FC2ブログ

ファーストクラスに乗る人のお金2

ファーストクラスに乗る人のお金2

人生のステージが上がる61の工夫

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人』シリーズの中でも、とくにロングセラーとなっている『ファーストクラスに乗る人のお金』が第2弾となって登場! 前作からさらに進化した、中谷彰宏流のお金論。人生のステージを上げるための、お金に対する考え方・工夫がつまった1冊です。【この本は3人のために書かれました】勉強してるけど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。貯金しようか、使おうか、迷っている人。もっと稼げるようになりたい人。お金に対する迷い・不安・焦りは多くの人が抱えているもの。本書にはそんな悩みを解決し、人生のステージを上げる工夫が満載! お金に悩むすべての人、必読です!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ファーストクラス」に乗りたいと言う気持ちを持ちつつも、現実に阻まれる今日このごろ。

この本はこの3人のために書かれた本である。

勉強しているけれど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。

貯金しようか、使おうか、迷っている人。

もっと稼げるようになりたい人。

ファーストクラス」代を最初に本にまわす人が乗り続けることができるものである。

出会いにお金を使うより勉強代にお金を使おう。

稼げない人は定休と比べ、稼げる人は生涯所得と比較して考えるものである。

高いかどうかは、生涯所得と比較して考えるものである。

もらえるものだったら高い方と言う人は、お金持ちにはなれない。

値段より自分にとっての価値で決めるべきである。

金運があるかどうかは、勉強代が安いと感じるかどうかである。

見えない原価に気づくべきである。

違いがわかると、お金が入る。

「お値打ちの違いに」気づくべきである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

無料が好きな人は金運が下がる。

無料に飛びつかない事は大切なことである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

むやみに会員証作るべきではない、それは知らないうちに個人情報を打っているからである。

明日までにの依頼を受ける人が稼ぐものである。

明日までの仕事をどんどん受けて成長しよう。

仕事量=収入ではない、頑張っている事に酔わない事は大切である。

それが「ファーストクラス」になる秘訣である。

お金をもらうよりも、仕事をもらう人が最終的にはお金が入ってくるものである。

お金より仕事をもらうことを心がけよう、「ファーストクラス」になるために。

やりたくない仕事で佐賀つくものである、みんながやりたくない仕事を本気でやることが大切である。

それも「ファーストクラス」になるためである。

うまくいったときにハシャガないことが大切である。

やってみようとやってみたの差は大きいものである。

商売とは、相手の財布にお金を入れるゲームである、自分の財布に入れたらそれはオウンゴールであり、それが「ファーストクラス」の考え方である。

借金をしてでも仲間の利益を優先すべきである。

自立とは自分が食べていけるだけでは足りない、大切な人を守れるのが自立である。

次がなければ負けの覚悟を持とう。

自分の要素の多いものを投資と言うべきである。

ファーストクラスを夢見て、皆様に感謝し、明日も笑顔で頑張ろう。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?







にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ファーストクラスに乗る人のお金

ファーストクラスに乗る人の人間関係

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。
スポンサーサイト

ファーストクラスに乗る人のお金 自分の器が大きくなる61の方法

ファーストクラスに乗る人のお金

自分の器が大きくなる61の方法

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人のノート』に続く書き下ろし!

学ぶべきは、“お金の稼ぎ方ではなく、お金とのつき合い方を覚える"こと!

一流の人たちが実践している習慣とは?
大切なのは、お金持ちになる前に、「お金が入る器」をつくることだった。

相手への心遣い、向学心、努力…。
お金持ちの基礎体力をマネて、自分の器を大きくしよう!

◆この本は、3人のために書かれました。
(1)勉強はしたいけど、勉強代がないのでできないと言っている人。
(2)どうしたら稼げるようになるかを、考えている人。
(3)自分も家族にも、お金持ちになる人の習慣を身につけたい人。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ファーストクラス』に乗りたいと思っていてもなかなか実現ができない、今日この頃。

