FC2ブログ

となりの億万長者が教える不動産投資のノウハウ著者 岡田健太郎

となりの億万長者が教える不動産投資のノウハウ
著者 岡田健太郎


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
何もしなければ富を生む事は無いですし、何かをすれば富を生むことがあるということを学ぶことができるのではないでしょうか?
この本はどちらかと言うと、億万長者になる心得を教えてくれる本となります。
一般社団法人不動産投資家育成協会、認定講師である岡田さん。
参考になる考え方としては、ロバートキヨサキ氏となります。
資産とは、ポケットにお金を入れてくれるもの。
それ以外の自宅や車はすべて負債である。」
この視点で物事を考えればお金を使うものとお金を使わないものに変わってきます。
いかにポケットにお金を入れてくれるものにお金を投資をするのか、そして無駄お金の使いを止めるのか境目が見えてくるのではないでしょうか?
お金が不自由なくあれば問題ないでしょう。
しかしこの本を読むと言う事は不自由ないお金を持っているわけではありません。
そして雇われている側の立場であると思われます。
もちろん雇ってる側の立場の人も読んでいるかもしれません。
読誦することにより自分と違う考え方を持つことができるからです。
自分と違う考え方を持つことによりまた新しい世界を見ることができるからです。
1つ間違いないのは受け入れることです。
どんな考え方やどんな価値観も受け入れなければ始まりません。
どんな時代でもやはり不動産投資が1番である。
不動産投資は金融機関から融資を受けて行うのが一般的に、その信用力としてサラリーマンであることが大きなメリットとなる。
ネットビジネスで成功しているとたちは、不動産を持っていない場合が多いです。
これは金融機関信用を得ることができてないと言うことです。
いくら収入が多くても、長期にわたり返済を必要とする不動産投資の融資には、信用が必要となるのです。
そこにはサラリーマンが1番向いてると言うことです。
とにかくいっぽ踏み出すことです。
となりの億万長者も1歩踏み出したから得ることができたのです。
お金の心配をしないで済むことの方が世間体を取り償うよりもずっと大切だと考えます。
何が大切かで何を重視するかはその人次第です。
しかしお金に困る人生は厳しい人生です。
だからこそお金に困らない人生を歩んでいきましょう。
そのために必要な事は何かを考えて動きましょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


筆者は、「となりの億万長者」(トマス・J・スタンリーが同名の著書で紹介)としての富裕層の仲間入りを目指すことが、本当の意味の富と幸せを手に入れるための最も確実な方法だったと解説。本書は、贅沢な富裕層ではなく、「となりの億万長者」を目指した筆者が、不動産投資でそれを実現した経緯とノウハウを紹介。

岡田/健太郎
一般社団法人不動産投資家育成協会認定講師。地方国立大学卒業後、東京の大手メーカーに入社、現在は九州勤務。幸せに必要な経済的余裕は、会社組織の中で成功することでしか得られないというサラリーマンの現実と、それに対する違和感から、怪しい投資話や株への投資を試みことごとく失敗、数百万円を失う。あるとき、ハウスメーカーの営業にすすめられアパートを新築、不動産投資の世界に踏み出したことで、社会と物事に対する視点視野が劇的に変わる。投資家としての自覚から規模拡大を進め、6棟、5億円規模の収益不動産を取得、不動産収入だけで年収7,000万円を実現(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

となりの億万長者が教える不動産投資のノウハウ

新品価格
¥1,620から
(2018/11/20 23:03時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

人生100歳時代 不動産投資のフロンティア 将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス 著者 鶴蒔靖夫

人生100歳時代
不動産投資のフロンティア
将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス
著者 鶴蒔靖夫


