FC2ブログ

未来製作所 著者 太田忠司 北野勇作 小狐裕介 田丸雅智 松崎有理

未来製作所
著者 太田忠司 北野勇作 小狐裕介 田丸雅智 松崎有理


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この本はいろいろな物語の集まりとなります。
そして未来がこうなればいいなと言うところも含まれているのではないでしょうか?
特にワンルーマーは非常に面白い発想ではないでしょうか?
ワンボックスカーを住宅とするのです。
そして自動運転となっていきます。
ワンボックスカーを住宅とすれば、この世からワンルームがなくなる可能性が出てきます。
そして自動運転にすればその中で仕事ができるという可能性も出てきます。
今はそのような世の中を目指してるのかもしれません。
そしてそのような世の中を求めているのかもしれません。
さらにそこに電気自動車と言うエネルギーの自動車が誕生してきます。
誕生と言う意味ではもうすでに誕生しています。
さらにこれから増えていくと言う意味です。
ガソリンの時代が終わり電気自動車の時代が到来してきています。
だからこそ、新しい世の中を人々を求めているのかもしれません。
実際にワンルーマーになればホテルも必要ないかもしれません。
私たちのような時間に追われるサラリーマンであればなおさら嬉しいシステムかもしれません。
移動してる間に仕事がこなせますし、疲れていればそこで休憩することもできまし、睡眠も取ることができます。
そして朝起きたら仕事場についてると言うことも可能になってくるでしょう。
そうなればよりもっと働かせることになるでしょう。
しかしそれでも時間を作ることができるかもしれません。
だからこそもっと未来は発展すべきであるし、もっと技術を追求すべきだと私は考えます。
新しい未来、新しい日本、新しい社会、これがどのような文明をもたらすのか楽しみで仕方がありません。
そしてこのような考え方を持ってる人たちが、世の中1人でも多く増えればもっと文明の発展が早くなるでしょう。
それが嬉しくてもあり楽しみでもあります。
私は最も発達した文明、もっと発達した技術、もっと発達した社会を見てみたいと考えます。
そこに住みやすい世の中があり、そこに住みやすい社会があると信じています。
だからこそ、世の中の発展にいかにお金を使うのか、お金を投資するのかが大切ではないでしょうか?
お金をどこに使うのか、どこの社会、どこの技術に発展してほしいのかを改めて見直す必要がありそうです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

いつでも、誰とでも、行きたい場所へ。
移動が面白くなれば、世界は変わる!
5分で胸が高鳴ってくる、ショートショートアンソロジー

家を持たず、レンタルのクルマで優雅に暮らす若者。
交通事故がゼロになる「ラプラス・システム」を開発した研究者の妹と政治家の兄。
犬とパソコンを一体化させるという新鮮奇抜なアイデアを成功させた会社員……。
あなたにひらめきをもたらす10篇が収録された1冊



未来製作所

新品価格
¥1,404から
(2018/10/14 11:32時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

