FC2ブログ

リノベーション投資入門 東京1Rマンションオーナー必読! 著者 寺内直哉

リノベーション投資入門
東京1Rマンションオーナー必読!
著者 寺内直哉


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これは、リズム株式会社、アセットソリューション事業部部長の寺内氏が書かれた本である。
あなたの物件の稼ぐ力を10%アップする方法を教えます、このような言葉を聞くと非常に興味を持ってしまいます。
それは1K投資マンションを持ってる人乗ってあれば、仕方がないことではないでしょうか?
不動産投資の特徴は、純粋な儲けを純資産として積み上げていく事ができるということです。
純資産を積み上げるサイクルは、物件の実質的な耐用年数分繰り返すことができるのです。
レバレッジの活用は、不動産投資を成功させる鍵の1つです。
このことに気づいているかどうかであなたの資産運用は変わってくるのではないでしょうか?
物件の稼ぐ力において、その物件のエリアが重要なポイントとなります。
東京ワンルームマンションは、地方の物件より、面積あたりの家賃が高いと言われています。
面積あたりの家賃の高さは、賞味の収益性の高さにつながってくるのです。
私たちはそのことに気づいているのでしょうか?
また私たちはそのことで稼ぐことができるのでしょうか?
賃貸需給ギャップを根拠として、東京の空室率は低く見積もることが可能です。
だから東京は魅力的な土地なのです。
東京では、将来にわたって新築物件の供給がされにくい状況にあります。
だからこそ東京へのマンション投資は止まらないのです。
東京とその周辺の人口集積は世界屈指であり、今後も一定の賃貸事業を見込めると言われています。
だからこそ東京は魅力的な土地と言われているのです。
物件の運営費は、一般的にその物件の面積が広いほどかさんでしまいます。
物件の運営費は、経年によって増加する傾向にある事実があります。
不動産投資において、家賃に占める運営費の比率は低ければ低いほど有利になるのです。
東京ワンルームは、表面利回りと実質利回りの差が小さいのが特徴です。
それでも東京は魅力的な土地となります。
家賃相場が高く、物件によって家賃の幅が大きい東京は、家賃アップをしやすい土地なのです。
だからこそ東京は魅力的な土地なのです。
リノベーションは、潜在総収入を高めることができるが運営費は増加させないことが可能です。
東京23区の賃貸経営の安全性は高いが、リスクへの備えは必要であることは認識しなければなりません。
それでも東京は魅力的な土地となります。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

紹介
安定性抜群の東京ワンルームマンションこそ、リノベーションを行う価値がある!

ここ数年の不動産投資ブームでマンションやアパートを購入したサラリーマンは多い。
「不動産は買ってしまえば、ほったらかしでも毎月家賃が入ってくる」とよく言われるが、現実はそれほど甘くない。
人口減少に加え、物件の老朽化による空室リスクによって、投資の前提が崩れる可能性は大いにある。
本書は、物件の「稼ぐ力」をアップさせる手段としてリノベーションを推奨するもの。
リノベーションとは、既存の物件に大規模な改修を施して、設備や間取りの変更を行うことである。
投資物件として安定性のある東京ワンルームマンションこそ、リノベーションを施す合理性を、豊富なデータをもとにロジカルに解説した初の書籍。
すでに物件を購入している人はもちろん、これから物件購入を検討している人にも役立つ内容が満載!

紹介
安定性抜群の東京ワンルームマンションこそ、リノベーションを行う価値がある!

ここ数年の不動産投資ブームでマンションやアパートを購入したサラリーマンは多い。
「不動産は買ってしまえば、ほったらかしでも毎月家賃が入ってくる」とよく言われるが、現実はそれほど甘くない。
人口減少に加え、物件の老朽化による空室リスクによって、投資の前提が崩れる可能性は大いにある。
本書は、物件の「稼ぐ力」をアップさせる手段としてリノベーションを推奨するもの。
リノベーションとは、既存の物件に大規模な改修を施して、設備や間取りの変更を行うことである。
投資物件として安定性のある東京ワンルームマンションこそ、リノベーションを施す合理性を、豊富なデータをもとにロジカルに解説した初の書籍。
すでに物件を購入している人はもちろん、これから物件購入を検討している人にも役立つ内容が満載!

