FC2ブログ

仕事のパフォーマンスが劇的に上がる食事のスキル50 著者 川端理香

仕事のパフォーマンスが劇的に上がる食事のスキル50
著者 川端理香

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
ビジネスにおいて食事のスキルは大切である。
それは普段の仕事、サラリーマンの仕事、不動産投資の仕事においても、同じことである。
よって食事にこだわる方は成功すると言われている。
決してそれだけが正しいと言うわけではないが、しかしそれでもパフォーマンスが上がるのであればこだわるべきだと思う。
今はサプリメントが世の中に出回っている。
しかしサプリメントをこの本はあまり肯定していない。
否定もしていない。
疲れが溜まっているときに食べる食べ物としては、マグロやカツオの刺身や焼き物、鶏胸肉のスープ、炒め物などをお勧めされています。
ビタミンB1が多く含まれている食品をとると、疲れは取りやすいと言われています。
それは、豚肉、ハム、レバー、うなぎ、ごま、そば、たらこ、きなこ、枝豆、玄米、ぬか漬けなどです。
そして豚肉×ニンニクは最強の組み合わせと言われています。
疲労回復にとって上記の組み合わせが良いと言うことです。
他には、豚肉の生姜焼き、ハンバーグ、豚肉のニンニク炒め、豚キムチ、チゲ鍋、餃子などです。
さらには疲労回復にはクエン酸が良いと言われています。
クエン酸は檸檬屋グレープフルーツ、トマト、キュウイ、梅干し、キムチなど酸味のある食品に多く含まれてます。
エナジードリンクで体力回復を図る人が多いが、実はタコの刺身1皿で得られるのです。
たこやいか、柿、ホタテなどの海産物に多く含まれている栄養素となるのです。
朝食にお勧めのタンパク質のメニューもあります。
焼き酒、魚の缶詰、卵焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵、納豆、冷奴、ソーセージ、チーズ、ヨーグルト、牛乳などです。
自分に何が合ってるのかを探さなければならないですし、自分に合っているものではなく、効果があるものを食べた方がより健康的になると言うのです。
それは当たり前のことかもしれません。
しかしその当たり前のことができていないのが現状です。
さらには視力の回復に良い食べ物としてはこれが入ってきます。
ほうれん草、ブロッコリー、インゲン、にんじん、かぼちゃ、トマト、グリンピース、卵の横身などです。
後は、ビタミンCをよくとると良いでしょう。
グレープフルーツ、みかん、いちご、カキ、ブロッコリー、トマトなどです。
健康に気をつかって、ビジネスパフォーマンスを上げて幸せな生活をつかみましょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

「集中力が持続しない」「疲れがなかなかとれない」「ストレスがたまり、ちょっとしたことでイライラする」……。
このような問題は、仕事のパフォーマンスを劇的に低下させます。
逆に、これらを解決し仕事のパフォーマンスを上げれば、
時間をかけて仕事術を学ばなくても仕事の効率を劇的に上げることができるのです。

本書は、数々のトップアスリートをサポートしてきた栄養管理士が、
こういった問題を日々の「食事」によって解決するためノウハウを解説するビジネス書です。
これまで、著者がサポートしてきた選手のなかには、オリンピック金メダリストや、Jリーガー、
プロ野球選手、バレーボール選手、プロゴルファーなど、スポーツの世界で、第一線で活躍する人が数多くいます。
このようなアスリートがつねにハイパフォーマンスを出すために継続している食事術を、ビジネスパーソン向けにカスタマイズして紹介します。

仕事のパフォーマンスが劇的に上がる食事のスキル50

中古価格
¥1,052から
(2018/3/17 20:39時点)




