FC2ブログ

シンドローム 下 著者 真山仁

シンドローム 下
著者 真山仁

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
電力は効果、ならば国ごと買い叩くハゲタカが新たに活躍する物語の下巻である。
これは原発事故での物語ハゲタカ目線から小説にした話である。
東北大震災は衝撃の自然災害であった。
津波だけでも厳しい自然災害だがそこに加え原発と言う大問題が加わってしまった。
電力会社の命がけの対応を読み取ることができるし、電力会社の経営陣の無能な采配を読み取ることができる。
そんな会社にメスを入れようとハゲタカが買収すると言う物語であるが、今の日本ではこういった考え方は拒絶されるであろう。
このような考え方で日本の社会から拒絶された人と言えば村上氏を思い出される。
新しいものを作ろうとする人間を邪魔する人間は必ず存在する。
しかしそこを振り切ってでも新しいものに挑戦しなければ、日本の社会に、日本の未来に明るい兆しが見えないであろう。
そのやり方がどうなのかである。
そしてこのシンドロームはハゲタカにより買い叩くと言うやり方である。
それが間違ってると私は思わない。
企業と言うのはあくまでも経営陣の意向でするものであり、経営陣を買い叩かあげれば企業を変えることができない。
だからこそM&Aや買収という動きがこれから活発していても受け入れるべきだと私は考える。
それは新しい社会への第一歩だから。
古い社会を壊して新しい社会を作る、そのことによりより住みやすい世の中、より住みやすい社会になっていくと信じている。
人間は常に進歩しなければならない。
人間は常に新しいものを求めていかなければならない。
伝統を壊す事が正しいわけではない。
残すべき伝統と、壊すべき伝統を見極めることが非常に大切であり、非常に難しいことであると考える。
そこで私たち人間が何ができるのか、何を考えなければならないのかを再度追求しなければならない。
鷲尾氏は面白いほど新しい血を入れようとしている。
面白いほどに嫌われることを避けないし、面白いほどに常に向上心を持っている。
これだけ強いメンタリティーを持ってる人が今の社会にどれだけいることでしょうか
そこに必要なのは信念であると私は思います。
常に信念を持って、常に信念に立ち向かいビジネスをすることになり強いメンタリティーを持ってやっていけるのかもしれません。
そこに幸せがあると信じているからこそ、強さである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

官邸は迷走し、首都電が責任回避に奔走するばかり。原発メルトダウンの危機は確実に進行する。表向き救世主として振る舞う鷲津は、けっして本当の狙いを明かさない。原発事故の危機のカウントダウンと、ハゲタカ鷲津の巨大買収劇が、同時並行で進む、リアル金融サスペンス。驚愕と感動の結末へ向かう!

シンドローム(下)

新品価格
¥1,998から
(2018/10/1 20:00時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

シンドローム 上 著者 真山仁

シンドローム

著者 真山仁

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
今度の標的は電力会社?
この物語は面白い。
ハゲタカは、何を狙い、日本を買い叩く?
まさにのめり込める一冊てある。
原発をなくしたいから、電力会社を買い叩く?
官僚にメスを入れたいから、電力会社を買い叩く?
どちらが目的でも電力会社にメスを入れたいという気持ちは同じである。
だからこそ、経営権を購入する。
実経済が学べる小説、それが真山仁氏の小説である。
だからこそ、真山仁先生の小説は面白い。
そこに絡んでくるのは、中国系ファンド。
リアル感あり。
実際日本の企業内部留保しすぎである。
その内部留保をいかに有効活用させるかが大切である。
果たして今回はどのような手段を通してハゲタカファンドは、活躍するのが楽しみである。
上巻に関しては、電力会社の原発の話がこと細かに書かれています。
実際に起こった出来事のように描かれているが、真実はいかに?
この物語を読んでいると3.11東北大震災を思い出してしまいます。
いや、忘れてはならない出来事かもしれません。
津波にも恐れず、安心して生活できる地域づくりはこれからの社会の課題となります。
その課題から逃げずに立ち向かうことが大切であり、社会の発展、文明の発展につながるのではないないでしょうか?
そこに価値があり、希望がある気がします。
そして、エネルギー関連会社に買収をかけるヘッジファンドの面白さがこの物語はあります。
誰しもが夢見ることではないでしょうか?
しかし現実的には難しい話であります。
一般市民としては、安定したエネルギー供給を願うばかりです。
ただそれでもエネルギー価格下落は嬉しいことです。
生活における固定費と言うのはやはり厳しいものです。
そこにメスが入り少しでも楽になると助かります。
その分趣味や娯楽にお金が回るのではないでしょうか?
浮いたお金が貯金にもあるようであれば、それはどうかと思いますが、浮いたお金が社会に還元していけばまた経済の発展につながるのではないかと思います。
小説と言う1つの物語を楽しむことにより、経済の勉強ができるこれがこの本の醍醐味であり良いところだと思います。
ぜひぜひ物語を楽しみながら、経済の勉強をしてみてはいかがでしょうかと思いたくなります。
そういう意味ではこの本はオススメの本となります。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

2009年、ハゲタカと呼ばれた世界的な企業買収者・鷲津政彦は、原子力発電所を建設する民営会社のを買収に失敗。財・政・官がもつれあう、権力構造の複雑怪奇さを思い知る。その2年後。リベンジを賭け、総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の2011年3月。東北を未曾有の地震、津波、最悪の原発事故が襲う。

シンドローム(上)

新品価格
¥1,998から
(2018/10/1 19:58時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本