独身こそ自宅マンションを買いなさい 著者 沖有人

独身こそ自宅マンションを買いなさい
著者 沖有人


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
著者は言われる、『人生は選択である。今の自分にどのような選択肢があるのかを知ることが、その人の将来に大きく関わってくる。』
まさにその通りである。
色々な選択肢があり、どのような選択をするのが人生は変わる。
自宅購入により、資産形成出来る。
これはスタイルアクト株式会社代表取締役である沖さんが書かれた本である。
1988年、慶応技術大学経済学部卒業後、コンサルティング外車、不動産マーケティング会社を得て今に至る。
要は賃貸で家賃を払い続けるのは資産形成にならず無駄であると言うことを言われている。
それは考え方次第であるが確かに言われている通り無駄と言われれば無駄である。
ただこの本の面白いところは、ただ単に家を購入すると言うわけではなく資産価値のある場所で、資産価値のある立地で家を購入すると言うことである。
これから先、未婚や、離婚、死別を加えると、定年時に2人に1人が独身となる可能性が高い。
「夫婦2人に子供2人」よりも「1人世帯」が相撲の標準となり基準となってくる可能性が高い。
まともな賃貸に住めるのは、定年後も十分な所得がある人だけである。
所得がない人はまともな賃貸に住むことすらできなくなる。
そのような経済格差が生じる可能性を考えておかなければならない。
マイホームは、結婚、出産後と言う考え方はもう既に古い。
独身の時代からマイホームを考えなければならない。
ただし立地の良いところである。
独身世帯の比率が増えれば増えるほど、都心1LDKは価値が上がってくるのである。
すべての不動産は、最終的に売られて監禁されるものだと考えなければならない。
自宅投資は賃貸不動産投資よりも金利、税制面で圧倒的有利である。
メガバンクがワンルーム投資に融資しないのは、儲からないからである。
賃貸と違い、住宅ローンは払った分だけ自分の資産が増えていくのである。
そのことを踏まえて不動産投資を考えなければならない。
賃貸と分譲論争では人生100年時代の到来により分譲に軍配が上がると想定される。
資本主義社会では資産家になる開ければ、永遠に勝ち組になれない厳しい時代である。
あらゆる融資の中でも住宅ローンは最も金利が低い融資であることを知らなければならない。
東京都区内のマンションは黒田日銀総裁の下では値下がりしにくいと想定している。
持ち家の市場価格がローンの残債額を余ったものが純資産となることを考えなければならない。
持ち家は住宅ローンを組めば生命保険代わりになることを知っておくべきである。
他人が住む賃貸住宅に必要以上のお金をかける不動産オーナーはいない。
鉄筋コンクリート造の法定耐用年数47年超えても資産価値が残っている。
独身でも離婚しても自宅はあなたを裏切る事は無い。
独身者が家を買う場合は郊外で買うメリットは無い。
持ち家を手に入れると人生の質を高め障害のコストも高めていくのである。
就職後3ヶ月で家を買うのは道理にかなって行動である。
現金を持つ親世代から積極的に贈与してもらい自らの資産を築く。
歴史的な低金利家では多く長く借りることが資産形成のカギとなる。
マンション購入でキャリアの意識を高め年収を上げる必要がある。
資産性の高い物件を歌うためにも自分の年収を上げる意識を持つのである。
男女平等、晩婚化でマンションを買う独身者は今後も増える。
一戸建てから駅近マンションへ先に動いた方がメリットが大きい。
世帯人数2人を切った今、マンションはファミリーだけのものでは無い。
独身の強みは子供も配偶者もいないので即断即決できる。
手の届く範囲の低価格物件に手を出してしまうことが非常に危険であるから気をつけよう。
住宅ローンを組んでまで買うには売れる貸せる住める物件がしってたり的条件である。
立地は住所、駅近、災害リスク、を重視しなければならない。
面積は最低30平米以上である。
築年数は中古時に買いてが長期ローンを組める12年以内を意識するのが得策である。
マンションのブランドは価値がある。
妥協するなら面積、属性、築年の順番にすべきである。
私賛成を考えて自宅を購入し、ライフステージに応じて角変えていくのが賢い資産形成である。
幸せを手に入れるのは自分次第である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

「2人に1人がおひとりさま」の人生100年時代
マンション購入は早いほど得をする。

自ら実践し、含み益1億円以上を得た著者が教える
数万人が純資産1兆円を増やしたメソッドを公開!

「なぜ、独身で買うべきなのか?」にお答えしよう。

Q 賃貸のほうがリスクは少ないのでは?
A 平均寿命80歳超時代の賃貸では長生き自体がリスクになる。

Q 独身のうちに家を買うと、結婚したとき無駄になるのでは?
A 自宅は自分を守る資産になり、人生の選択肢がむしろ増える。

Q 住宅ローンを組むと「社畜」にされるのでは?
A 売れない、貸せない物件を買うと既婚者でも「社畜」になる。

今すぐ始める「家活」で自分を守る資産をつくる

※家活【いえかつ】
独身者が、資産形成とQOL(人生の質)向上のために
すぐ売れる・すぐ貸せる・自分が住みたいマンションを
峻別し、購入すること。


独身こそ自宅マンションを買いなさい

新品価格
¥1,620から
(2018/10/7 07:41時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