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

君のスキルは、お金になる 著者 千田琢哉

君のスキルは、お金になる
著者 千田琢哉

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
誰にも頼られない時代がやってきてます、自分で切り開くしかない時代がやってきています。
それはサラリーマンなどのビジネスにおいてもそうですし、不動産投資においてもそうだと思います。
だからこそ人々は自分のスキルを高めなければなりません。
そして自分の知識を高めなければなりません。
だからこそ人と出会うことにより人と話すことにより、いろいろな知識いろいろな経験を積むことができるのです。
そして本を読むことにより新たな知識、新たな考え方に出会えることができるのです。
だから本を読む必要があるのです。
何のスキルもない人間なんてこの世にいません。
この本と出会ったのも1つの運命であり、スキルなのかもしれません。
暇つぶしにやっていることにあなたの才能が潜んでいるかもしれません。
もし英語やパソコンが苦手なら、それが得意な友人がいれば済むのです。
無能自負しているのなら、すべ神戸言わず挨拶と愛嬌で勝負するのが良いでしょう。
学生時代に得意だったことを2年間勉強し直すと、立派なスキルになることもあります。
反対に苦手だったことを2年間勉強し直すと、コンプレックスが解消されることもあります。
その道で一流プロになることができなければ、教える側に回ることも1つの道です。
何をやってもダメならその瞬間は自分が世界一になれる土俵を作ることが大切です。
一方踏み出すことができるのは、勇気があるかどうかではない、心の安定があるからこそ人々は踏み出すことができるのです。
自分の長所が分からなければ、他人の長所を見つければよいのです。
自分のことを1番よく知っていると言うのは、大抵嘘となります。
あなたの長所は他人の方がよく知っています。
希少性が成功を決めることとなります。
◇がなぜ効果なのかと言えば、美しい空ではありません、希少性が高いからです。
自分と似たタイプの成功者の真似をすることが成功への近道となります。
才能格差は努力で埋めるのではなく、工夫で縮めることができるのです。
ねこだましや一発屋の真似をしないことが大切なことです。
我慢の先には光ではなく闇があるのです。
なぜか根拠のない自信を持っている人たちが実は成功している。
自分にとって何が大切か、自分にとって何が幸せなのかを考えなければなりません。
そして自分なりの生き方、自分なりの幸福を求めて生き続けなければなりません。
この本を読むことによりそういう考え方を持つことができるのではないでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

成功している人と、そうでない人の差はたった一つの気づきしかない。それは、当たり前のように持っている今ある自分のスキルに気づき、それをお金に換えるという行動を起こしたこと。しかも多くの場合、そのお金になるスキルは、自分では長所とは思っていないこと、もっというと、「こんなこと、当たり前に誰でもできるでしょ」と思っていることが圧倒的に多い。たとえば「遅刻をしない習慣」や「ネクタイをきちんと結ぶ」ということだって、立派なスキルになると著者はいう。毎日職場に行き、名刺を持ち、仕事をこなしている人には、誰にでもそんなスキルがあるはずだ。今、まだ気づいていない自分のスキル。それに気づき、お金に換えるヒントが満載の人生を変える一冊。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

君のスキルは、お金になる

新品価格
¥1,404から
(2018/3/10 22:20時点)


