FC2ブログ

サラリーマン大家でもなれる不動産投資の講師で年収1000万円稼げるわけ 著者 長岐隆弘

サラリーマン大家でもなれる不動産投資の講師で年収1000万円稼げるわけ
著者 長岐隆弘

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資だけではリスクがあります。
だから不動産投資の行使で稼ぐと言う手もあるのです。
今は最大の不動産投資のブームが到来しております。
せっかくのこのチャンスを活かしましょう。
サラリーマン大家が今は世の中にたくさん出てきています。
しかしそんなサラリーマン大家でも悩みがあるのです。
果たして不動産だけで生きていけるのかどうか、部屋のエアコンや給湯器が壊れたり、水漏れがおこったりしないかどうかなどです。
だからこそ不動産をしながら不動産投資の講師をして稼ぐのです。
不動産投資の講師をすることによって5つの報酬を得ることができます。
それは、スキルアップ家賃以外の収入源、ブランド力アップ、やりがい、仲間です。
大家としてのスキルアップ、これは非常に大きいことです。
自分が不動産投資の講師があったとしたら、どのようなターゲットを目指して講師をするのかが大切です。
的外れなターゲットに、講師の話をしても全く意味がありません。
なぜならそこにニーズがないからです。
不動産投資の経験を人に教えると言う事は、自分自身が不動産投資の知識を得る事でもあります。
正しい知識と経験、これが価値です。
それがブランディングです。
講師として自分自身をブランド化していき、権威や認知度を高める方法なのです。
2つ目はマーケティングです。
不動産投資もマーケティングが非常に重要ですが、講師としてのマーケティングも同じように重要なのです。
見つめが、セミナー運営です。
セミナーは単に不動産投資のノウハウと言う情報提供のセミナーではありません。
見込み客に自分の顧客になってもらうためのいわばセールスとなるのです。
最後がコンサルティングです。
顧客は具体的な解決策を求めているので、それを提示しなければなりません。
それが講師としての価値になります。
これから不動産投資は儲かるのか、損をするのか、それは誰にもわかりません。
しかし昔から人間は争いのもとは土地になります。
土地を争いや、戦争などの争いが生じてくるのです。
もともと土地を持っていないサラリーマンが不動産投資に参入しています。
私もその1人です。
だからこそ助け合い、情報を共有化して、お互い利益のある関係を作らなければなりません。
そのために同じ志を持つ人と一緒にならなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

「副業で大家がやりたい」と考えているサラリーマンは、依然増え続けています。ただ、彼らには正しい知識と経験が欠けています。そのため、不動産業者から薦められるままに買ってしまってうまくいかず、結局空室を増やしてしまうことが頻繁に起こっています。
というのも、これまでアパートなどの賃貸用不動産を買う際に、相談する相手は業者しかいなかったからです。業者は自分の薦める不動産を買ってもうことが目的で、買った後の大家のことまでは関係ないのです。大家が自分で判断してくれないほうが都合がよく、不動産に対する知識をつけることも好みません。その結果、買った後にうまく賃貸経営ができない大家が増えてしまったのです。
実際には業者の売り方や説明の仕方に問題がある場合も多いのですが、買う側にもそれに気づく程度の問題意識や、「経営していく」という意識、判断を支える知識・経験が必要です。
本書は、大家として成功している人たちがその成功法則を、これから大家業に参入する人たちや、うまくいっていない人たちに教え、不動産投資の講師として稼げるようになってもらう、つまりWin-Winの関係を築く手法を解説しています。

サラリーマン大家でもなれる 不動産投資の講師で年収1000万円稼げるわけ

新品価格
¥1,728から
(2018/3/14 22:20時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本