不動産投資の“すごい”真実 著者 杉本宏之

不動産投資の“すごい”真実
著者 杉本宏之



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
シーラホールディングス取締役会長である、杉本氏。
この本はとにかくワンルーム、1kを進める不動産投資の本となります。
不動産投資もいろいろあります、新築不動産投資もあれば中古の不動産投資もあります、そしてワンルームもあれば、広い部屋もあります。
さらには一戸建て住宅の不動産投資もあります、さらには今流行のシェアハウスもあります。
その中で自分自身がどのような不動産投資をしたいのかを考えなければなりません。
この本を書かれた杉本氏は自身の過去の経験談により、東京都であり駅近であること、そして部屋が狭いこと、これが1番リスクの低い不動産投資だと歌われています。
この会社の前身はいちど倒産をしています。
だからこそ言える言葉、だからこそ説得力のある言葉があるのです。
そして不動産会社を経営しながら、不動産会社の本当の姿を語っています。
まだまだ世の中には、人を騙す不動産外車が存在します、人を騙さなくても自分たちの利益さえ優先する不動産会社が存在します。
こちらのシーラと言う会社は、とにかく自分が住みたいマンションづくりを念頭に置き販売をされています。
それにはエスグラントと言う全身の会社が倒産した経験が生きているのかもしれません。
倒産処理をしたときに売れなかったのは地方の不動産であり、東京の不動産に関しては、しかも駅から近い不動産に関しては、しかも狭い部屋の不動産に関しては、思った以上の価格の値段がついたとのことです。
これは経験しなければ分からないことですし、経験したことを本を読むこと、読書をすることで学べると言う事はとても素晴らしいことだと私は思います。
そして何よりも自分たち社員が住みたいと思うようなマンション作り、自分たちが満足するからこそお客様満足してもらえると言うような会社方針に関しては素晴らしい会社づくりだと私は感じます。
旬のイケイケなタイプの企業経営者かと思いましたが、意外に意外お客をファーストで考えてくれる経営者なのかもしれません。
これは携わらないとわからないですし、実際に私もこちらの会社の営業マンとお会いしたことがありますが悪い感じではありません。
ではよその会社の営業マンと比べて良いかと言われますと、そこは首をかしげていました。
だからといって悪いと言うわけではありません.しかしもっと良い営業マンが他の会社にいると言うことです。
そちらの会社も上場企業であり、名の売れた企業です。
誰とビジネスをするのか、どんな人がビジネスをしているのか、どんな人を信じてビジネスをするのか、改めて考えさせられる一冊であります。
読書をしよう!
そしていっぽ踏み出そう!
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

なぜ外資系金融マンの多くがワンルームマンション投資をしているのか?
ワンルームマンション投資はなぜ最強なのか?
99・5%という入居率を常に保っている秘密とは?

不動産投資のメリット・デメリットを隈なく網羅。
知らないと損する、投資の新常識が満載!

・年金だけで、あなたの老後は安心か?
・短期間の転売で儲けようとするのは間違っている
・地震のリスクをどう考えるか?
・不動産投資は銀行が資金を融資してくれる希有な投資商品
・ローン返済後のマンションに価値はあるのか?
・良質なマンションの価値は時間が経っても下がらない
・購入者が亡くなったら、ローンはどうなるのか?
・物件開発は東京都心の好立地にこだわる
ワンルームマンションは景気変動に強い
・入居率の維持はメンテナンスが命
ワンルームマンション投資には、こんな魅力がある
・不動産投資で失敗する例の共通点
・〈失敗例その1〉空室になって家賃収入が計画通りに入ってこない
・〈失敗例その2〉数年前に購入した新築マンションを売却すると損が出る
・〈失敗例その3〉管理が杜撰すぎた
・サブリースをすすめる業者にはご用心
・一棟アパートやシェアハウス投資はリスクが高い
・「成功の秘訣」はパートナー選びにある
・高い稼働率を維持できている理由
・不動産業者の財務諸表をチェックする
・ワンルームローンのデフォルト率は極めて低い
・400万円以上節税できた外資系サラリーマンの実例
・いい物件には限りがある
・目の肥えた成功者達がこぞって投資しているワケ

