FC2ブログ

悪意の手記

意の手記

著者 中村文則

読書2


私は人を殺した。そのことが私の人生にこれほどのものをもたらすとは知らずに……。テーマに、現代の青年の心理を克明に描ききった衝撃の問題作。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

世の中には、幸せな人生を送っている人もいれば、不幸な人生を送っている人もいる。

何を持って幸せと言うかは、人それぞれだが、幸せに感じることができる日々を送っている人もいれば、幸せに感じることができない日々を送っている人たちもこの世にはいる。

そしてこの小説である、意の手記は、読んでいてとても悲しくなってくるし、世の中にはこのように苦しんでる人たちがいると言うことを教えてくれる小説ではなかろうかと思う。

特に悲しく恐ろしく感じたのは、虚無である。

1つ目は、病気が治癒した後に私が感じた、あの虚無は何であったのかということ。

2つ目がKを殺した後に、なぜあの虚無は終わったのかと言うこと。

主人公と思われる滝川雄一郎はTTPという醜い病気になったことからの始まりであった。

を信じて救われるのであろうか、その人間を作ったのではないだろうか、が人間を作ったのであればより完璧な人間を作るべきであったと思うのは子供心かもしれない。

確かに言われてみればその通りかもしれない。

しかしを信じると言う事は奇跡を願うと言うことではなく進行することにより心の逃げ所を作ると言う事かもしれない。

そのため人間は様と言う信仰持ったり、宗教思ったり、心の拠り所を作っている。

それをどのように捉えるかはその人次第であり他人には突っ込むことができない世界である。

親友を殺してそしてその殺したことにより苦しんでいく主人公。

生きるという事は何なのか、そしてなぜ人を殺してはいけないのか、などいろいろな疑問よ課題を与えてくれる小説である。

そして捨てるあれば拾う神あり、などなど考えさせることができる小説でもある。

人は生きていく上で、1人では生きていけない、数々の状況の中助けてくれる人たち。

大学生時代の親友そして、自分を支えてくれて考え方を変えさせて貰った女性など最の自分に光を与えてくれた。

それが幸な、不幸かはその人がどう捉えるかによるが、生きると言うことそして人を殺すということを、再度考えさせられるのではないか?

そして大学を中退して喫茶店で働くことになった時に出会った女店主。

彼女との出会いにより、自分のため込んだ言葉を吐き出すことにより、自分自身も楽になってきた。

そのことにより主人公の考え方にも変化が訪れてくる。

ラストはいろいろなことを連想させてくれると思うけど、どのような思いを受け止めるかは読者の自由である。

現代の社会と言う考えさせる小説である。

今生きていることに感謝をして、明日を迎えようではないか。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


悪意の手記 (新潮文庫)

新品価格
¥464から
(2016/12/5 21:19時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ダリア

ダリア

著者 辻仁成

読書2


その男が家にやってきた日から、妻のスープの味が濃くなった。野蛮さとまがまがしさを瞳に宿す、褐色の肌の青年ダリア。彼はすれ違いの一瞬で、平凡な人妻の心を奪い、冒涜の愉楽へと誘い出す。やがてその矛先は家族にも向かっていくが……。果たしてダリアとは何者か。美と悪徳が明滅する官能的な筆致から、もうひとつの現実世界への扉を開く衝撃作。作家生活20周年記念作品。

1つの家族の話であり、破壊創造テーマにした話と受け止めることができるが難しかった。

ダリアという悪魔が主婦と不倫。

目的は不倫?

このダリアの目的は?

主婦を先頭に段々、家族に侵入してくるダリア、官能的要素もあり家族のあり方を考えさせる一面もある。

ダリアがきてから、妻が美しくなった、息子が反抗しないなど。

本来は父親がしないといけないことをダリアを利用して家族の問題に向き合うと、捉える事もできることが楽しさを感じることができた。

全体的に難しい話であったが、家族が抱える闇の部分をダリアと言う悪魔の男に例えて再生を図る落としたのかもしれない。

新しいもの、良い物を創造しようとすると古いものを壊さなければならない。

破壊創造である。

どうやって破壊するか、自分自身で破壊できれば良いができない、だからダリアと言う悪魔を使って破壊を試みた。

1つの話を作る上で面白い話ではある。

ページ数も少ないため一気に読んでしまいることも1つの魅力かもしれない。

そして1番面白いところは、読む人によってどのような受け取り方もできるということである。

あなたはどのように受け止めましたか?



ダリア (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2016/9/3 17:19時点)



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人生100年時代のマンション投資の教科書 著者 山越尚昭

人生100年時代のマンション投資の教科書
著者 山越尚昭


新たな知識を求めてこのと出逢う。
未来のワクワクを今から作る、「老後」の長期化で対策が急務となっている現在、東京圏での新築ワンルーム投資なら悠々自適の老後を「予約できる」!こんな帯に惹かれてこのを手に取ってみる。
このは1972年生まれ埼玉県出身であり、Life&Style株式会社代表取締役の山越氏が書かれたである。
このテーマは長生きしていく、人生100年時代の到来をまずは考えなければならないということである。
長生きすればするほどお金がかかる事は間違いない。
しかし年金だけでは生きていくことができない、現役時代に蓄えた貯金だけでは生きていくことができない、だからこそ不動産投資をすると言うことである。
これからの時代セキュリティーの設備が問われる時代になってくる。
オートロックや防犯カメラ、カラーモニター付きインターホン、宅配ボックスなどである。
そんな設備を備えているのがアパートよりもマンションの方が多い。
アパートでもあるところはあるかもしれないが、こだわりはマンションの方が強い。
そんな時代だからこそ、マンション投資に目がいくのである。
そして大切な事はいかにパートナーを選ぶかが大切である。
パートナー次第では投資家の方が損をするがパートナー次第では投資家も不動産会社もwinのwinの関係になると言うことである。
新築マンションと中古マンションでは設備メンテの差が大きい。
築浅マンションであればさほど差がついてないと思われるが、古いマンションであればその差はかなり大きいものである。
どちらのマンションを選ぶ側から入ると次第だが、新しいマンションを借りようとするのは日人の特性として多いのではないかと思われる。
良いものをいかに選んでいくのかが大切である。
これから先良いものにこだわりを持って生きていく人たちが増えていく、それは社会の発展に役立つと言う考え方である。
破壊と創造、古いものを壊しどんどん新しいものを作ることにより、より便利な社会、より住みやすい社会が出来上がっていく。
これはものづくりの世界でも同じですし、不動産の世界でも同じである。
そのために、今自分に何ができるのか今自分が出来る事は何なのか考えて行動することにより、投資に対する考え方が変わるのではないでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

紹介
現在、日本人の4人に1人は100歳近くまで生きると言われています。結果、「老後」の期間が35年間程度へと劇的に長くなり、退職金や貯蓄といった従来型の老後対策では、生活費を十分に用意できなくなってきました。
その対策として、注目されるようになっているのが「投資用マンションへの不動産投資」です。ほとんど<ほったらかし>でいいので、良いパートナーさえ見つければ投資の素人でも手がけられます。家賃収入が物件購入時のローンを勝手に返済してくれるので、実質的な負担はごくわずか。ローンには団信も付随するので、生命保険の代わりにもなります。
年収400〜500万円から、たとえ貯金ゼロでも多くの人が実行可能なこの投資手法について、わかりやすく、徹底的に解説した1冊です。

人生100年時代のマンション投資の教科書

新品価格
¥1,620から
(2018/10/9 21:08時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本