『人を動かす』ために本当に大切なこと 著者 レス・ギブリン

『人を動かす』ために本当に大切なこと
著者 レス・ギブリン


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
人を動かす技術をマスターするためには、自分が持っている人間の本性をコントロールする必要がある。
これは果てしない戦いになるからまずは自分を改めなければならない。
役に立つのは知識そのものではなく、その知識を活用することである。
何を学ぶのか?
・人の気持ちがわかるようになる。
・人の心を掴むスキルが身に付く。
・人とうまく関われるようになる。
人を動かす技術には様々な要素が含まれる。
・人々を統率する能力。
・売り込む技術。
・部下を管理する能力。
・個性。
・人間的な魅力。
トーマス・ジェファーソン元アメリカ合衆国大統領の言葉がある。
「あらゆる才能のうちで最も価値があるのは、一言で済む言葉に決して、二言以上費やさないことである。
人間と言うものは、最大の関心事は自分にある。
あまり使うべきではない言葉、私、私の、私のもの。
積極的に使う言葉、あなた、あなたの、あなたのもの。
自分本位で物事を考えるのではなく、他人本位で物事を考えるべきである。
相手に意見を求めることが大切である。
相手に彼ら自身についての質問をすることが大切である。
ミラード・ベネットの言葉である。
「人とうまくコミニケーションを取る能力は、一生の宝物となる最高の才能の1つだ。」
人を動かす技術は人間の本性を理解することから始まる。
人を理解するためには?
①人間をあるがままに認識する。
②人は多くのことに関心を抱いている。
③しかし、人が最も関心を抱いているのは自分自身のことである。
人と話をする時は? 
①自分のことばかり話をしないようにする。
②相手を中心にした話題にする。
③相手が最も関心を抱いているテーマ、相手自身について話す。
④もっと良いのは、相手が自分について話するように仕向けること。
相手に重要感を持たせるエヴァ持たせるほど、相手はあなたを好きになり、快く対応してくれる。
①相手の話にじっくり耳を傾ける。
②心を込めて相手を褒める。
③相手の名前を会話の中で何度も口に出す。
④答える前に少し間を置く。
⑤相手を待たせていることに配慮する。
⑥自分の話よりも相手の話をする。
相手に同意する技術も大切である。
①人には愛想よく接するだけでなく同意をしよう。
②同意してることを相手に伝えよう。
③同意できなくても、どうしても必要でない限り、意義を唱えるべきではない。
④自分が間違っていると気づいたら、素直に認めよう。
聞く技術を身に付けると大きな財産になる。
①ますます疲れる。
②ますます知識が増える。
③ますます話し方が上手くなる。
上手に聞くための5つのコツ。
①相手が話し終わるまで、相手を見続ける。
②相手のほうに身を乗り出し、じっくり聞く。③質問をする。
④途中で話を遮ったり話題を勝手に変えたりしない。
⑤自分ではなく相手に意識を向け、あなたを主語にして話す。
いろいろなテクニックがあるが、1番大切な事は相手のことを思って考えることかもしれません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

自己啓発書の古典的名著の著者による、最後の作品を初邦訳!

成功も失敗もすべて「人をどう動かすか」にかかっている。よい人間関係を築き、相手が喜んで自分の望むように動いてくれるには、どう考え、行動すればよいか、10のステップでシンプルに教えてくれる。

たとえば人と話すときに、あまり使ってはいけない言葉、もっと頻繁に使うべき言葉が挙げられ、それが事例コラムや図解で補強される。重要なポイントにアイコンなどが使われ、1レッスンごとに、まとめとチェックリストによって自分を振り返り、何をすべきか行動プランが立てられる構成となっていて、他の著書と比べもっともシンプルに要点がまとまった実践的な内容である。常に身近に置いて、日々の指針として“使える"本。

ゼネラル・エレクトリック、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど、米国の多くの企業のビジネスパーソンが50年以上にわたり学んできたコミュニケーションの真髄が、コンパクトにまとまっている決定版!

「人を動かす」ために本当に大切なこと

新品価格
¥1,404から
(2017/9/30 23:29時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術  著者 坂本慎太郎

朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術
著者 坂本慎太郎


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この本は株式投資につき、板を読んで投資をする方法論を語っております。
投資とは、自分にとって合う合わないがあります。
だからこそどのような方法論でも知る必要があるのです。
知ってから、どのような選択をするかが大切です。
板を見てどちらに投資をするのか、それだけで稼ぐと言うのも1つの方法なんです。
どの方法があうかは分かりません。
自分に合う方法を見つけるのみです。
そのやり方の1つの参考に、この本があります。
板読み投資、板の貼り付け具合により投資を検討する方法です。
この方法で技術を極めれば月収1,000,000円も夢ではありません。
その技術の習得が必要であるために、経験をつまなければなりません。
練習や実際のトレードを繰り返すことによって経験を積むことができます。
プロのディーラーも最初からスキルがあったわけではありません。
最初は誰もが素人です。
経験を積んだことによってプロのディーラーになっているのです。
たくさんの経験を積んだらたくさんの技術がついているとことでしょう。
しかし最後テクニックよりもメンタルになってきます。
大切な事は体調が悪い時は休むことです。
何事でもそうですが体あっての人生です。
無理をしないことが非常に大切なことです。
げん担ぎに意味はないと言うことをしるべきです。
メンタルは負荷をかけても鍛え断って来ません。
だからこそ休むことが大切なのです。
イライラを解消することも大切です。
精神的に落ち着いてなければ納得いく判断を下すことができません。
ライバルはこの世にはいません。
人と比べるから人間は精神的に弱くなっていくのです。
比べるの人ではありません。
自分自身なのです。
自分自身と比較して自分自身の成長を望むのみです。
良い人生を送るために。
そして自分自身のルールをシンプルにしておこう。
複雑にするとプレッシャーになってしまう。
そうすることによって自分自身を追い込んでしまう。
自分が楽しいと言う思いである。
それを追求できるかどうか、追求するためには何が必要なのかを考えなければならないかもしれません。
失敗しても落ち込まないことが大切なことであります。
ちっぽけなプライドは無意味なことだと知った方が良いでしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
「板」とは「板情報」のことで、
値段ごとに「売り」「買い」の注文数が表示されたものです。

本書では、板の基本から、板読み力を高める練習方法、
板読み投資に適した銘柄の見つけ方、具体的な買い方・売り方、
リスク管理法、板読み投資の実践テクニックなど、
著者の経験にもとづいた投資手法をあますことなくご紹介します。

板読み投資は、短期トレードが中心になりますが、
日中仕事をしている兼業投資家でもできる投資法も解説します。

朝9時から10分間だけ勝負する投資法です。

株式市場の前場が開く午前9時から投資を始めて、
10分後には利益確定、もしくは撤退する方法です。

この朝の寄付きを狙う投資法は、
個人投資家にとっては、勝率が高くなる時間帯での勝負となります。

1日だけではわずかな儲けですが、
月20日間のトレードで10万円、20万円を稼ぐようになれます。
月収100万円も夢ではありません。

もちろん、そのためには、技術の習得が必要です。
株式投資は運では勝てません。

本書で解説する「板読み投資術」を成功させる近道は、
練習や実際のトレードを繰り返すことです。
プロのディーラーも、もちろん私も、初めからスキルがあったわけではありません。

板読み投資の練習と実践を繰り返すことで、
きっとあなたも、目標とする金額を手にできるようになれます。

朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術

新品価格
¥1,512から
(2017/7/29 22:47時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

難しいことはできませんが、お金のなる木の見つけ方を教えてください!

難しいことはできませんが、お金のなる木の見つけ方を教えてください!

著者 小山竜央

読書2


既存の仕事がAIの進化により減少し、安定するには複数の収入源を持つことが必要な今、
自分の強みを生かし「まだない仕事」で稼ぐ発想や人脈、成功法則を大公開!
著者は、「今まであったようでなかったビジネス」にいち早く着目し、
数々の成功者を輩出してきた講演会コンサルタントの小山竜央氏。
普通のサラリーマンが趣味・特技を生かしてパーソナルスタイリストになった成功例など、
起業・副業のための極意が満載の一冊です。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

将来に不安を抱いている人は多い。

特に金銭的不安を持っている人は多い。

今のままの働き方で、本当に安心ですか?

本業以外に、自分の好きなことでお金を稼ぐ手段を探すと言う働き方もあるのではないでしょうか?

複数の収入源を持っていたら、人生は変わるのではないでしょうか?

来月からのお金の心配がなくなったり、ましては自分のために使うお金が増えるのではないでしょうか?

