FC2ブログ

家と庭  畑野智美  読書感想

家と庭
著者 畑野智美
新たな知識を求めてこの本と出逢う。
忙しい日々が続く。
時間に追われる日々である。
ほのぼのとした時間を追い求めて、朗らかな表紙のこの本と出逢う事になりました。
下北沢の街が舞台。
望君と母親、姉、妹と女性が多い家族構成での人間関係を描く作品。
長女がいきなり帰ってきた。
娘を連れて帰ってきたのである。
理由は、理由がわからないから厄介なのである。
好きだから側に居たくない、好きだからこそ一緒に入れない、そんな事らしい。
母親も女って事。
そして、帰ってきたくなるような空気がそこにはある。
その家には、ある。
長女の旦那は、その空気を怖いと言う。
出来上がりすぎた家族は怖いもんだ。
そこに家族があり、そして実家と言う家族がある、その家族と言うものに憧れる人もいるでしょう。
次女は過去のトラウマに引きずられています。
その次女はトラウマを解消できずに、苦しんでおり、そして家族も同じくトラウマに引っ張られて気をつかってしまいます。
それが家族と言うものであり、血縁と言うものかもしれません。
その家族をうらやましいと思う人もいれば、その家族を鬱陶しいと思う人もいます。
それが現代の世の中なのです。
ただ切る事は簡単に切れますが、暖かい家族を作る事はこの上なく大変なことであります。
3女は生まれ育った街から出ることができないことに、恐れを感じております。
この町で生まれて、この街で育つ、そしてこの街から出ることができない、これが恐怖なのです。
人にはいろいろ悩みがあり、いろいろな苦しみがあります。
そこを1人で解決していくのか、家族とともに解決していくのかはその人次第かもしれません。
そして主人公の望くんは、望みがない事に苦しんでいます。
人生を生きる上で一番難しい問題かもしれません。
何のために、何を望んで生きるのか?
今回の物語を通して、家族の暖かさを学ぶ事が出来ます。
そして、暖かい家族に改めて気付かされるのではないでしょうか?
孤独という状況が広がっていると、報道で目にします。
報道が全てではありません。
むしろ、報道は珍しい事柄を取り上げるからでしょう。
そんな時代だからこそ、本当に信用できる人と、出来ない人の見極めが大切です。
見極め後に、本当に大切な人にどれだけ感謝出来るのか?を意識した人生を送りたいもんですね。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
家族に、普通なんてない。下北沢で暮らす人々の恋と家族の物語
中山望は、桜やバラやひまわりなど四季折々の花が咲く庭のある家で、母と姉と妹と暮らしている。大学を卒業して2年以上が経つけれど、就職する気にならないまま、マンガ喫茶でアルバイトをする日々だ。ある日、上の姉が娘を連れて帰ってきて、女5人との生活が始まる。家族や幼なじみ、バイト仲間と過ごす時間は、“何も望まない”望を変えていく――。
海の底のようなバー、神出鬼没の烏天狗、工事がつづく駅。
抜け出せなくなる町で暮らす人々の、色鮮やかで愛すべき日常。
家族に、普通なんてない。下北沢で暮らす人々の恋と家族の物語

中山望は、桜やバラやひまわりなど四季折々の花が咲く庭のある家で、母と姉と妹と暮らしている。大学を卒業して2年以上が経つけれど、就職する気にならないまま、マンガ喫茶でアルバイトをする日々だ。ある日、上の姉が娘を連れて帰ってきて、女5人との生活が始まる。家族や幼なじみ、バイト仲間と過ごす時間は、“何も望まない”望を変えていく――。
海の底のようなバー、神出鬼没の烏天狗、工事がつづく駅。
抜け出せなくなる町で暮らす人々の、色鮮やかで愛すべき日常。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

読書2
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本