FC2ブログ

ロマン亭艶聞  感想  睦月影郎 

ロマン亭艶聞 

著者 睦月影郎 

読書2


きみのパイ、真ん中のイーピンをツモりたい……昭和の初め、職にあぶれた久吾は、出版社社長のお情けで新橋の雀荘「ロマン亭」の住み込み仕事を得た。折しも第一次麻雀ブームで、繁盛する店を仕切るのは妖艶な未亡人。さらには可憐な愛娘、眼鏡の美人記者、三十路の人妻作家……と、春情少年に硬軟両方のパイ漬けの日夜が始まろうとしていた。昭和ノスタルジック官能書下し。

昭和を感じさせてくれる一冊である。

まるで時代を旅行した感じである。

モノがない時代、人間の生きる楽しみの追求。


ロマン亭艶聞 (徳間文庫)

新品価格
¥637から
(2015/8/4 20:42時点)




ロマン亭艶聞

価格:637円
(2015/8/4 20:43時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本