FC2ブログ

ファーストクラスに乗る人のお金2

ファーストクラスに乗る人のお金2

人生のステージが上がる61の工夫

著者 中谷彰宏

読書2


大好評『ファーストクラスに乗る人』シリーズの中でも、とくにロングセラーとなっている『ファーストクラスに乗る人のお金』が第2弾となって登場! 前作からさらに進化した、中谷彰宏流のお金論。人生のステージを上げるための、お金に対する考え方・工夫がつまった1冊です。【この本は3人のために書かれました】勉強してるけど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。貯金しようか、使おうか、迷っている人。もっと稼げるようになりたい人。お金に対する迷い・不安・焦りは多くの人が抱えているもの。本書にはそんな悩みを解決し、人生のステージを上げる工夫が満載! お金に悩むすべての人、必読です!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ファーストクラス」に乗りたいと言う気持ちを持ちつつも、現実に阻まれる今日このごろ。

この本はこの3人のために書かれた本である。

勉強しているけれど、なかなか稼ぎにつながらなくて、焦っている人。

貯金しようか、使おうか、迷っている人。

もっと稼げるようになりたい人。

ファーストクラス」代を最初に本にまわす人が乗り続けることができるものである。

出会いにお金を使うより勉強代にお金を使おう。

稼げない人は定休と比べ、稼げる人は生涯所得と比較して考えるものである。

高いかどうかは、生涯所得と比較して考えるものである。

もらえるものだったら高い方と言う人は、お金持ちにはなれない。

値段より自分にとっての価値で決めるべきである。

金運があるかどうかは、勉強代が安いと感じるかどうかである。

見えない原価に気づくべきである。

違いがわかると、お金が入る。

「お値打ちの違いに」気づくべきである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

無料が好きな人は金運が下がる。

無料に飛びつかない事は大切なことである。

それが「ファーストクラス」に近づくことである。

むやみに会員証作るべきではない、それは知らないうちに個人情報を打っているからである。

明日までにの依頼を受ける人が稼ぐものである。

明日までの仕事をどんどん受けて成長しよう。

仕事量=収入ではない、頑張っている事に酔わない事は大切である。

それが「ファーストクラス」になる秘訣である。

お金をもらうよりも、仕事をもらう人が最終的にはお金が入ってくるものである。

お金より仕事をもらうことを心がけよう、「ファーストクラス」になるために。

やりたくない仕事で佐賀つくものである、みんながやりたくない仕事を本気でやることが大切である。

それも「ファーストクラス」になるためである。

うまくいったときにハシャガないことが大切である。

やってみようとやってみたの差は大きいものである。

商売とは、相手の財布にお金を入れるゲームである、自分の財布に入れたらそれはオウンゴールであり、それが「ファーストクラス」の考え方である。

借金をしてでも仲間の利益を優先すべきである。

自立とは自分が食べていけるだけでは足りない、大切な人を守れるのが自立である。

次がなければ負けの覚悟を持とう。

自分の要素の多いものを投資と言うべきである。

ファーストクラスを夢見て、皆様に感謝し、明日も笑顔で頑張ろう。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?







にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ファーストクラスに乗る人のお金

ファーストクラスに乗る人の人間関係

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

ホテルで朝食を食べる人はうまくいく。
スポンサーサイト

人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!

人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!

もし20歳前の自分に会えたら言ってやりたい55のこと

著者 千田琢哉

読書2


嫌いなことで努力すると、寿命が縮む。没頭できることを仕事にしたら、人生は勝ち。あなたが没頭できることを仕事にしたら、人はそれを”努力”と呼ぶ。多くの人たちは死に際に後悔する。「こんなことなら、もっと自分の好きなことをやっておけばよかった……」。もし二十歳前の自分に会えたら言ってやりたい55のこと。


新たな知識を求めてこの本と出逢う。

お金ではない、あなたを夢中にさせる何かを追い求めることが、人生の醍醐味なんだ。

お金を気にすることができないほど夢中になれるものがあったら、人が幸せになると思う。

確率は度外視して、自分が熱中できることであれば結果的に確立を押し上げるものだ。

大切な事は確率ではなく自分が熱中してるかどうかである。

夢中になってプロレベルの力を早くつけたものが、稼げない仕事で勝ち残っていける!

プロになるためには夢中になることが必要であるということである。

本当に夢中になれる仕事って、単なる憧れとは次元が違うものだ!

この世の中にそんな人生送ってる人は何人いるだろうか?

それは20歳前の自分子供の頃の自分を思い返してみれば見えてくる。

本当に自分が熱中したいものは何かと言うものは、子供の頃わかると言うものである。

喜怒哀楽を感じながら自分自身と会話すれば、夢中にいかれることが見えてくる。

結論は1つ夢中になることである。

決意するのも、覚悟をするのも、実力をつけるのも、すべて1人の時だからできる。

家庭を背負っていたら決断が鈍ってしまう。

1人だからこそ自由に時間を使えるし、好きなことに没頭できる。

1人になることを恐れる必要は無い。

運動神経や手先の器用さ美的感覚など、持って生まれた才能が生かせる道を探れ!

苦手意識や食わず嫌いなど、見向きもしなかった分野に隠れた才能を呼び覚ませ!

自分にどのような才能があるかは自分自身はわかってないものである。

ハンディを背負って一流選手の、強さの理由、隠された工夫を見つけ出せ!

一流の真似事をすることが一流につながる近道である。

夢中になるエネルギーさえあれば乗り越えられる。

だからこそ「夢中」になることが大切なのである。

この世で最も不幸なのは、嫌いなことで成功してしまうことだ。

下手に成功してしまったがために、軌道修正することができない、それよりも「夢中」になることの方が大切である。

好きな事なら苦労を苦労と感じない、努力を努力と感じない、勉強勉強と思わない。

それはやはり「夢中」になってるからである。

高く飛躍するには、いったん身をかがめて力をためなければならない。

「夢中」になれば爆発するものである。

仕事が面白いと時間を忘れて没頭できる子、クオリティーも上がる好循環で収入も増える。

その原動力が、「夢中」である。

入ってきたお金をどう使うか、使わない日が、その先の人生の分岐点になる。

お金を生かすことが大切である。

このようにいろんな言葉に出会いいろいろな考え方に出会えることができるのが、「読書」である。

そして、その「読書」に「夢中」になることが人生の醍醐味かもしれない。

日々皆様の応援に感謝をして、私は読書という時間を設けることができる。

感謝を胸に!

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


出世の教科書

自分を変える睡眠のルール

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

もし君が、そのことについて悩んでいるのなら

ギリギリまで動けない 君の背中を押す言葉

継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88

私たちの人生の目的は終わりなき成長である。

超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか?

君の眠れる才能を呼び覚ます50の習慣

稼ぐ男の身のまわり

『特別な人』と出逢うために

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?

人生の勝負は、朝で決まる。

仕事は好かれた分だけ、お金になる

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本