FC2ブログ

魔王、死す! 著者 船瀬俊介

魔王、死す!
著者 船瀬俊介

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
魔王とは誰か、それはロックフェラー氏のことである。
投資においても、経済においても情報は大切であるし、ロックフェラーに関わる事は表に出なくても興味を持たなければならないことである。
もちろんロスチャイルドも情報は入手しておくべきことである。
世界の富の7割を所有すると言われているのかロスチャイルドである。
ロックフェラー家と、ロスチャイルド家は世界の富を独占していると言われている。
この2つがどのようにしたいのかそれが世界経済の向かう先かもしれない。
この本に書かれている事はロックフェラー家の当主であるデイビットロックフェラー氏がなくなったから時代の変換点が来たと言うことである。
それは何かと言うと石油から再生エネルギーへの変換と言うことである、との事らしい。
火を使った文明から緑大文明シフトするということである。
事実が描かれているのかどうかは難しいところである。
ただ面白い話が書かれている事は事実である。
ロックフェラーは石油王であり、ロスチャイルドはウラン王と言うことである。
そしてヨーロッパに関しては、これから石油の時代から緑の時代変わることを予想していたとのことである。
その代表的なものが、車である。
燃料車から電気自動車への変換点が来ていると言うことである。
ロックフェラー氏の死にによって、電気自動車が進むであろうという予測である。
ヨーロッパはこの時に備えていたが、日本国は想定もしていってなかったと言うことである。
全く想定していなかったと思わない、日本でも電気自動車が普及しているからである。
しかし電気自動車の普及率あまりにも低いと言うのは事実である。
さらには水素自動車も開発しているが、これが世の中に広まるかどうかは怪しいところである。
よってこれから電気自動車の流れは止まらないと思われる。
そのことにより日本国内は、自動車産業で成り立っているため、職につけない人たちが増えてくる可能性がある。
ただ時代的に人手不足の時代であるため、何かしらの仕事につける可能性が非常に高いのである。
そんな時代だからこそ先を見据えて考えなければならない。
そして面白いことが書かれている、病気になりたくなければ病院に行くなと言うことである。
なかなかない発想である。
いや私だけが知らないのだけかもしれない。
病院に行けば病人を作ると言う考え方は面白い。
それが真実かどうかはわからない。
ただの考え方の1つである。
選ぶのはあくまでも自分自身である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

D・ロックフェラー亡き後の激変に一番気付いていない日本のリーダーたち。
彼らに目覚めさせないと、日本は奈落の底へ真っ逆さま!

エネルギー、金融、食品、メディア、医療、戦争、国家・・・・・・
すべてを意のままにした世界皇帝の封印解除!
―――――――――――――――――――――――
近代史の闇が暴かれ、世界支配システムが大崩壊! !
そして"禁断の産業革命"が、いま始まる
―――――――――――――――――――――――――

【ロックフェラーによる“7つ"の支配】
1、国家「国家を動かすフリーメイソンの頂点に我々がいる」
2、石油エネルギー「石油利権を持つ我々の邪魔はさせない。石油と原子力エネルギー以外は認めない。許されない」
3、メディア・教育「世界三大通信社の大株主としての権力行使」
4、医療「ミリグラム単位の石油を“薬"として高額で販売」
5、戦争「武器の在庫を一掃するには戦争が一番」
6、金融「通貨発行権をもつ中央銀行を簒奪」
7、食品「食品医薬品局(FDA)の長官を務めるモンサント社を支配するロックフェラー」
◇トップに君臨していたディビッド・ロックフェラー亡き今、世界は劇的に変化する! ◇

○本書が予言する恐るべき未来の透視図!
第1章 戦慄! この悪行の数々を見よ! “地球皇帝"ロックフェラーが死亡
第2章 ヒラリー逮捕! マケイン拘束! 旧勢力は一掃される
第3章 EU反米、中露接近、北朝鮮暴発。世界勢力図は激変
第4章 地球からガソリン車が消える! EV革命の衝撃波
第5章 石油が終わる! アラブ諸国も緑の技術を求める
第6章 コンクリート都市の終焉 世界は急速に「木造都市」へ
第7章 ノーベル平和賞に反核団体ICAN受賞の意味とは?
第8章 医療大崩壊! 薬物療法から断食・波動医学の夜明け
第9章 石油・原発からクリーン・エネルギー
第10章 近代史の闇が暴かれ、フリーメイソンの悪事露見!
第11章 ビットコインは金融支配に蟻の一穴か?
第12章 “燃える水"“フリーエネルギー"。ネオ技術が解禁される
第13章 新世界秩序(NWO)、「人類家畜化」計画は二極化する

