FC2ブログ

自衛官が退官10年前に読むお金の本不動産投資で資産を築く 著者 浜タケル

自衛官が退官10年前に読むお金の本不動産投資で資産を築く
著者 浜タケル


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これは、元自衛官不動産投資について書いた本である。
これから先、年金だけで生きていくのは難しい時代になってくると思われます、それは民間企業でもあり、公務員も同じだと思われます。
だからこそ自衛官ですら定年後を考えなければいけない時代に生きていると言うことです。
その中でも経験者は、まだ経験してない後輩に教えることができますし、それを目的として書かれたのがこの本です。
年金だけでは足りないため、自分で何かをしなければなりません、それが不動産投資なのか、株式投資なのか、投資信託なのか、それを選ぶのは自分自身なのです。
そして今回に関しては不動産投資に照準を絞った説明が書かれています。
例えばインカムゲインとは何か?
キャピタルゲインでは何か?
利回りとは何か?
キャッシュフローとは何か?
レバレッジとは何か?
フルローンとは何か?
サブリースとは何か?
減価償却とは何か?
確定申告とは何か?
等々です。
そしてやはりどの本にも書かれていますが、東京で投資をするのか、地方で投資をするのかがポイントとなってくるということです。
さらには区分マンションなのか、一党マンションなのか、どちらに投資をするのか大切なことになっています。
この件に関してはこの本に限らずどの本にも書かれていますので間違いないと言うことがわかるでしょう。
つまり自分で本を読むのか、他人に教えてもらうかは別にして、いろいろな情報集めて自分で選択をしなければなりません。
それの努力が必要です。
全く努力なくして、投資で成功することはないでしょう。
せめて読む努力はしましょう。
これは不動産投資に限らず、何の投資をするに至っても普通のことだと思われます。
さらにはマンションに投資した方が良いのかアパートに投資した方が良いのか、選択肢はまだまだあります。
コンクリートが良いのか、木造住宅が良いのか、この選択もあります。
よって大切なことが自分自身に合った投資方法を見つけなければならないと言うことです。
それは不動産投資においてもですし、他の投資においても同じことだと言われます。
どちらを選ぶのかは自分自身次第です。
すぐにキャッシュフローが欲しければ中古の不動産投資をすべきですし、手間ひまかけたくなければ新築マンションと言うのも1つの手だと思われます。よって自分自身が何を求めているかも大切なことと言うことを学ばなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

定年まであと何年? 自衛官だから知っておきたい、家族を守る資産防衛術。

朝鮮半島、中国、ロシアと日本の近海で緊張感が増している。そのことによって近年、自衛官の地位や信頼度というものがクローズアップされてきた。
しかし、その一方で自衛官の退官は早く、一般的な公務員が60歳から65歳へ延長されることが決まっているのに、定年は54歳だ。
もっとも重要な職務を担っている自衛官がこのような扱いになっているのは不思議であるが、それは他国のように軍隊として位置づけられているわけではないからであろう。

退官後の自衛官の末路はなかなか厳しいものがあるのだ。

本書は、今後ますます厳しくなるであろう、自衛官に向けてつくられた「お金」の本である。ただし、自衛官の数は24万人とも言われ、かなりの大所帯。しかも、自衛官専門雑誌があるくらいだ。
職業としては安定している反面、退官後の「お金」については多くの自衛官が気にしていることでもある。

自衛官が退官10年前に読むお金の本──不動産投資で資産を築く

新品価格
¥1,490から
(2018/5/10 19:46時点)






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今すぐ大阪にワンルームマンションを5つ持ちなさい! 著者 黒松雄平

今すぐ大阪にワンルームマンションを5つ持ちなさい!
著者 黒松雄平

新たな知識を求めて、この本と出会う。
この本に書かれていることも、まずは年金に不安があると言うことです。
そして日本国の、日本政府の借金が返せないレベルになっていると言うことです。
だからこそ日本と言う国は、国を挙げてインフレ起こさなければなりません。
そういう状況だからこそ、不動産投資をしなければならないということが書かれています。
その中で何が良いのか、それがワンルームマンションであり、大阪です。
不動産投資をしなければ、これからのインフレ時代に貧乏になる可能性が非常に高いと言うことです。
もう既に国策が始まった、そう書かれているし、そのような思いを持っている人たちは多いでしょう。
これから資金を持っている方、資産を持っている人たちはどんどんインフレ時代に突入することに賛成していくでしょう。
その中で取り残されないためにも、不動産投資をして、インフレに備えなければなりません。
そうしないと借金を返すことができないからです。
だからこそ不動産投資をしなければなりません。
さらにこちらの不動産投資のやり方としては、やはりフルローンを組むことがオススメと言うことです。
自己資金を少なくして、できるだけ借金をして借りるべきだと言われています。
これはレバレッジを聞かせていることであり、借金人生を遅らせることではありません。
借金はある意味資産にもなります。
サラリーマンが1番借金をしやすいのです。
だからこそサラリーマンにオススメなのが不動産投資だと言われています。
借りられるだけ借りた方が良い、これがこちらの著者が言われていることです。
そして大阪がこれから賑わっていくと言うことを言われています。
万博、大阪地区の梅田地区の地下の上昇が止まらないようです。
こちらの著者は東京への投資はやめなさいと言われています。
これはその人次第であると私は思います。
自分にとって都合の良いこと、そして自分が思う発展してほしい土地に投資をすべきだと私は思うからです。
発展は投資をなくしてあり得ません。
だからこそどこに投資をして発展を促すか、これが大切なことだと私は思います。
東京が発展するのか、大阪が発展するのか、はたまた地方が発展するのかは、発展と言う投資をどれだけするかに限ってきます。
皆さんのお金を使うと言う行為により町は変わりつつあるのではないでしょうか?
そう思うとお金を使うことが楽しくなるかもしれません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