この本は複数の収入源、「お金のなる木」を見つけ育ててほしいと言う本なのです。

新しくビジネスを始めうまく軌道に乗せるコツは、自分にとって好きなことや興味のあることをやり続けることなのです。

成功している人の場合、嫌なことを仕事にしている人たちはほとんどいません。

成功者は、「好きなことを仕事にして、お金を稼ぐ」こういう考え方なのです。

著者の『小山竜央』氏が言われるには、このような悩みを抱えている人たちが多い。

将来に不安があるけれども、転職や独立することで勇気や自信はない、今の仕事がつまらないから、何か新しいことをしてみたい、もっと自由な働きをしてみたい。

とにかく大切な事は自分がワクワクするようなスキルを身に付けることである。

なぜなら仕事と言うものは、好きなことのほどうまくいくものだからである。

嫌いなことでストレスをためる日々は時間がもったいないし、面白くないものである。

会社を辞めてから新しいビジネスに挑戦するのではなく、副業として新しいビジネスにチャレンジすべきである。

いきなり大金を目指すのではなく、まずは副業として50,000円+ αを目指すべきである。

そのために必要な事は何かと言うと、自分の好きなことをスキルになるまで磨きあげることなのです。

どんなスキルや情報も専門性が高ければ高いほどお金になるものである。そこに自分がたどり着ける事ができるのかどうかが、大金を稼ぐかどうかの違いになってくる。

その上で、ターゲットを1つに絞るべきである。

地域、ジャンル、ターゲット層である。

今の世の中に会うおいて、何かどこかにニーズがあるのである。

そのニーズにたどり着けるかどうかが大切である。

そのためには、自分とバックグラウンドが見てる人を真似するべきである。

1つのスキルを最短で学ぶためには、アドバイスしてくれる存在が不可欠である。

基礎を教わる先生は高望しなくて良いものである。

自分にあった環境で教えてくれないと、常に高いレベルで教えてもらっても自分自身に身につかないことが多々あるものである。

環境を作れる自信のない人はリアルな場で学ぶ方が。

1つのスキル習得にかかるお金と時間を知っておくものである。

資格スキルにはならないものである。

知識を手に入れても、知識は時間とともに古くなっていくものである。

だからこそ知識ではなくスキルに目を向けるべきである。

ヒット商品は、既存ビジネスの組み合わせから生み出されるものである。

まだない新しいジャンルの商品やサービスなら平均相場よりも価格設定を高くすることもできるものである。

時代を先取りしたテーマなどは日経トレンディなどを使って探すのも1つの手段では無いでしょうか?

自分の何気ない経験でも見せ方1つで、まだない仕事に代えることもできるものである。

入り口を広くする、ターゲットを絞って特化するなど客のニーズを汲み取って自分の趣味を仕事にしたいものである。

あまり高い価格でスタートせずに自分ができる範囲でケアやサポートをして客をつかむことが大切である。

価格を上げるのはその後でも良いものである。

商品クオリティーではなく独自の付加価値で勝負をすべきである、お客様にワクワクさせるような期待感を持たせることも大切である。

そのように自分たちの思いや、自分たちの成功を夢見て前へ一歩進むべきである。

今は商品ではなく体験が売れる時代である。

世の中は、時代がものを作りすぎた。

だからこそものではなく体験が売れる時代となってしまったのである。

よって何回も同じことを言っているが、情報を仕入れることが大切である。

ストリートアカデミー、セミナー情報.comなど情報収集に置いて使えるものは使うべきである。

交流会などで名刺交換しても役に立たないものである。

いかにキーパーソンとだけ仲良くなるかが大切である。

そして自分自身がキーパーソンを見つけて上のステップへ行く努力をすべきことが大切である。

やはり最終的に頼れるものは、信じることができるものは、自分自身である。

さらに稼げない人ほどお金の管理がずさんである。

私たちは何を求めて生きていくのであろうか、それを考えて生きていくべきである。

最終的には幸せになることが1番大切であると思うが。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村


忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本