FC2ブログ

不動産投資を事業経営に変える‼︎資産形成術 著者 ルー大谷

不動産投資事業経営に変える‼︎資産形成術
著者 ルー大谷


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
結論からいくと、不動産投資を始めたいと考えているひとむけの本である。
不動産投資は、1つの投資ではなく、1つの事業として考えなければならないと書いてあります。
現代の資本主義社会においてはお金勉強は欠かすことができません。
普通のサラリーマンは、税引き後に手取り収入が入り、その手取り収入に物の売買をします。
しかし不動産投資をした後に、事業として考えれば、税引き前に物の売買をすることができます。
これがいわゆる経費計上と言うものです。
不動産投資をするにおいても、本を読書することや、ブログを読むことなどで、約200時間の勉強をすればスタートラインに立てると言うことを言われています。
本を読むことによりたくさんの知識をつけると、選択肢が増えます。
本に書かれていることが正しいわけではありません、正しいかどうかは自分自身の判断で決めることです。
しかしその判断をするためにも、判断材料が必要となってきます。
それが本を読んで読書することにより知識を得ることで判断する力が付くと言うものです。
不動産投資をするにおいて借金は欠かすことができません。
借金にも良い借金と悪い借金があります。
良い借金とは、将来的に金銭的なリターンを得ることができる借金です。
例えば収益物件の購入のためや、教育、知識を得る学校に通う、企業のときの資金等です。
悪い借金とは、将来的に金銭的なリターンを得ることができない借金のことをいいます。
自分が持っている借金は良い借金でしょうか?それとも悪い借金でしょうか?
まずは自分の借金がどのような借金なのかを理解しなければなりません。
投資から事業への頭の切り替えが済んだら、今度は減価償却と言うキーワードにぶち当たることでしょう。
減価償却費は、お金が出て行かない魔法の経費と言われています。
こんなに素晴らしい経費計上はありません。
所得がある人には必ず所得税、住民税が課税されます。
実際に支出をせずに税額を減らすことができるのがこの喧嘩償却日となります。
これはあくまでも建物にしかかからない使用となります、土地は減価償却費にはなりません。
この減価償却費をどれだけ積み上げることができるのか、これが経営者の腕の見せ所かもしれません。
判断するのは自分自身である、人からのアドバイスほどあてにならないものはない。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

不動産投資を始めた2015年には、すでに多くの不動産投資家が市場にあふれ、優良物件を購入するのが難しい状況。しかし、それからの2年半で資産規模4億円、年間の家賃収入3600万円、手元に残るお金(キャッシュフロー)を1500万円にまで増やすことができた。その困難な市場下で不動産の規模を拡大できたのは、「失敗なし」で効率的に不動産投資事業を運営できるように「不動産投資の成功」に到達するまでの手法を体系化したこと。本書は、「不動産投資の成功」を「失敗なし」で行ってきた事例で解説。

不動産投資を事業経営に変える!! 資産形成術

新品価格
¥1,728から
(2018/8/5 22:22時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

知れば得する!“お金が増える”大家さんの税知識 著者 椙田拓也

知れば得する!“お金が増える”大家さんの税知識
著者 椙田拓也



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにあたり、税の知識は大切だと言う話をよく聞きます。
そこで税金に対して勉強するかどうか、それはその人それぞれになってきます。
しかし何のビジネスにおいても税金と言う括りは関わりを持たないって事はないでしょう。
と、言う事は税金を学ぶ事は必須なのかもしれません。
ではなぜ不動産投資をするにあたって税金を学ばなければならないのか、それは不動産投資が思ったほど儲からないと言う経験を持った人たちがいるからです。
もちろん例外もあります。
当然儲かった人たちもたくさんいるのです。
その人たちも税金に対して無関心だったのかは分かりませんが、利益を出すために工夫したことに変わりはないと思います。
不動産投資節税ができますと言う言葉が最近流行っています。
これが事実か?と言われますと難しいところでは無いでしょうか。
大きな意味では節税も可能ですが、赤字にしていては規模拡大はできません。
不動産投資は1つの事業だからです。
事業であれば赤字では成り立ちません。
事業である以上は規模拡大することが大切なことです。
その中で日本の税金は高いでしょうかと言う質問がたくさんあります。
日本の消費税は割と高い方になるでしょう、しかし消費税は低い部類に入るということです。
それでも納税は国民の義務ですから、税金を払う必要があります支払うことが悪いことではありません。
むしろたくさんの税金を納める事は日本国民として誇らしいことだと思います。
この辺のジャッジメント、捉え方というのが非常に難しいことです。
税金がかかるときっていうのはどんなときか?
それは取得する時、保有する時、売却する時、死亡するときと、大きく分けると4つになります。
税金は大きく分けると国税と地方税があります。
さらには登録免許税と言うものがありこれはどんな時にかかる税金かと言うと、土地建物を登記するときにかかる税金なのです。
そして不動産取得税というのがあります。
これは不動産を購入したときにいちどだけかかる税金なのです。
不動産投資をして不動産を持ってしまうと、固定資産税というのがかかります。
これはその年の1月1日に置いて不動産を所有している人にかかる税金です。
不動産を購入するだけで不動産投資が終わるわけではありません。
不動産を持ったと思ういろいろと税金かかってきます。
自分で勉強しながら1つの事業として経営していかなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

・目次抜粋
◆序 章 不動産投資における〝真の成功〟は「税務」にあった

【初級編】
第1章 購入前に知っておくべきこと
第2章 知らなきゃ損する! 不動産投資に関わる税金の基礎
第3章 スイスイ進む! 不動産投資、初めての確定申告

【中級編】
第4章 節税ではなく、最初から税金を生まないコントロールをする
第5章 規模拡大のためには先手で行動する

【上級編】
第6章 不動産投資で収益を最大化する「秘策」
第7章 相続・事業承継で有利になる税対策
第8章 現役大家と敏腕税理士が語る、本当にお金を残す不動産経営術
    著者・椙田 拓也 & 監修・曾我 隆二 対談

知れば得する!“お金が増える”大家さんの税知識

新品価格
¥1,674から
(2018/6/18 08:16時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本