FC2ブログ

ホワイトラビット 著者 伊坂幸太郎

ホワイトラビット
著者 伊坂幸太郎


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
普段は怖いが新妻の前では甘えん坊?
誘拐グループに入った?
意味がわかりません、しかし、それが伊坂幸太郎氏の物語です。
私達には、わからない世界があります。
それが、当然ですよね。
知らない世界があらからこそ、人生は楽しいのです。
人質事件伊坂幸太郎氏はどのように描くのか?
序盤は話が見えて来ず意味がわからない。
ここから、どー展開していくのか楽しみである。
読み続けても、イマイチわからない内容。
これが伊坂幸太郎氏の良いところかもしれないが、イマイチ物語が入って来ない。
最後に胸が踊るような展開になれば嬉しいが。
ようやく刑事の登場。
どんなキャラなのか?
どんな展開を持ってくれるのか?
楽しみである。
何故、自分の妻が誘拐されたのか?
何故、自分が選ばれたのか?
疑問は止まらない。
でも、自分の妻を取り戻すためにミッションをこなさなければならない。
人質に入った家は素人か?
その筋の人か?
鬼気迫る展開。
本当に悪いのは誰だ、と疑問に思う小説。
犯人と警察の駆け引きが始まります。
そこにテレビ中継も、加わります。
そして、人質にとった家族は誰?
本当の家族なのか?
わからない、わからない展開。
だからこそ、飲み込まれていく物語に。
この物語に。
何故、自分が人質の身代わりに?
しかし、何か関係はあるはず。
警察はそう睨んでる。
しかし、心当たりがない。
本当に?
本当はどーなの?
そう考えさせてくれる物語が此処にはある。
間違いなく、この物語にはあった。
いよいよ、主犯格げ登場。
しかし、心のない主犯格である。
自分の都合だけで、犯罪に他人を巻き込むのだから。
犯人にも事情があることが、薄々わかり始めた。
さぁここで、警察はどう対応するのか?
人質の交換にどう対応するのか?
この物語の見所になるでしょう。
人質にとられていた筈の男は父親ではなく、単なる空き巣だった。
運が悪くその場に居合わせただけとのことだが、真実は?
そう疑いたくなる物語、それが伊坂幸太郎氏の物語。
暴力は、リンクしている。
星座の情報が詳しくでてくるが、これがどう関係してくるのであろうか?
人質交換で名指しされた男は何か臭う。
一般人ではない匂いがするのである。
言葉言葉より、滲み出ている。
ここで物語の趣旨、内容が変わる。
この物語はどこにたどり着くのか、そして、最後にどう結びつくのか、ドキドキ感が生まれます。
どーしてもこだわる星座。
そこにどんな意味があるのか?
そして、食べ物を投げるからこそ安全とは?
さぁたどり着けるかな?
この辺で話が急展開。
騙されているフリして騙す。
どんな展開になるでしょうか?
誘拐をして真実を隠す。
それがこの物語の醍醐味。
そして、伊坂幸太郎氏の物語。
急展開の切り返し。
少し、驚きです。
この物語の急展開さに。
でもでも、これが楽しいのです。
まさにどんでん返し、驚きの展開です。
このスピードある物語の展開についてこれてますか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

ホワイトラビット

新品価格
¥1,512から
(2017/10/28 18:08時点)




楽しさを追求したら、こういう小説になりました。最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです! 仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく――。「白兎事件」の全貌を知ることができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで没頭度MAX! あの泥棒も登場します。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Nのために  著者 湊かなえ 

Nのために 

著者 湊かなえ 

読書2


超高層マンションの一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。
現場に居合わせたのは20代の4人の男女。
それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。著者初の純愛ミステリー。

誰もがあこがれるような生活してる夫婦。

その夫婦に何が?なぜこうなったのか?

疑問とスリルで始まる。

いい生活送ってるから幸せとはかぎらない。

そこにあるのは男と女である。

たとえお金があろうとなかろうと。

そこにあるのは男と女である。

男と女の争いは、裏切りでもあり、暴力でもある。

愛しき人を守るためにどのような選択をするか?

との様に守り通すのか?

そして真実は如何に。

自分のためにしか使え誰のために才能を生かすかである。文学的 な小説になっている。

意外な感想いただきながら前に進もう。

人は 本音と建て前で生きている。

嘘と真実は紙一重。

それを見抜くのが大変である それが人間である。

我々人間は 何を目指して生きているのだ?

何のために生きているのだろうか?

本当の狙いはなんなのか?

隠された真実はなんなのか?

我々は求める。

それが人間だからである。

nのために。

誰かのために頑張る。

素敵なことである。

人間誰しも自分が一番可愛い生き物である。

誰かのためにと思うことは素晴らしい、誰もがそんな相手に出会えるわけではない。

そんな出会いのきせきをもとめて 人は生きていく。

どのような人間に出会い、どのような人間を愛するのか、どのような愛で証言するのか、そして 表現するのか?

愛とは何か?

nのために。

nとは誰か?

読者の想像によって変わる。

読者の受け取り方によって変わる。

Nのために (双葉文庫)

新品価格
¥680から
(2015/9/2 20:04時点)





Nのために [ 湊かなえ ]

価格:680円
(2015/9/2 20:05時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本