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
まず、この本で言われている事は人生100歳時代に突入しようとしている事である。
であれば、年金だけで不安ではないか、そんな心情になってくる。
そう思う人もいれば、思わない人もいる。
何が正しいのではなく、自分自身が納得いく、安心しできる人生を送っているかどうかである。
『納得いく人生』、『安心出来る人生』である。
これは、フロンティアハウスを推奨する本なのだが何故か鶴蒔氏が書いた本となる。
ここに疑問を感じる。何故なら、鶴蒔靖夫氏は、評論家であり、パーソナリティーである。
フリーライターとして活躍しており、ラジオなどでも活躍している。
フロンティアハウスの社員では無いがこの本を書かれているのはなぜだろうか?
そんな疑問が生じるのである。
将来に不安を持つことに変わりは無いが、このまま100歳の時代になってしまえばどうしてもお金が足りなくなってしまう。
年金だけでは生きていけないため、不動産収入による生活を送らなければならない。
預貯金に関してはリスクを取らないリスクになってきている。
そこを一歩踏み出せるかどうかが、これからの人生の勝ち組と負け組の分かれ道となるだろう。
そして不動産投資をするにおいても、どの業者とタッグをくんで、やっていくのかが大切であると述べている。
このことは、他の本にも書かれており、間違いないことであると思われる。
いかに信用できる企業と手を結ぶのかが大切では無いだろうか?
どの会社信用して、どの物件を信用して、どのような投資をしていくのかを考えていかなければならないから、これからの時代は大変だと思います。
ですが、私たちはその中でも幸せを追求しなければなりません。
その幸せとは人それぞれになります。
価値観も人それぞれになります。
何が正しくて何が間違っているのかではなく、自分がどこに満足するのかが大切なことだと考えます。
現代の社会では、自分の価値観に合わない人を排除しようとする動きがあります。
自分の価値観はあくまでも自分だけの価値観であり、それを他人に押し付ける事は決してあってはなりません。
信頼が絆を生む不動産投資」など参考に出来るし、「不動産投資の“すごい”真実」などはオススメ
間違った社会、間違った世の中で、どれだけ自分の価値観を共感してくれる人に出会えるのでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

入居者とオーナーの幸せをつくるリーシング・イノベーション。
不動産投資の大技・中技・小技を駆使して、親から子、子から孫へ安心を伝えるベストパートナー。

老後の生活における金銭的な不安や、ゼロ金利とも呼ばれる空前の低金利の継続などを背景に、不動産投資の人気が非常に高まっている。購入した物件を賃貸に出すことで家賃収入をローンの返済にあてることができ、ローンの完済後は家賃収入がそのまま長期的な安定した収入になる。ワンルームマンションの区分所有なら1戸からの投資も可能で、初期費用もそれほど大きくはならないとあって、最近では一般の会社員のあいだにもワンルームマンション投資が広まってきている。
その一方で、ブームに便乗するかのように投資用不動産が次々と建てられた結果、エリアによっては供給過剰となり、空室も目立つようになってきている。万人受けのする既存のワンルームでは入居稼働率に限界が見られるにようにもなってきており、エリアの特性や入居者のターゲットを絞った間取りや設備、内装などの工夫が、より重要になってきている。
そうした投資用不動産市場において、横浜地区を拠点に独特の存在感を発揮しているのがフロンティアハウスだ。
近年の不動産投資では、少額の自己資金で始められるワンルームマンションの区分所有にスポットが当たることが多いが、フロンティアハウスは投資用アパート全体をオーナーが所有する一棟所有を中心に、開発から建築、販売、賃貸管理、建物管理までをワンストップで提供している。そのため、ワンルームマンションよりも物件価格は高めになるが、一棟所有には、区分所有にはない大きなメリットがあるという。それは、将来的に建て替えが可能なことと、ひとつの建物内で形態の異なる賃貸を効果的に組み合わせることができるということだ。
不動産投資における最大のリスクのひとつが「空室」であり、この「空室」をいかにしてなくすかが、不動産投資が成功するかどうかの鍵となる。そのためには、入居者のニーズを先取りし、建物の外装や部屋の内装、設備などを時代に合わせていくだけでなく、「部屋の貸し方」そのものをフレキシブルに運用し、対象となる入居者の層を広げることができるかも、これからのポイントとなるだろう。その点で一棟所有には、区分所有よりも大きなメリットがあり、こうした取り組みをフロンティアハウスでは「リーシング・イノベーション」と呼んでいる。
本書は、通常の賃貸とマンスリー賃貸、民泊などを組み合わせる、あるいは賃貸物件と分譲住宅を併用するなど、リーシング・イノベーション戦略に積極的に取り組み、収益物件としての賃貸アパートやマンションの、開発から建築、販売、賃貸管理、建物管理までのワンストップ提供を主軸に、ファミリー向けの分譲マンションや戸建住宅など幅広い領域の不動産事業を手掛け、不動産の総合企業として成長を続けるフロンティアハウスの事業活動を紹介し、企業理念や経営戦略を明らかにする。