そんな思いを抱えながらこの本と出会う。

最初に飛び込んだ言葉がこれである。

勉強代ができる前に、勉強する人がお金持ちになる、それが「ファーストクラス」になる秘訣である。

著者の『中谷彰宏』氏は、この本を、この3人のために書いたらしい。

1、勉強はしたいけど、勉強代がないのでできないと言っている人。

2、どうしたら稼げるようになる日を、考えてる人

3、自分も家族にも、お金持ちになる人の習慣を身につけたい人

ファーストクラス」になるにはお金の稼ぎ方の前にお金との付き合い方を覚える必要がある。

まずはお金が入る器を作らなければならない。

お祝い金は、当日より前払いにする。

トイレを借りたら、何かを買う。

寂しさを買い物で埋めていることに気づく。

ファーストクラス」は目に見えないものにお金を使う。

今がお得に惑わされない。

値切らないで愛されよう。

値引きより、プラスアルファを求めよう。

値引きで信用を落としていることに気づく。

価格は天秤にかけない。

財布が小銭で膨らんでいる人はお金持ちになれない。

着ている服装で収入が決まる。

財布に入ってるカードを把握しよう。

三軍のカード処分しよう。

しなくていいことをやめよう。

落とし物を拾ったら、すぐに連絡してあげよう。

見返りは未来に来るとワクワクしよう。

募金箱へのお金の入れ方に気をつけよう。

お金持ちの基礎体力を真似しよう。

値段を基準に考えない。

値段が気にならない好きなものを持とう。

思い出のあるものを持とう。

見せるためにものを持たない。

お金持ち歴の長い人と付き合う。

お金を体験に変えよう。

人生にお金をかけよう。

お金を借りるよりお金の器を教わろう。

アンケートを丁寧に書こう。

儲からない仕事でノウハウを貯めよう。

会社のお金を大切にしよう。

成功した人の成功する前から知っていることを学ぼう。

+ 1円の本を取ろう。

損切りできてよかったと考えよう。

信頼、知恵、体験を蓄えよう。

傘を持っていくかを自分で判断しよう。

人の話を素直に聞く。

親からお金のことを学ぼう。

受け取りやすいように渡す。

相手に儲けさせよう。

お金の話に罪悪感を持たない。

あげるより、貸してあげよう。

金運を共有しよう。

勉強代がない間に勉強しよう。

自腹で勉強しよう。

お金ではなく体験で貯金しよう。

貯金は先延ばしであることに気づく。

ナマの体験を増やそう。

あらゆる出費を授業料と考えよう。

ぼったくりから学ぶ。

世の中にはたくさん学ぶことがある。

そして学ぶ事も、皆さんに応援して頂いているおかげである。

だから、感謝感謝。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ファーストクラスに乗る人の人間関係
感情をコントロールする57の工夫


なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。

ファーストクラスに乗る人の人間関係 感情をコントロールする57の工夫

ファーストクラスに乗る人の人間関係
感情をコントロールする57の工夫

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人』シリーズ第8弾。
今作のテーマは「人間関係」。

◆この本は3人のために書かれました。
1、友達は増えたけど、わずらわしい人。
2、友達が減ると、さびしい人。
3、悪口を言いふらされて、へこんだ人。

人間関係で悩み、心を振りまわされてしまっているすべての人へ。
感情をコントロールする工夫がつまった1冊。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

厳しい世の中だ、だからこそ人間関係を大切である。

仲間を増やすよりストレスのない関係を作ろう、これが大切である。

一嫌いで今は好き、それが1番長く秘訣である。

職場の人間関係は上下関係ではなく役割分担と考える必要がある。

最初と最後は礼儀正しく、真ん中は図々しくいくもんである。

ネガティブなことを言う人も必要である。

ネガティブシンキングには、感謝して対応策を考えよう。

相手の年齢を1の位で見ると優しくなれるもんである。

嫌な人は嫌な役を演じているだけである。

映画で嫌なやつはパートツーでは大抵いい人になるもんである。

友達が少ない=孤独ではないことを知るべきである。

価値観を持つと友達が少なくなって当たり前である寝る息が違うのではなく価値観が違うのである。

反対されることで友達がいないことではない。

ママ友=仲良しではない、状況が一人一人違うものである。

仲良しは理解してるわけではない。

壊れないで居られたのは受け止めてくれる人が1人いたから、受け止めてくれる人が1人いるだけで十分である。

怒りを悔しさに変えて工夫に変える、これで人は成長するのである。

工夫を始めた瞬間に怒りは消えるものである。

悲しいではなく悲しい役を演じていると思えばよい。

みんなが起こっているのみんなは存在しないものである。

怒りは続かない、間を開ければ良いものである。

良い事しか見ないと言うのは自己肯定感ではないものである。

全部自分のせいにしないことも大切である。

怒る側は送られる側よりストレスが溜まるものである。

裏切られたが自己肯定感を下げるものである。

不幸な人が幸福な人をいじめるものである。

悪口を言う人は褒める人の10倍いるものである。

誰も悪いとは言ってませんよと思うべきである。

あなたより上の人はあなたの悪口を言わないものである。

悪口を言った人は軽い気持ちで行っているものである。

騙された場合、100パーセント求めているから生じるのである。

何があっても傷つかないのがプライドであり傷つくのは見栄である。

進捗状況をこまめに報告することで振り回されなくなるものである。

自分の8割はお客様にまだ2割である。

メールの返事が遅くても相手が困ってるわけではないものである。

来てもらうのに理由がありこないことに理由はないものである。

相手は自分のために生きてるの気づかないのである。

仕事に没頭できる人は人間関係の悩みが半分になる。

縁が1つだけだと苦しくなるものである。

許すことで絆が生まれるものである。

共通の敵による結びつきは長続きしないものである。

軸がある人と自己中の違いは相手を認めるかどうかである。

苦手なところを見せると楽になるものである。

好きになれないのではない、好きなところ探していないだけである。

噂より生を信じるから自分の噂を気にしないものである。

世間の印象通り来なくて良いものである。

疑うのは騙されるより疲れるものである。

相手を責めても解決しない、脅迫されてもそいつは何もない。

嫌われ役になるいる人が愛される。

嫉妬が最高の他者承認だ、嫉妬されないのが1番寂しい。

他者承認を求めると出会い系サイトにはまる。

嫌われても憎まれない、嫌われることを避けると憎まれる。

今だから言うけどと言う人は信用されない。

失敗で好感度が上がるものである。

嫌われるのは好きで甘えたいのに甘えさせないからである。

100人が1人に嫌われても99に残っている、99人に嫌われたら1人に愛されるものである。

寂しいから煩わしいに捕まる、好きなことがあると寂しいはなくなるものである。

つまり好きなことに没頭しようと言うことである。

人にはいろいろな考え方がありいろいろな価値観がある。

誰もがする価値観を認めなければならない。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村






なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本