FC2ブログ

センスは知識からはじまる 感想 水野学

センスは知識からはじまる

著者  水野学

読書2


「くまモン」アートディレクションなどで話題の、
日本を代表するデザイナー発「センスの教科書」。

センスは生まれついたものではなく、あらゆる分野の知識を蓄積することで向上することを説く。
顧客の嗜好が多様化する時代、スキルよりもセンスを磨くことで、
仕事を成功させるノウハウを紹介する。

【目次】

Prologue センスは生まれついてのものではない

Part1 センスとは何かを定義する
・センスとは、数値化できない事象を最適化することである
・まず「普通を知ること」が必要である
・子どもは自由に「センス」を発揮している
・美術の授業が「センス」のハードルを高くしている

Part2 「センスのよさ」が、スキルとして求められている時代
・センスのよし悪しが個人と企業の存続に関わる時代
・時代は「次の利休」を求めている
・技術がピークを迎えるとセンスの時代がやってくる
・新しいものが広がるには時間がかかる
・なぜ日本企業の製品にはセンスがないのか
・日本企業に必要なのはクリエイティブディレクター
・「経営者のセンス」が企業の底力になる
・クリエイティブディレクターは企業の医者である
・どんな職種にもセンスが必要不可欠になっている

Part3 「センス」とは 「知識」からはじまる
・すべての仕事において“知らない"は不利
・ひらめきを待たずに知識を蓄える
・イノベーションは、知識と知識の掛け合わせである
・センスとは、知識にもとづく予測である
・客観情報の集積がその人のセンスを決定する

Part4 「センス」で、仕事を最適化する
・「流行っている」=「センスがいい」ではない
・効率よく知識を増やす三つのコツ
・センスをもって選択・決断する
・もし、チョコレートの商品開発者になったのなら?
・知識のクオリティが精度の高いアウトプットをつくり出す
・知識を加えて、消費者のベネフィット(付加価値)とする
・アウトプットの精度をあげてシズル感を最適化する
・知識をセンスで測ってアウトプットを決定する

Part5 「センス」を磨き、仕事力を向上させる
・センスアップはスキルアップにつながる
・企画書は、消費者に知識、物語、価値を知らせる手紙
・「好き」を深堀りしてセンスあるアウトプットをする
・「好き嫌い」ではなく例を挙げてセンスを磨く
・「せまいセンス」でも、それを軸に仕事をすることはできる
・日常の工夫で、思い込みの枠を外す
・書店を五分で一周して気になったものが何かを確認してみる
・「幼児性」で新鮮な感性を取り戻す
・人生の先輩と話してセンスの底上げをする
・「服選び」は自分を客観視し、最適化する身近な方法

Epilogue 「センス」はすでに、あなたの中にある

センスとは数字化出来ない事である。

センスが良い商品が広がるには時間がかかる。

根気強く待たなければならない。

大塚製薬のポカリスエットなどが当てはまる。

センスとは知識の集積である。

センスへの道

①王道

②流行

③一定のルール

本屋は知識の泉である。

センスは知識からはじまる

新品価格
¥1,512から
(2015/7/11 18:08時点)




センスは知識からはじまる

価格:1,512円
(2015/7/11 18:15時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

稼ぐ男の身のまわり

稼ぐ男の身のまわり

著者 千田琢哉

読書2


ビジネスパーソンの永遠の悩みといえば、
「成果を上げる」「評価してもらう」ことではないだろうか。
本書では、著者のそういう「勝ち方」を公開しているが、
おそらくそれは、読者が想像しているものとはかけ離れているだろう。
なぜなら、勝つために必要なのは、「努力」ではなく「環境」であり、
その環境は、細部にわたって、
仕事と生活が密接につながって構築されているものだからだ。

自分の身のまわりを眺めたとき、
誰でもそれに見合った成果を出しているということになる。
身のまわりを変えることは、
仕事を含めて、人生を変えていくことである。

まずは、ワイシャツにこだわってみることからはじめてみよう。
まずは、靴にこだわってみることからはじめてみよう。
それだけで、確実に変わるものがあることを、
本書では伝えている。

