FC2ブログ

最高の休息法世界のエリートがやっている

最高の休息
世界のエリートがやっている

著者  久賀谷亮

「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
脳は何もしないでも勝手に疲れていくものです。
何も考えずにぼーっとすれば、脳は休まるんじゃないのと思う人がたくさんいるでしょう。
しかし残念ながらどれだけ無駄な時間を過ごしても、それだけであなたの頭は休まる事はありません。
むしろどんどんエネルギーを消耗し続ける可能性すらあるのです。
ではでは世界のエリートはどうやってノー休ませているのでしょうか?
それはマインドフルネスと言うやり方で休ませているのです。
リラックスするだけでは脳の休息にはなりません。
マインドフルネス呼吸法、基本姿勢をとります、体の感覚に意識を向けます、呼吸に注意を向けます、雑念が浮かんだら自分を責めることなく落ち着きましょう。
1日5分でも10分でもいいので毎日続けることが大切です。
同じ時間同じ場所でやることが脳には良いのです。
他には、歩行瞑想をして、立った姿勢でムーブメント瞑想して、座った姿勢でムーブメント瞑想をします。
玄関を出たところからスタート、駅の改札を出たら開始、ムーブメント瞑想やるタイミングをあらかじめ決めると習慣付けやすいものです。
いろいろな方法論がありますが、自分に合ったやり方を見つけましょう。
その上で毎日することとして、外に出て日光浴びることが大切でありますし、森林や海などの自然に触れることも大切です、温かいお風呂にも入りましょう、ストレッチやヨガなどの緩やかな運動することも大切ですし、デジタルデバイス、特にSNSには触れないようにしましょう、これが大切なことです。
1日目体を休息させる、レイジー・デー、2日目は行ったことのない近場を訪れることをおすすめします、3日目は人とのつながりを確認することをお勧めします、4日目は欲求を解放するワイルドデーを作ることをおすすめします、5日目は次の休息をより良くするために、意識しましょう。
最先端の脳科学で心をメンテナンスすることが大切な時代になってきました。
これからは脳を作る時代が到来すると言われています。
その1つがマインドフルネスなのです。
今はマインドフルネスがアメリカで一大ブームを引き起こしています。
人間が疲れるのは体ではありません、脳が疲れているのです。
自分自身で脳をいたわり、休息をとりましょう。
何もしない練習をすることが大切なことです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

★シリーズ26万部突破! いちばん売れてるマインドフルネス本に「CDブック」が登場!!
★テレビ番組「世界一受けたい授業」(2016.10.22) 出演で話題沸騰 !!
★聞くだけで「脳の疲れ」が消えていく……スポーツ界・芸能界でも実践者続々!!

【10分聞いて頭スッキリ!! 医師監修の「特別音源CD」付き】
睡眠・美容・子育て・勉強・ダイエット・運動・老い…
1日10分聞いて効果を実感する、最強の科学的メソッド!

◎疲れが溜まっていたのは「脳」だった!
「とくに何もしてないのに、なんだかいつも疲れている……」
「休日にたっぷり眠っても、月曜日の朝には頭が重たい……」
「以前よりも集中力が続かず、すぐに気が散ってしまう……」

そんな人は「身体」が疲れているわけではありません。
「脳」に疲れが溜まっているのです。

いま、世界最先端の脳科学によって
「脳の疲れの解消法」が解明されつつあります。
お金もかかりませんし、特別な道具も不要です。
必要なのは、「疲れを溜め込んだその頭」と「たった10分の時間」だけ。

◎脳科学の最前線・米国で18年診療してきた日本人医師が明かす!
「頭がスッキリしました! 」
この方法を実践した人は、口を揃えてこう言います。

また、この科学的メソッドの効果は、その場だけのものではありません。
これを継続すれば、あなたの脳が“疲れづらい脳"に生まれ変わるからです。
そのほか、集中力、感情調整力、メタ認知力、免疫機能のアップなど
じつにさまざまな効果が世界トップレベルの論文で報告されています。

◎聞くだけで「脳の疲れ」がスッキリ!
本書は、「脳疲労の解消法」をコンパクトにまとめ、
医師監修の実践用音源を付属した「CDブック」です(全59分)。
7トラックに分かれているので、1週間単位での継続にも最適です。

[CDの収録内容]
・Track 01 とにかく脳が疲れているとき――マインドフルネス呼吸法(10:47)
・Track 02 気づくと考えごとをしているとき――ムーブメント瞑想(8:47)
・Track 03 ストレスで体調がすぐれないとき――ブリージングスペース(7:23)
・Track 04 思考のループから脱したいとき――モンキーマインド解消法(6:59)
・Track 05 怒りや衝動に流されそうなとき――RAIN(3:58)
・Track 06 身体に違和感・痛みがあるとき――ボディスキャン(12:49)
・Track 07 他人へのマイナス感情があるとき――メッタ(8:20)
※購入者特典!! スマホ・PC・タブレットでも使える音源ファイルがダウンロードできます

脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]――[脳科学×瞑想]聞くだけマインドフルネス入門

新品価格
¥1,620から
(2017/12/24 05:44時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

