることで信頼も評価も勝ちとることができるのである。

ぬるま湯」を抜け出すためには住む場所で人生は決まるということを覚えておく必要がある、勝ちやすい場所で淡々と勝負して、実力をつけていくことが大切である。

ぬるま湯」を抜け出すためには目覚まし時計を手放す必要がある、自分が好きな仕事をすると、目覚まし時計がなくてもしゃきっと起きられる。

「ぬるま湯」を抜け出すためには一駅分なら歩く癖をつける必要がある、一駅分歩いてみることで運動不足が解消されて味が軽くなるものである。

空腹じゃないのに食べないことも大切である、できる人は、食べたくない昼食は取らず、静かな環境で仕事に没頭するものである。

「ぬるま湯」を抜け出すためには1年で一度で良いから本物の食を味わう必要がある、年に1度は一流の店やサービスを体験し本物の感性を磨くことが大切である。

頭の回転を早くしたければ早く歩く必要がある、早く歩く習慣を身に付けることでいつの間にか人生が変わるものである。

25メートル先を見ながら歩くようにすることで成功者に見えるものである。

人生を変えると言う事は、日常を変えると言うことなのだ。

プロ以外とは仕事をしない、落ちこぼれと一緒にランチをしない、打ち合わせにお茶はいらない、思考力のある人はやっぱりちゃんと勉強している。

「ぬるま湯」を抜け出すためには、みんな努力をしていると著者の千田琢哉氏が言われている。

成績の序列が、人間の情熱である、企画力より企画の面の着方を勉強する必要がある、毎年10月1日からは、来年の種まきができるサイクルを作る必要がある、今いる業界の世界の頂点と、日本の頂点は知っておくべきである。

やるだけやったら結果、に任せて、時を過ごすだけ。

人生の中で仕事があるんじゃない、仕事中に人生があるんだ、そのような思い出「ぬるま湯」を抜け出さなければならない。

ただし、人の人生観と言うのは人それぞれだから、「ぬるま湯」が好きな人はそこで良いのではないかと思う。

どのような人生、どのような価値観を望むか、その人の人生であるため、他人に口出す権利は無い。

ネガティブな人には近づかないことが大切であるし、出世が全てじゃないと言う発言は控えるべきであり、うじうじ悩むのではなく勇気を持って頭を使うことが必要だし少々で勝負するのはプロになってから。

安定にしがみつく人を老人と呼ぶし、本当の安定と自分が成長することで、劣等感を超えるためにはまず劣等感を受容することが大切である。

人生は最初に1番止まりに見えたのが最短コースであることが多いもんである。

意識を変えると、人生が変わる、意識を変えるためには、本を読んで気づくことである。

だから、「本を読む」事は大切である。

本を読むことに、本を読めることに感謝をして、皆さんの応援に感謝をして、明日もがんばって生きていこう。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村



超一流の謝り方

人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!

出世の教科書

自分を変える睡眠のルール

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

もし君が、そのことについて悩んでいるのなら

ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉

継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88

私たちの人生の目的は終わりなき成長である。

超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか?

君の眠れる才能を呼び覚ます50の習慣

稼ぐ男の身のまわり

『特別な人』と出逢うために

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

人生の勝負は、朝で決まる。

仕事は好かれた分だけ、お金になる
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本