人生100歳時代 不動産投資のフロンティア ― 将来の不安を安心に変えるフロンティアハウス

新品価格
¥1,944から
(2018/9/2 13:25時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「今いる場所」で最高の成果が上げられる100の言葉著者 千田琢哉

「今いる場所」で最高の成果が上げられる100の言葉

著者 千田琢哉

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
人は何かしらの歯車となって生きているのです。
その歯車となって生きていることで、文明が発展して、社会発展して、未来へつながっていくのです。
そう思って生きていくことが大切なことなのです。
言葉に魂が宿っています。
胸に突き刺さる言葉です。
しかし、悩んでる人たちが多いと思います。
その悩んでる人たちが本を読むことにより、悩みが少しでも解消すれば、本は世の中に出回って価値があるのではないでしょうか?
新人のうちは個人的なスキルアップやキャリアアップについて口をせずに、目の前にある仕事をとにかく頑張ると言うことで周りから信頼を得ると言う考え方があります。
やはり新人の最大の武器は可愛げだと言うことなのです。
そして角を開いて持論を展開しないことが、今の世の中生きていくことなのです。
上層部に立つ人間のプロフィールを分析して、いかに自分に有利に行っていくかを考えるべきです。
これは上層部だけに限ったことではありません、中間管理職も同じなのです。
仕事ができると言う事は、出世すると言うことなのです。
それ以上でもなければそれ以下でもありません。
胸に響く言葉です。
出世が止まった人は、1つ下の役職に適性があったと言うことになります。
出生は決定権者の好き嫌いで100%決まると考えた方が良いでしょう。
世の中はそんなに正義感のある世の中ではありません。
残念ながら好き嫌いで決まってしまいます。
できないメンバーと飲食をしないことが大切なことです。
派閥に属しながらも、中立を保っていくことが、将来に役に立つと言う考え方もあります
天才は最初から天才なのです。
天才に嫉妬しては意味がありません。
天才から学ぶことに意義があるのです。
自分と似たタイプで出世している人の真似をすることが大切なことです。
もしあなたが天才なら出世には無頓着な天然を装ることが大切です。
脳ある鷹は爪隠すまさにこの言葉です。
上司の陰口を言わないだけで、あなたは出世コースに乗れるものです。
補欠の先輩ほどきちんと敬語を使っておくことが大切です。
未熟者のうちは周囲が嫌がる仕事に立候補して行うことが大切なことです。
信用されると言う事は、小さな口約束を死守し続けることで築かれるものです。
これはとても大切なことです。
有言実行するためには口数を少なくすることも大切なことです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

組織の一員として成果を上げるには、どう働けばいいのか――。
チームが上司が同僚が、「アタリ」でも「ハズレ」でも、グングン成長できる若手社員の心得と具体的仕事術・対人術・出世術を伝授する。

【CONTENTS】
Prologue 正々堂々と、一流の歯車を目指せ。
Part 1 「今、ここ」で押さえておくべき 組織で働くということ
――組織でこそ、成長に欠かせない人間観察眼が磨ける
新米のうちは、個人的なスキルアップやキャリアアップについて口にしない/新米の最大の武器は、かわいげ/現在の社長のプロフィールを分析する/自分と似たタイプで出世している人の真似をする/もし退職するなら、最後に今いる場所で人間の特性を帰納しておく・・・