いよいよ年金は、自分で用意する時代になってきました。
ライフプランを立て、将来に備えて自身で年金を積み立てる。
その方法の1つが、堅実な新築ワンルームマンション投資です。

この投資においては、フルローンが最適です。
そしてフルローンでの不動産投資にもっとも適している人たちが、
公務員や会社勤めのサラリーマンなのです。

会社の信用によってローン審査が通りやすいこと、
これこそがサラリーマンの唯一無二にして最大のメリットだと私は思います。
目的があれば借金は悪いことではありません。
むしろ、お金を生む資産は、借金をしてでも持つべきだというのが私の考えです。

資産形成を考えるとき、お金を生む資産を「持つ人」と「持たない人」とでは、将来が大きく違ってきます。
「借金は悪いこと」という思い込みを、取り払ってみてください。
本書を参考に、今後の市況や社会情勢を知り、将来のための資産を構築できることを願っております。

著者について
株式会社CPA Alliance代表取締役、株式会社DEUX TOURS代表取締役。1979年静岡県生まれ。大学入学後間もなく18歳で起業し、26歳で法人を設立。 現在、複数会社を経営。事業内容は、教育事業・独立系FP事業・再生可能エネルギー事業・セルフストレージ事業の4本柱となっており、自身の経営経験をもとに数多くのコンサルティング業も手掛ける。ファイナンシャルプランナーとしても活躍し、個人から法人に至るまで幅広い層に支持され、今までに手掛けた相談件数は1,500件以上にのぼる。また、企業研修やセミナーの依頼も数多く、年間に100回以上の講演をこなす年もある。ファイナンスに関わる多方面のコンサルティングに精通し、2013年より国内のマンション投資に参入。ファイナンシャルプランナーとしての中立的な視点から「なぜ、今マンション投資なのか」を分かりやすく説明し、圧倒的支持を得る。その理論は自らの投資体験に裏打ちされており、自身が経営する会社においても、年間賃料収入が5億円を突破している実践派の経営者でもある。 株式会社CPA Alliance  HP http://www.cpa-alliance.jp 株式会社DEUX TOURS HP http://www.deuxtours.co.jp

今すぐ大阪にワンルームマンションを5つ持ちなさい!

新品価格
¥1,404から
(2018/3/2 06:32時点)




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 地味なサラリーマンへ
にほんブログ村

業界初!たった14門解けばわかる!不動産投資家育成ドリル 著者 根本伸之

業界初!たった14門解けばわかる!不動産投資家育成ドリル
著者 根本伸之

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
将来に不安を持ってる人が多いけど、その将来を楽しみたいそんな矛盾があります。
さらには年金に信用がおけない状況であるこの日本で私たちはどのような老後過ごしていくのでしょうか?
不動産投資を通じて自分の人生を変えようと思う、そんな考え方を持っている人たちはたくさんいると思います。
その中の1人が私でもあります。
そのために不動産投資の勉強しなければなりません。
まずは物件の資料を読み取る力をつけなければなりません。
結局はいい物件に巡り会えるかどうかが不動産投資において大切なことだと思われます。
そして良い物件を読み取ったら側から適正な家賃を推測する必要があります。
当然高い家賃には人がつかないですし、安い家賃では儲けが出ません。
この辺までは、パソコンを使って、インターネットで情報集めることができるのではないでしょうか?
情報過多の時代です、情報集めるのも大切ですけど情報を見極める力も大切です。
そして資金繰りの勉強も大切です。
どのようなローンを組んでどのようなローンの返済をするのかこれも1つのポイントとなってくるでしょう。
フルローンを組むのか、はたまた頭金を入れてローンの額を少なくするのかそれはその人次第かもしれません。
しかしいかにレバレッジを聞かせて投資をするのかそしていかに、借金を返していくのかこれも大切なことです。
不動産投資で失敗しないためにも、運営コストを自分自身で見積もらければなりません。
年間どのくらいの運営コストがかかるのかを大家として把握をして、経営しなければなりません。
大家さんは、1人の経営者となります。
どのように経営していくのかを自分自身で把握しなければなりません。
そのためにキャッシュフローの計算と投資分析が必要です。
さらには減価償却と税金を理解しなければなりません。
特に減価償却に関しては、経営者にとってとても大切なことです。
そこには発生しない費用で控除額発生するからです。
資産を見える化して、資産のバランスシートを作らなければなりません。
資産のバランスシートを自分自身で作り、黒字経営を目指さなければなりません。
何のために不動産経営をしているのかを考えなければなりません。
幸せな人生を求めて、幸せな時間を求めて今できる事は何かを考えて私たちは生きていくのでしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