第1章 ファッション 生き方のこだわりは「見た目」にあらわれる
ジャケットの袖ボタンを外すと、一目置かれる。
ハイソックスは繊細であることの証……など。

第2章 お金 お金の使い方は、人生、何に投資するかということ
この世で最高の投資は、自分の仕事。
株や土地を盲信しない……など。

第3章 本棚 モチベーションのルーツを探す
本を手放す瞬間に、決断力が鍛えられる。
世の中の書店はすべて自分の本棚。本代はレンタル料と考える……など。

第4章 生活習慣 ストレスフリーになるために
頭を柔軟にするために、ストレッチをする。
水は水素水を飲む……など。

第5章 スタンダード 自分を知る人は自分を超えられる
    仕事相手とは、恋愛相手のようなもの。
    孤独の時間に過去を味わい、人生の解釈を増やす……など。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

千田琢哉氏はこう言われている、『身のまわりにあるものが、今のあなたを作っている。』

千田琢哉氏曰く、宇宙の中で、他の誰かではなく、自分が勝ちやすい環境を構築できたものが、人生を制する、つまり勝ちやすい環境作りなさいと言うことである。

自分の勝ちやすい環境と言うのは人それぞれだから、他人の勝ちやすい環境を真似しても勝てるとは限らないが、それでもどのような環境を勝ち組が作っているのかを知る必要がある、知って自分でどのような環境選定するかが大切である。

その中で千田琢哉氏が最初に言われているのが、センス才能と言うことである。

よって自分のセンスが何なのか、そして他人のセンスが何なのか、これを見極める力が大切である。

自分にセンス才能があるのであれば自分でやれば良いし、才能のある人間が周りにいるのであればその人にやってもらうのが1番良い。

ジャケットの袖ボタンを外すことをで一目置かれることもある、ということを知っておくべきである。

靴を選ぶときはジョンロブを選ぶと注目を浴びることもあることを知っておくべきである。

しかしそうは言いながらも1番最高の投資は何かと言うと自分の仕事への投資である。

これは、千田琢哉氏も語っている。

まずは自分自身が稼ぐことが大切であり、自分自身が稼いだお金を下にお金がお金を稼ぐと言う仕組みを作ることが大切であると考えるため、最初に大切な事はやはり自分自身が稼ぐということが外せないのである。

そーゆー稼げる自分と、もしくは大好きな仕事で稼いできているとおいしい儲け話には昔になってしまう。

それは今自分がやってる仕事が楽しくて仕方ないからである。

ある水準に達すると、お金と言うのは勝手に増えていくものである。

こればかりは不思議でたまらない、しかし何故かそういうものである。

ある程度の水準までお金を貯めるのにどのようにして貯めるのか?

知恵で稼ぐのか、労働で稼ぐのか、知恵で稼ぐ人生を選ぶのであれば、知恵が得られることに投資をしなければならない、つまり読書するということである。

読書をした後に本棚に飾る人が多いと思うが、本棚はスペースを作っておくべきである。

スペースというのは運気だと言われている。

風水などからすればスペースにものモノが詰め込まれていれば運気が上がらないと言われているため、スペースを空けて運気を上げる必要があると勉強になったこの本で。

最終的にはやはり自分自身が成長して自分自身が稼げる人間になる必要がある。

そのためにいろいろな人に会い、いろいろな言葉に出会い、いろいろな方に出会い、いろいろな体験をして自分自身が成長することにより、新たな世界を見ることができるであろう。

私たちを幸せにならなければならないし、幸せになる権利がある、何をもって幸せと言うかは人それぞれだが。

そのために1つの本と出会い1つの本を読書しよう、そして行動するのみである。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


稼ぐ男の身のまわり

新品価格
¥1,404から
(2016/12/17 18:29時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




『特別な人』と出逢うために

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

人生の勝負は、朝で決まる。

仕事は好かれた分だけ、お金になる

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本