シリコンバレー式 よい休息  感想  アレックス・スジョン

シリコンバレー式 よい休息
著者 アレックス・スジョン

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
人生は楽しむためにある、私はそのような考えで世の中を生きている。
どのように楽しむかは、人それぞれである。
楽しい人生を送るためにまた1つ新しい出来事に出会えることでしょう。
「サンティアゴ・ラモン・イ・カハール」は、このような言葉を残した。
長い休養の後の瞑想中でも、神経細胞が刺激されて集中して知的活動行っている間でも、あるいは科学的議論の最中でも、頭が冴える瞬間は全て活用しなければならない。それらの瞬間は、鋼鉄から出る火花のように、予期せぬひらめきをもたらすことが多い。
労働と休息はパートナーである。
休息すると言う事は1つの活動すると言うことである。
このような考え方で人生きた事はなく、難しいとらえ方である。
しかし非常に面白い捉え方だと思う。
偉大な天才は時として、あまり働いてない時に大きな成果をあげることがある。
非常に難しいことであるが色々な考え方があると言うことである。
懸命に働くことが恥ではなくプライドの根拠になったのはつい最近のことである。
考え方は人それぞれであるが、休息を取る方が成果を出していると言うことである。
1日4時間5時間の努力は大した事では無い。
しかし丸一日となれば話は別である。
1週間となればさらに大変である。
ましてや1月となれば話はまるで違ってくる。
1つのことに秀でた人間なら高い利息を得ることができ、中のことに秀でた人間ならもっと手を貯められるような瞬間をあなたは身に付けることができるであろうという考え方である。
使える時間を正確に把握し、それを区切り、仕事を1つずつ順番に片付けると言うルールを守れば、1日に驚くほどの大量の仕事をこなせることができる。
だけど他のことをに気を取られながらしたり、大急ぎで乱暴に片付けたりしたら、ほとんど何も仕上げられないはずである。
どんな時も1度に1つずつすれば、1度に2つや3つするより、より良い結果が出せる。
このルールを守れば他の人なら1週間かかる仕事を、1日で片付けることができるであろう。
人は学ばなければならない。
学ぶことによってより成長するものである。
自分の研究室があるということは素晴らしいことであり、家具の揃った快適な家があると言う事はさらに素晴らしいことである。
だけど室内に何時間もこもっていると頭がぼんやりしてくるものである。
だからこそ散歩に出る必要がある。
散歩に出ることにより頭はのびのびと働き、本能的に考えることができる。
歩くことも1つの手段であり、登山することも1つの手段である。
没頭する事は大切なことである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

創造的なアイデアは「よい休息」から生まれる!

働き方の本はたくさんありますが、本書は「休息」についての本です。しかし、書かれているのは、だらっと時間を過ごす「休息」ではありません。創造性を高め、高パフォーマンスを発揮するための「戦略的休息」の取り方について、詳しく解説しています。
実は、私たちの脳は、一生懸命仕事をしているだけでなく、ぼんやりしているときでも、活発に動いていることがわかっています。この時、思考が整理され、アイデアが生まれやすい状態になります。
会議で長時間議論してもいいアイデアが出ないのに、朝歯を磨いていたり、電車に乗って外をぼーっと眺めていたりするとき、いいアイデアがひらめいたりした経験はありませんか。
「働いている時間」も大事ですが、「働いていない時間」の過ごし方も、結果を出すためにはとても大事です。むしろ、「働いていない時間」の中身を濃くして「戦略的」に過ごすことができれば、働く時間は今よりずっと短くても、
高いパフォーマンスを出せるようになります。
仕事が順調に進んでいる時に、その日の仕事を終える。そして、次にどうするかは考えず、明日までそのままにしておく。文豪アーネスト・ヘミングウェイはこの方法をとっていたことで知られています。
文の途中でやめておけば、潜在意識はその先の展開をずっと考え続け、執筆を中断しなかった場合よりもすばらしい結果が出ることを、彼は直感的に知っていたのです(第1部の『中断』で詳述します)。
このように「働いていない時間」の中身を濃くして「戦略的」に過ごし、結果を出す具体的な方法を、本書ではふんだんに紹介します。

『戦略的休息』を理解し、活用するための4原則

(原則1) 労働と休息はパートナーだ
休んでいる時でも、脳は問題に取り組み、答えを探したりしている。戦略的休息を学べば、このプロセスをうまく働かせ、自分が関心を持つものにその働きを活用できる。

(原則2) 休息は活動である
「休息=受動的状態」ではない。体を動かすことには、予想以上の休息の効果がある。また、脳や精神の休息は、わたしたちが自覚する以上に、活動的だ。

(原則3) 休息は技術である
休息は、セックスや歌唱やランニングのようなものだ。誰でも、どうすればいいか基本的なところはわかっているが、少し勉強して理解すれば、はるかにうまくできるようになる。

(原則4) 戦略的休息は、創造性を刺激し、維持する
労働と休息は夜と昼のように、一方がなければもう一方も生じない。創造的な人々にとって、休息はきわめて重要な役割を果たしているが、その働きは、正当に評価されていない。

休息と言えば、「読むだけで睡眠の質がよくなる100のコツ
ぜひぜひ、こちらも読んでみてください。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本