本書では、「失敗しない不動産投資をするために理解しておかなければいけないこと」と、不動産投資のシミュレーションの方法と自分の資産の未来を予測する「自分バランスシート」について、小学校時代に勉強した“ドリル形式”でわかりやすく学習できる。

根本/伸之
1965年4月生まれ。横浜市出身。青山学院大学卒。株式会社ニモプランニング代表取締役。一般社団法人不動産投資家育成協会認定講師。楽待コラムニスト。株式会社野村総合研究所に約24年間勤務し、製造業やサービス業界をクライアントにシステム開発やコンサルティングを経験。独立起業による生活不安を払拭するために、サラリーマンを続けながら不動産投資家を兼ねるようになる。2012年から約5年間での不動産への総投資額は7億円を超え、安定的なキャッシュフローを得て、2017年春サラリーマンを早期退職

業界初!たった14問解けばわかる!不動産投資家育成ドリル

新品価格
¥1,728から
(2018/2/17 13:00時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

家賃収入が1億円になる不動産投資の神ワザ 著者 村田幸紀

家賃収入が1億円になる不動産投資の神ワザ
著者 村田幸紀

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
世の中には年間家賃収入が1億円を突破している人たちが存在している。
そこと同じ勝ち組になるかどうかは私たち自分たち次第の頑張りである。
この本に書かれている事は銀行からの融資を、どのように引き出すのかを書かれている。
フルローンで融資を引き出すのか、頭金10%で引き出すのか、どちらが得かを書かれている。
結論はフルローンで融資を勝ち取った得と言うことである。
キャッシュを生み出す3大要素は、金利と返済期間と返済方法である。
この3つをいかに自分に都合の良いように作り出すことが大切である。
次に書かれていることが、個人事業主から法人化することである。
なぜ法人化するかと言うと、銀行からの融資を引き出すツールにするためである。
光進化することで銀行は事業化と認識するからである。
つまり法人化した方が銀行から融資を受けやすくなり、ひいては事業拡大をしやすくなるから、法人化を進めているのです。
つまりこの本は法人化することで融資を引き出すと言う事、まとめると融資を引き出すためにどうするのかを書かれた本である。
融資を引き出して、いかに自分のお金ではなく他人のお金で不動産投資をすることにより家賃収入が1億円を超える不動産投資家になれると言うことなのです。
どこを目指すかは、その人次第であるが融資を有利に引き出す事はとても大切なことです。
そして自分がどのくらいの金額を、月々なのか年間なのかは別にして稼ぎたいのかを明確にすべきなのです。
不動産投資をすることによってどのくらいの金額を稼ぎたいのかを明確にして、それを何年かで稼ぎたいのかを明確にして、そのためにはどのくらいの家賃収入が必要かを明確にして不動産投資に挑むべきなのです。
そうすることにより、どのくらいの金額の投資が必要なのかが理解できてきます。
リスクなくして成功はありません。
だからこそリスクはとらなければなりません。
リスクと迎いあわなければなりません。
いかにリスクと付き合って、いかにリスクと向き合って、いかに楽しんで生きていくのかを考えて不動産投資と取り組みましょう。
その不動産投資が日本国内の経済を活発化にして、日本国が豊かになるように、そして日本人が幸せになれるように、生きた金が日本を回るように心から願い、投資生活を生きていきましょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

開始後わずか3年で総資産4億9000万円の収益不動産を取得した不動産投資家、村田幸紀氏。
現在、総資産26億円、年間家賃収入3億円を突破。
『不動産投資で経済的自由を手にする会』の代表として、<家賃収入年間1億円大家>を30人以上生み出す。
著者の不動産運用術に欠かせないのは、「決算書テクニック」だった。
共著者に同会会員で、公認会計士・はたなかかずまさ氏を迎えて、不動産投資に勝つ「決算書」とは何かを、“見える化”して公開!

村田式ロケット戦略 家賃収入が1億円になる不動産投資の神ワザ

新品価格
¥1,620から
(2018/2/11 22:10時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本