FC2ブログ

神さまたちのいた街で  感想  早見和真

神さまたちのいた街で
著者 早見和真

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
家族と宗教にまつわるお話です。
宗教は難しい問題です。
昔から争いは宗教と土地絡みです。
人は出会いのもと成長していきます。
色々な人と出会い、いろいろな考え方と出会い、いろいろな宗教と出会います。
そのことにより人は考え方を変えて、より自分に納得できる生き方を探していくのでしょう。
それが良いかどうかはまた別の話です。
世の中には問題になってる宗教もあります。
この物語でも改めて宗教について考えさせられる物語となっております。
1つの家族は宗教によってバラバラになっていく、改めて宗教とはどういうものかを考えさせられる物語となってます。
長男は一生懸命、宗教にはまっていく両親と戦って行きます。
長女はいやいやながらでもその雰囲気飲まれてしまいます。
母親はドンドンと宗教にはまり、父親は宗教に生きる意味を見出してしまい、それが嫌でたまらない子供達どうすれば良いのかと考えさせられる1冊です。
宗教に関わったことないのでわからないのだが、宗教に関わると言う事はそんなにものめり込むものなのか不思議でたまらない。
家族を壊しても、子供を犠牲にしてでも宗教と言うものにはまっていく人たちがこの世の中にはたくさんいると言う事かもしれませんし、いないことかもしれません。
今の私には関係ないが、関係あるとしたら考えるものがあると思います。
心の支えというのが必要なのかもしれません。その必要な心の支えが宗教であるのか読書であるのかは人それぞれです。
私は読書に時間を費やしているが、それは読書ではなく宗教に時間を費やすことにより人生を豊かに生きると言う人がいても悪いことではないと思います。
ただそれを人に押し付けるのはいかがなものかと思いますが、自分1人で納得して自分1人で完結するのであれば大いにすべきではないでしょうか?
この物語には、昔懐かしい言葉が出てきます。
「スタンドバイミー」や「僕らの7日間戦争」などです。
小さい頃に憧れる名作であります。
いつの時代もこのような名作にはことを欠かせません。
この小説を読むことにより、スタンド・バイ・ミーや僕らの7日間戦争などのような物語に出会える事は良い事だと私は思います。
人との出会い、読書との出会い、世の中には出会いが溢れています。
たくさんの出会いから自分自身が成長できることを望み、また本を読むこととなりでしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

泣くもんか。
無力な子どもでいる時期なんて、
たった数年なんだから。

ぼくは、ぼくだけの「正義」を頼りに生きていく。
たった一人の親友と、小さな妹と。

あの頃の“痛み"がよみがえる成長の物語

「ぼくだけはしっかりしていなければ」

父が交通事故に巻き込まれたことをきっかけに、
父と母は違う神さまを信じはじめ、ぼくの家族には“当たり前"がなくなった。
ぼくは担任の先生に助けを求めたが、どうやら先生にも自分の正義があるらしい。
大人たちが信じられなくなったいま、
ぼくの「正しい」の基準は、親友の龍之介だけ。
妹のミッコを守ることでなんとか心のバランスを取りながら、
ぼくは自分の武器を探すことにした。
いつか、後悔だらけの大人にならないために――。
あの頃の“痛み"がよみがえる成長の物語。

『ぼくたちの家族』から6年。次の家族のストーリー。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

経済で読み解く織田信長「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する 上念司 読書感想 織田信長最強伝説を追い求めて

経済で読み解く織田信長「貨幣量」の変化から宗教戦争の関係を考察する
著者 上念司

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
歴史に名を残す人物として、名高い「織田信長」。
歴代でも1,2位を争う位の人気ではないでしょうか?
なぜ織田信長ここまで人気あるのか、というのは人それぞれだと思いますが、時代を変えようとしたと言うことに評価をしている人は多いのではないでしょうかと、私は思います。
それだけ織田信長と言う人間が、人気があると言うよりは、時代を変えてほしいと思う人が、たくさんいると言うことだと思います。
そこで、経済に則り、織田信長を追いかけたのがこの本だということです。
経済には経済の掟と言うものがあり、人の力ではどうにもならないことが生じます。
・お金をたくさんすれば必ずインフレが起こる。
・お金の量が減ればデフレになる。
・デフレになるときは自国通貨高になる。
これが経済の掟です。
この経済の掟に則れば、戦争へ借り出された形がわかると言うものです。
織田信長は生きた時代は戦国時代であります。
戦国時代と言うのはデフレがケインで起きた時代なのですと、著者の上念司氏は言われています。
「織田信長」は経済を活性化させるために、借金をしてまで商売をするようなリスク選考的な人を好んでサポートしました。
これは今でも昔でも共通する経済の掟なのです。
しかしそれを進めていくためには借金の実質的な負担を減らす必要があるのです。
つまりこの本は、インフレを起こすべきだと言われているのです。
昔も今もデフレが戦争へ導いているのだから、インフレを起こせば、戦争にならない、争いは起きないと言うことを言われていたのです。
あれ第二次大戦てデフレだったっけと思いましたが、第二次大戦事を知らないので何とも言えないですと言うのが私の感想です。
人は見方によって、の立場によって、価値観によって考え方が変わります。どの立場で自分自身が見ているのかをまず理解してそして他人がどの立場で物事を言ってるのかを理解する必要があるのです。
立場によって意見と言うのは変わるからです。
織田信長は、今で言うと創業者タイプの人間だと言うことなのです。
では豊臣秀吉や徳永家康はどうかと言うと、彼らは経営者タイプの人間なのです。
創業者は0から1を作り出す人なのです。
経営者は1を10とか100に伸ばす人なのです。
では最終的に、政府は紙幣をすれば良いと言うのがこの見解書です。
政府がそのような見解を出してインフレに起こるのであれば、インフレ対策をしなければならない、私のような庶民には、と考えさせられる時間を過ごしました。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
中世を終わらせた、英雄・信長は何と戦ったのか?
“お金の流れ"から室町・戦国時代の政治経済を解く!

織田信長の活躍が「日本」を救った! !

信長の「経済政策」、その歴史的意味とは?
日明貿易から室町幕府の経済政策とその衰退、
応仁の乱、一向一揆、寺社勢力の金融ビジネスまで、
室町・戦国の世を“経済的視点"で描く―。
「経済」がわかれば、「歴史」がわかる!
信長の“本当の業績"を考察する、著者渾身の書下ろし! !

● 「マネーストック」と景気の関係
● 「出土備蓄銭」は現在の「タンス預金」
● 巨大荘園主としての寺社勢力
● 「恐ろしき山かな」―蓮如のつぶやき
● 室町幕府の将軍交代劇
● 「応仁の乱」を経て確立した、細川京兆体制
● 信長は本当に宗教を弾圧したのか
● 意図せざる経済の変革 etc.

【目次より】
序に代えて ~お金の流れで歴史を読み解く
第一部 中世の「金融政策」と「景気」
第1章 明の景気が日本経済を左右した時代
第2章 室町幕府の財政事情
第二部 寺社勢力とは何なのか?
第3章 老舗「比叡山」vs.新興「京都五山」
第4章 京都五山のビジネスと本願寺の苦難
第三部 武将と僧侶の仁義なき戦い
第5章 信長の先駆者たち
第6章 「一向一揆」とは何か
第四部 信長は何を変えたのか?
第7章 信長の本当の業績
第8章 信長の活躍が日本を救った!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村



読書2

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本