不動産投資の"すごい"真実

新品価格
¥1,200から
(2018/8/4 07:17時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話著者 大川護郎

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話
著者 大川護郎

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この本を読んで1番学ぶ事は、とにかくまずは不動産投資をしてみることで、行動をしてみることで、行動しなければ始まらないということである。
大川氏は、家賃ゼロでも成り立つ会社経営を目指しています。
これはこれで1つの考えかたとしてあるのでしょう。
それに共感するかどうかは別の話です。
ワンルームを進めていないのは、ある程度の戸数を持つことによりリスクヘッジを考えているからです。
新築マンション古いマンションも、同じ部屋の広さであれば値段が安い方選びます。
しかし新築を選ぶ人も中には多いと思います。
どの考え方が正しい、当の考え方が間違っているのではなく、人それぞれ価値観が違うと言うことを学ばなければなりません。
そしてこの本で行けば、インカムゲインでの稼ぎを推奨されており、キャピタルゲインでは推奨されていません。
これも人の価値観によるものだと私は思います。
ただどのような考えを持って不動産投資をしているのか、これを学ぶことができます。
当然自分の考え方というのが自分でわかるものです、しかし他人の考え方というのはわからないものです、だからこそ読書をして人の考え方を学ばなければならないですし、良い言葉学ばなければなりません。
読誦することによって自分以外の考え方を経験することができます、これが財産となるのです。
リフォームも推奨されてません、とにかく安く貸す、安い賃貸で生活してもらう、これがこの本に書かれている考え方となります。
これは私は真似するかどうか別にして考え方の1つとしてありだと思います。
その先には、日本国民皆さんに生活を豊かにしてほしいと思いのが、あるのではないでしょうか?
私にはそのように感じることができました。
そしてビジネスである以上、得をするのか損をするのかも大切なことです。
ですから管理会社の監視が大切だと言うことを言われています。
なるほどその通りだと私も思います。
借金ができると言う事はそれだけ信用されていると言うことです。
借金の額がその人の価値があるかもしれません。
借金をどのようにして考えるのか、これはビジネスマンとしてとても大切なことだと思います。
借金は最初は不在かもしれません、しかし借金さえ返してしまえば資産となるのです。
どのように考えるかはその人次第なのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

TV出演で話題騒然! 「ゼロ家賃」の衝撃!!
姫路の不動産王が
◎絶対にやってはいけないこと
◎知らないではすまされないこと
◎絶対にやらなくてはいけないこと
を伝授する!

16歳で新聞販売店に就職。
23歳のときにコツコツ貯めたお金で廃墟に近い1棟目を購入。
それから20余年、「明日の自分を変えるには、今日動くこと」
そして「物件は何があっても売らない」を信念に、
274棟4903世帯、年間家賃収入43億円のビッグオーナーに。
借入総額442億円!
「諦めなければ、必ず願いは叶う」投資法を公開する。
◎失敗する人がよくやってしまう投資例とは
◎投資家なら知らないではすまされない常識
◎成功するためには避けて通れない必須事項

(目次)
第1章 絶対にやってはいけないこと 〜失敗する人がよくやってしまう投資例〜
第2章 当然、知っているべきこと 〜投資家なら知らないではすまされない常識〜
第3章 見過ごすと危険なこと 〜本当にあった酷い話 10例〜
第4章 絶対になすべきこと 〜成功するためには避けて通れない必須事項〜
第5章 新聞少年が241棟4903世帯の大家になるまで 〜夢を実現させるために、やり抜いてきたこと〜

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話

新品価格
¥1,620から
(2018/7/29 07:52時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村





続きを読む

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本