FC2ブログ

人を動かす 著者 D・カーネギー

人を動かす
著者 D・カーネギー


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
有名な名書と呼ばれる一冊です。
この本を読み最大限活用するための9つの項目をまずは目にして読むと、より効率よく読書をすることができるでしょう。
1)人を動かす能力を獲得したいと決心し、学び続けましょう。
2)次の章に進む前に、同じ章を2度読みましょう。
3)頻繁に立ち止まりましょう。
4)重要な箇所に線を引きましょう。
5)毎月、読み返しましょう。
6)あらゆる機会に実践しましょう。
7)ルールの習得を、ゲームにしましょう。
8)実践の成果を毎週、確認しましょう。
9)いつ、どのように実践したかを記録しましょう。
人は非難されても自分の非を認めない、まさにその通りなのです。
常に誰かのせいにしている。
自分を正当化するか、他に方法論はなかったと言い訳するかなのです。
原則1として、批判や非難で人は変わらないと言うことを知るべきなのです。
原則2、相手が欲しいものを与えることが大切なのです。
原則3、相手の視点で、相手の問題を解決することが大切なのです。
これが人間の取扱説明書となります。
人に好かれる6つの方法があります。
1)人に深い関心を持つことが大切なのです。
2)笑顔を見せて振る舞うことが大切なのです。
3)人間にとって、自分の名前が最も甘味かつ大切なことであることを、覚えておかなければなりません。
4)聞き上手になることが大切であり、相手には自分自身のことを話してもらうのが大切です。
5)相手の関心事について話すことが大切なことです。
6)常に相手に価値があると感じさせることを心から行うことが大切です。
相手を自分の考え方に同調させる12の方法。
1)議論で最善の結果を得たいなら、議論自体を避けることです。
2)相手の意見に敬意を示すことが大切であり、絶対に間違いを指摘しないことがポイントです。
3)自分の間違いは素早くきっぱりと認める必要があります。
4)有効的に始めることが大切です。
5)直ちにイエス、イエスと言わせることも大切です。
6)相手にたくさん話をさせることが大切です。
7)自分で考えた気にさせることがポイントです。
8)相手の視点から、誠実に物事を見ることが大切です。
9)相手の考えと欲求に共感することが大切です。
10)崇高な使命感に訴えることも大切です。
11)自分の考えを演出することも大切です。
12)挑戦させることが大切です。
このほかにもこの本には、自分にとって必要なことが書かれています。
それが人を動かすと言う本です。
ベストセラーであってさすがであると言う感想でしかありません。
どの言葉が胸に響くかはその人次第です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

人を動かす 新装版

新品価格
¥1,620から
(2017/8/5 12:06時点)




あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

自分を成長させる最強の学び方 感想 伊能美和子

自分を成長させる最強の学び方
著者 伊能美和子
新たな知識を求めてこの本と出逢う。
世界的主流となっている画期的な仕組みを活用して、日々成長することを願う。
時代が進むことにより、なくなってしまう職業はいつの時代もあるものです。その中でいかにも価値を、得ることができるのか、それを考えなければなりません。
何かを知ろうとする行動、つまり学びこそこれからの時代においてますます重要になってくると言うことを伝えられております。
それを習慣として継続するための仕掛けをご紹介している本です。
それが良いかどうかはまた別の話です。
ただこのやり方にを通して幸せを勝ち取る人もいれば、役に立たない人もいるでしょう。
それが人生と言うものなのです。
最終的には、『gacco』へのススメではありますが、有効活用するかどうかを見極める必要があります。
それはその人その人の立場や環境によって変わるのです。
自分の仕事を見極めて他人との交流をしながら、それを果たすことで平和な世の中を作り上げ、幸せな生活を送ることこそが学問の目的であると学問のすすめは述べていいですとの事でした。
学びとは何か?
学びとは自分のことを知る手段だということです。
世の中は広いものです。
自分の知ってることだけが全て正しいわけではありません。
自分の知らない世界に正しい答えが存在することもあるのです。
ただ人間は自分の知ってる事だけに逃げる弱い生き物なのです。
その弱さと向き合い、自分の適性を知り、自分がやりたいことを実現する、自己実現の手段足り得る物を学ばなければなりません。
これが本当の学力をつけると言うことなのです。
しかし日本でも学びたいのに学ぶことができないと言う言葉が現実味を帯びてきました。
それは格差社会です。
貧富の拡大が学ぶことへの影響が生じてきています。
優秀な人材が育つためには優秀な指導者がいることが条件ではなく、学ぶことができる場を作る事がポイントなのです。
その学ぶことができる場を、平等に作ることができるかどうかが今後の日本の課題なのかもしれません。
教育とは非常に難しい時代になってきてます。
その中で学ぶことの楽しさ、学ぶことの重要さを知ることができれば幸せなのかもしれません。
これからどうなるかは誰にもわかりません。
ただ学ぶことを続ける人、学び続ける人だけが成功する世の中になると思います。
そこに、日々関係する人々がいれば幸せなのかもしれません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

米国発! 最先端の学習法!

