FC2ブログ

『トランプ暴落』前夜 著者 副島隆彦

『トランプ暴落』前夜
著者 副島隆彦


新たな知識を求めてこのと出逢う。
この人のはなかなか面白い、信じるかどうか別にして。
結構突拍子のないことを言ってくる。
ただそれが間違ってると言うのは違うと思う。
価値観は人それぞれだし、考え方は人それぞれである。
今の世の中自分の考え方を押し付ける人が多い、だからこそ読んで、いろんな考え方があると言うことを学ばなければならない。
そのためにも読誦することが必要である。
読書こそ、その人を育てるのである。
こので行くと、6年後の2024年に、株価大暴落を起こすと言うことである。
そして世界恐慌に突入して、日でも預金封鎖が断行されると言うことである。
なかなか面白い物語でありストーリーであると思う。
それが起きても仕方ないと思うし、起きるとも思っていないが。
大切な事はいろんな考え方があると言うことを知るべきである。
そしてこういう考え方をする人たちに賛同する人たちがいると言うことを知らなければならない。
だからこそいろんな考え方を受け入れる必要がある。
そしてトリガーと言われる引き金である。
トリガーを引くのはどこか?
先行きが見えない世の中になってきた。
今まではもう少し考え方が読める時代であったが今からの時代は全く考え方が読めない。
そしてトランプ大統領が何をするかわからないが、突拍子のないことをやっても驚かないようにはなってきた。
これから日にどのような影響が出てくるのか不安であるし、心配にもなってくる。
しかし心配しても仕方ないと言う事実は変わらない。
結局は自分自身が成長して、自分自身が生きていける環境を作らなきゃいけないと言うことで。
そのような意味で行けば、やはり本を読んで、読書をしていろいろ学ばなければならない。
いろいろ学ぶことにより考え方が広がっていくのである。
広がった考え方により新しいビジネスが生まれてくるのである。
そして最終的にはたくさんの知識を得ることができるであろう。
そこを目指すためにも人は勉強しなければならないし、学ばなければならない。
そういった意味でも自分が読みたい本だけ読むのではなく、自分が読みたくない本、賛同できない本も読むべきである。
そこに自分と違った考え方があるのだから。
その違った考え方が自分とミックスしたときに、また新しいイノベーションが生まれるのかもしれない。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

この10月10日から、日米で株価が続落した。だが年内は、株高状況は維持されるだろう。アメリカのトランプ大統領は中間選挙(11/6)と年末のクリスマス商戦を乗り切らなければならない。
次の暴落は2019年1月だ。そして2021年に巨大な金融危機が起き、2024年には先進国が財政崩壊に襲われる――この恐るべき〝副島シナリオ〟は、着々と現実化してゆく。
本書では、アメリカと中国の貿易戦争の真相をはじめ、仮想通貨投資の危険性、長期金利(国債利回り)の急騰が招く財政危機などを詳説。さらに、あの前澤友作社長(ZOZOTOWN)の月周回旅行にも言及する。
近未来の世界の姿を描ききった、副島隆彦の最新・金融予言!


「トランプ暴落」前夜 (Econo-Globalists 21)

新品価格
¥1,728から
(2018/11/6 20:53時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生編 感想  池上彰

一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生

著者 池上彰


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
世の中には、予想外のことが起きます。
その予想外のことを受け入れて生きていかなければなりません。
私たちはそんな予想外と向き合い生きていく上で経済は切っても切れない関係であります。
そこで気になるのがアメリカ大統領であるトランプ大統領です。
アメリカトランプ大統領が選ばれ、想定外が想定内になりました。
つまり、想定外という言葉が通用しない時代になったのです。
そんな時代に突入してきましたが、世界中は変わっていくのでしょうか?
それとも変わらないねでしょうか?
トランプ大統領が選ばれたと言う事は、今の世の中に不満を持ってる人たちがたくさん多いと言うことです。
それを受け入れることができるのでしょうか中間層に不満があると言う話だが、中間層もそうだし低所得者層にも不満があるのである。
なぜ、そのような不満が生まれるのでしょうか?
やはりそれは経済だと思います。
経済的満足がないから不満が生まれるのではないでしょうか?
今まではそんなに情報がなかったのかもしれません。
でも今はSNSの発展で情報が簡単に手に入ります。
よって自分よりも幸せな人を見ると、不満が生じているのかもしれません。
そこで私たちが言える事は、人と比べるのではなく、自分自身が何に対して幸せなのか、自分にとって幸せとは何なのかを考えなければならないと思います。
ただこのような考え方にも不満が生じます。
非常に行きにくい時代になってきたと言えるでしょう。
だから心の豊かさを手に入れなければなりません。
そしてその心の豊かさを手に入れるためにも、経済的な余裕は必要なるかもしれません。
そうなってしまったら堂々巡りになってしまいます。
だから難しい時代なのです。
よって自分を応援してくれる人をいかに大切にして、その方々とタッグを組んで、幸せを追求しなければなりません。
そこに幸せがあるのでしょう。
そこに幸せを求めなければなりません。
これから先世界をアメリカがリードしていくのか、中国がリードしていくのかはわからなくなってきました。
その中で私たち日本人は幸せを追求しなければなりません。
日本人にとって幸せとは何か?
改めて考えさせられる期間に突入したのかもしれません。
よって、自分のジャッジを自信持ってできるように情報を集めなければなりません。
そのために読書することをお勧めします。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

2017年1月、アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任します。「不動産王」として有名なトランプ氏ですが、選挙期間中に「不法移民の取り締まり強化」「日本の核武装容認」など過激な発言を繰り広げました。トランプ新大統領は、世界中にどのような影響を与えることになるのでしょうか・・・・・・。
自らアメリカ、中東、アジアなど世界各地を取材してきたジャーナリストの池上彰氏が、世界の<次>を読みます。毎日小学生新聞「教えて! 池上さん」の記事をベースにしており、小学生でもわかる「世界一分かりやすく」ニュースを解説です。雑談にも使える「池上流 プラス1」を収録しています。


<主な目次>
第一章 2017年の世界はこうなる
第二章 トランプ新大統領で変わるアメリカ
第三章 混迷深まるアジア
第四章 テロ、移民問題で揺れる欧州、中東
第五章 世界と日本

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村



世界を変えた10冊の本

日本の大課題
子どもの貧困
社会的養護の現場から考える


お金で世界が見えてくる!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本