魔王、死す!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/30 07:08時点)





魔王、死す! [ 船瀬俊介 ]

価格:1,620円
(2018/4/30 07:09時点)
感想(0件)







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン、中国4分割と韓国消滅 感想  板垣英憲

ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン、中国4分割と韓国消滅

著者 板垣英憲

読書2


◎ 黄金の国ジパング時代の幕開けを告げる情報満載!
◎ アメリカは天皇家の金塊を担保にした金融カラクリでデフォルトを回避している
◎ 日本は2000兆円を都合2回、アメリカに提供していた
◎ 新しくFRB議長になったジャネット・イエレンはその操作を熟知するアメリカ側責任者
◎ ジャネット•イエレンは日本の金融カラクリの責任者にしょっちゅう電話を入れている
◎ 日本は江戸時代末期に、スイスのプライベートバンクその他海外に移した金塊を所有している
◎ これを担保に「準通貨」(2000兆円×2回)を発行し、アメリカに提供した
◎ 日本は所持する米国債を「サムライ債」に切り替えさらにアメリカを救う
◎ 世界支配層は富裕層の違法な蓄財を次々に摘発し始めた
◎ バチカン、ロシア•中国の資産家、マフィア、日本の暴力団、巨大宗教団体などが殲滅作戦の標的、マネーロンダリング•タックスヘイブンも禁止
◎ 世界の金融危機救済のために日本はすでに天皇の金塊の一部を放出、その額は6京円!
◎ 金塊は主要神社仏閣5カ所に隠されている
◎ その鍵を管理しているのは天皇家とロスチャイルド
◎ 菱刈鉱山の他にも未公開大規模金鉱脈が存在する
◎ 日本の金、天皇家の資産は戦争には使うことができない決まりとなっている
◎ 日本人が中心になって、真実のワンワールド(八紘一宇)へ!
◎ 旧満州にユダヤ国家ネオ•マンチュリア建国
◎ 金正恩による朝鮮半島統一と大高句麗建設
◎ イスラエルとアメリカの力を借りて皇国の理念実現化へ
◎ 世界支配層とは世界の王族、貴族、国際機関最高幹部、欧州最大財閥総帥ジェイコブ•ロスチャイルド、米国最大財閥ジョン•デビッドソン•ロックフェラー4世、フリメーソン•イルミナティ13家などの主要ファミリーをいう
◎ 主要ファミリーの中で「天皇家」は別格扱いで一目も二目も置かれる存在である
◎ 世界支配層は「世界政府樹立」により「400年戦争のない平和な世の中」を作ろうとしている
◎ 軍閥の割拠する中国は4分割し、そのうちの一つ旧満州にユダヤ人国家ネオ•マンチュリアを建国(日本がかつて計画した河豚計画の実現化)することで中東の安定化をはかる
◎ 北朝鮮の金正恩に朝鮮半島を統一させ「大高句麗」を建国する
◎ その時、韓国は消滅する
◎ 金正恩は金正日と横田めぐみさんの子
◎ 金正日は金策(畑中理、大日本帝国陸軍の残置諜者)の子
◎ 畑中理は抗日戦線で戦ってない4人目の金日成を「本物」に仕立てて登場させた
◎ 横田めぐみさんの母横田早紀江さんは李王朝に嫁いだ梨本宮方子さんの子
◎ 金正恩は天皇家と李王朝、両方の血を引く
◎ 金正恩が統べる大高句麗は「第二の日本」となる
◎ 張成沢は中国と謀って金正男を担ぎ上げクーデターを企てた

板垣/英憲
昭和21年8月7日、広島県呉市生まれ。中央大学法学部法律学科卒、海上自衛隊幹部候補生学校を経て、毎日新聞東京本社入社、社会部、政治部、経済部に所属。福田赳夫首相、大平正芳首相番記者、安倍晋太郎官房長官、田中六助官房長官担当、文部、厚生、通産、建設、自治、労働各省、公正取引委員会、参議院、自民党、社会党、民社党、公明党、共産党、東京証券取引所、野村證券などを担当。昭和60年6月、政治経済評論家として独立

小沢一郎氏を頂点に担ごうとする一冊である。

何故、なのか?2016年の衆議院参議院の、ダブル選挙での政権交代。

小泉進次郎氏とのタッグ。

野党再編。ロスチャイルドの復権。

事実であれば大変なことである。


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)

新品価格
¥1,700から
(2015/7/25 13:51時点)




ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 中国4分割と韓国消滅 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる

価格:1,700円
(2015/7/25 13:52時点)
感想(0件)




忍者AdMax





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本