あなたは、勉強というものは学生がするものだと思っていませんか?
しかし、実際には社会に出てからのほうが、長期的・継続的な学習が必要になるのです。
世の中がどんどん進化(変化)している現在、そこに追いついていくためにも、人生を通した学びの必要性が増しています。

しかしそうは言っても、仕事を持ちながら“学ぶ"ということは言うほど簡単なことではありません。
社会人が学ぶには「学費を捻出できない」「時間がとれない」「仕事や家事、育児で疲れてしまっている」「学ぶ仲間がおらず孤独を感じる」等々の阻害要件があるからです。

本書では、社会人が様々な阻害要件を克服し、生涯を通じて学び続けていくための一つの画期的方法を提案しています。
それは、今、世界的潮流となっている、無料で学べるオンライン講座・MOOC(ムーク)の活用です。
そこでは、すでに30万人を超える人たちが学びを実践し人生を充実させています。

今大注目の日本版MOOCを立ち上げた伊能氏が、そのすべてを明かしました。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「学び」を「お金」に変える言葉

学び」を「お金」に変える言葉

著者 井上裕之

読書2


資格、セミナー、教養…、
その学びで稼げるように
なりましたか?

欲しいだけの年収を得るための
「大人」の勉強法

本当の意味の大人の学びは、必ず社会に受け入れられ、お金という評価に繋がっていくものです。
逆に言えば、お金に結びつかない学びはどこかが空転している、自己満足だけの学びに過ぎないと言っても過言ではありません。

一生懸命学んでいるのに、いっこうに豊かにならないという方はぜひ、本書を読んで、問題点がどこにあるのかを見出してください。
ヒントは本書のいたるところに散りばめられているはずです。―「はじめに」より

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

なんておしゃれな言葉が最初に来るのであろうか?

アインシュタイン言葉である。

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく。気づけば気づくほど、また学びたくなる。大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。」

もっとリアルにお金と結びつけようと考えるべきである。

それは自分次第なのである。

結びつかない学びは、浪費だと考える。

誰のために頑張ってるわけではない、自分のために頑張ってるのである。

どの本にも書かれているが、行動を犯すなければ、どんな学びも、どれだけ熱心な学んでも無意味である。

本を読むだけで終わらないことが大切であるし、いろいろな本に書かれていることである。

本気で学びたいなら、借金してでも学ぶべきである。

借金すると言う事はリスクを背負うということである。

人生とは不思議なもんだ。

幸せに貢献する学びだけが、お金を引き寄せる本である。

摩訶不思議とはこのことである。

しかしこれは説明することができない。

それが人生と言うものである。

学んだ事は1つでいいからその日のうちに実行することが大切である。

実行しなければ意味がない。

時代を超えて残っているものから本質を学ぶべきである。

良いものは残り続ける。

講師のオーラを浴びることも学びの1つである。

成功した人にはオーラがあると言うことである。

風正解は正解にすることを学ぶことも大切である。

豊かな意識を持てばお金は自然に集まってくるものである。

余裕と言うものは大切なものだ。

知識や技術を学ぶことから意識を変える学びを進化させることが大切である。

大人の学びの核心は自分のミッションを見つけることである。

学ぶことでミッションが磨かれていくものである。

専門領域は誰にも文句言わせないくらいしっかり学ぶことが大切である。

誰も口出せないほどの知識が身に付くと敵なしである。

何を学ぶべきか、ベストアンサーは常に自分の中にあるものである。

何を学ぶか、直感的に選んだことが今のあなたに必要なことである。

書店は最高の学び場である、週一で足を運ぶことを習慣にしよう。

ダラダラと先延ばしは厳禁である、学ぼうとする意欲が大切である。

今日の学びは楽しくて仕方がないものであり、その楽しさが早く知ろうではないか。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村






欲求がない 男は一流になれない!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本