Part 2 「今、ここ」で身につけておくべき 社会人としての振る舞いの基本
――人よく菜根を咬みえば、則ち百事なすべし(処世訓の最高傑作『菜根譚』)
上司の陰口を言わないだけで、あなたは出世コースに乗れる/信用とは、小さな口約束を死守し続けることで築かれる/許してもらえる前提で謝らない/名刺交換の最終選考は好き嫌い/これからの時代、分を知ることがますます武器になる・・・

Part 3 「今、ここ」で役立つ 仕事に「いい流れ」を作る対人術
――ここだけの話、すべての人は人間関係が苦手だ
上司が一番好きなのは、叱りやすい部下/上司が一番嫌いなのは、気を遣わせる部下/無能を人間性でカバーするのは、卑屈/人間関係を長続きさせたければ、“短時間ずつ高頻度"連絡を取る/人に好かれたければ、自慢話を引き出して最後まで聴けばいい・・・

Part 4 「今、ここ」で差がつく 努力の効果を最大化する超・仕事術
――仕事は抱え込むものではなく、実行するもの
マーケティングとは、欲しくて仕方がない人に最短で辿り着くこと/セールスとは、「売ってください」と頭を下げてきた人に売ってあげること/サービスこそ、お客様にとってはすべてである/企画が通るかどうかは、普段の仕事ぶりで決まる/企画の目的はたった一つ。決定権者を出世させること・・・

Part 5 「今、ここ」で奮い立つ 逆境に負けない言葉
――どこまでも、成長していこう
たいていの相手には努力ではなく、工夫で勝てる/理不尽な仕打ちを受けたら、最初の1回は徹底抗戦しろ/裏切られる経験をして、初めて人生は次のステージに進める/私がサラリーマンを経験したのは、すべて×××のためだった・・・
Epilogue

「今いる場所」で最高の成果が上げられる100の言葉

新品価格
¥1,490から
(2018/3/1 06:22時点)




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 地味なサラリーマンへ
にほんブログ村

「今いる場所」で最高の成果が上げられる100の言葉

人生の勝負は、朝で決まる。

仕事は好かれた分だけ、お金になる

その他大勢から抜け出し、超一流になるために知っておくべきこと

非常識な休日が、人生を決める
結果を出す人がやっている50の逆転の時間術


大切なことは、『好き嫌い』で決めろ!

ムダの片づけ方

超一流は、なぜ、食事にこだわるのか?

現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。

超一流の謝り方

人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!

出世の教科書

自分を変える睡眠のルール

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

もし君が、そのことについて悩んでいるのなら

ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉

継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88

私たちの人生の目的は終わりなき成長である。

超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか?

君の眠れる才能を呼び覚ます50の習慣

稼ぐ男の身のまわり

『特別な人』と出逢うために

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

人生の勝負は、朝で決まる。

仕事は好かれた分だけ、お金になる

お金で世界が見えてくる! 感想 池上彰

お金で世界が見えてくる!

著者 池上彰

読書2


お金はどう使われているか?世界の経済はどう動くのか?お金と世界情勢のつながりとは?日本、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、仮想通貨ビットコインまで、世界のお金を徹底解説。ドルの秘密、ユーロの本質、円と社会の関わりなど、お金を見れば、世界の動きは一目でわかる!いまの世界を理解するために必要なエッセンスが、この一冊に。

池上彰(いけがみ・あきら)
1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年NHK入局。2005年まで32年間、報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。1994年から11年間は「週刊こどもニュース」のお父さん役を務めた。現在は、フリージャーナリストとして多方面で活躍中。2012年より、東京工業大学リベラルアーツセンター教授。著書に『そうだったのか! 現代史』(集英社、2000年)、『伝える力』(PHPビジネス新書、2007年)、『「見えざる手」が経済を動かす』(ちくまプリマー新書、2008年)、『池上彰の憲法入門』(ちくまプリマー新書、2013年)など多数。

お金とは信用である。

お金には歴史がある。

お金で世界が見えてくる! (ちくま新書)

新品価格
¥778から
(2015/7/31 19:54時点)





お金で世界が見えてくる! [ 池上彰 ]

価格:777円
(2015/7/31 19:55時点)
感想(2件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生編

世界を変えた10冊の本

日本の大課題 子どもの貧困 社会的養護の現場から考える

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本