リノベーション投資入門 東京1Rマンションオーナー必読! [ 寺内直哉 ]

価格:1,620円
(2018/4/28 20:16時点)
感想(0件)






にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

貯蓄なし経験なし 度胸なしの あなたにもできる 都内築浅ワンルームマンション投資 著者 小松圭太

貯蓄なし経験なし
度胸なしの
あなたにもできる
都内築浅ワンルームマンション投資
著者 小松圭太


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
ワンルームマンションを持っている者としては、とても気になる題名の本に出会うことになります。
そして、しかも東京都内であると言うことで、同じ境遇の人たちがどのくらいいるのかも気になります。
不動産投資は儲からないと言う人もいれば、不動産投資は儲かると言う人もいます。
ただ大きな話をすると、昔から戦争、争いの元は土地の争いである事は間違いありません。
日本も、中国や、韓国や、北朝鮮と海をめぐって土地を争っています。
土地を持つ者が有利に立てる、不動産を持つ者が有利に立てる、マンションはどうなのか、早速勉強していきましょう。
不動産投資をなぜするのか、それは老後の生活費用が足りないと思われるからです。
年金をあてにできない時代に突入しています、だからこそ不動産投資をしてでも、稼がなければならないと感じています。
不動産投資でもなくても良いのではないかと言う声も上がります、当然株式投資や、他の仕事で、他の副業で稼ぐことができればそれでも良いでしょう。
では、なぜ不動産投資をしていくのかを考えなければなりません。
それは、不動産投資だと融資がつく可能性が高いからです。
例えば株式投資であれば融資しているところや、融資してくれる事はほとんどないと思われます。
中には融資をしてもらう強者もいるかもしれませんが、私たちのようなサラリーマン上がりではおそらく融資はしてもらえないと思われます。
だからこそ融資をしてもらえる不動産投資に走る人々が多いのです。
そしてマンション投資をする上で新築なのか中古なのか、ここにポイントが詰まっています。
新築はプレミアム価格がついており高くなっていると言われています。
中古だとそのプレミアム価格が取り外されている分安くなってると言われています。
しかし中古にもリスクはあると言われています。
それは水回りの修繕等です。
どちらが得になるかは経験をつまなければわかりません。
その経験を積むために、チャレンジしなければ経験を積むことができません。
だからこそ体験することが大切だと言われています。
そしてこの本を書かれた人は、株式会社クレドと言う会社で、会社経営されています。
興味のある方はこの株式会社クレドを訪ねてみてはいかがでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

サラリーマンが退職した後の心配事のうち、52.6%は生活費が足りなくなることです。退職後の生活費は夫婦二人で約8794万円も必要と言われていますが、貯蓄額が1000万円に満たない40代サラリーマンも少なくありません。
老後の資金を確保しているのは、たったの28%だけで、投資をしている人はほとんどいないのが現状です。
これからの時代、年金がいつまで支払われるのかも不安です。なんらかの投資をして収入を補填し、老後の不安を解消しておきたいと考える方は少なくないはずです。
そんな将来に不安を抱えるサラリーマンには、都内築浅ワンルームへの投資は、流動性も高く、将来の資産形成向きです。
また物件、不動産会社、管理会社選びのコツなどにも触れ、再現性が高く、かなり実践的な不動産投資法を解説しています。

貯蓄なし 経験なし 度胸なしのあなたにもできる 都内築浅ワンルームマンション投資

新品価格
¥1,512から
(2018/4/26 06:17時点)




貯蓄なし 経験なし 度胸なしのあなたにもできる都内築浅ワンルームマンション投資 [ 小松圭太 ]

価格:1,512円
(2018/4/26 06:18時点)
感想(0件)






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

劇場 著者 又吉直樹

劇場
著者 又吉直樹


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
いろいろな人生を知る事は、ビジネスにおいても不動産投資においても大切なことだと私は思います。
ビジネスは、結局は人と人とのやりとりです。
だからこそ、他人の気持ちを知る必要がありますし、他人の考え方を知る必要があります。
結局、そこにあるのは人と人のやり方、考え方だからです。
今回の又吉先生の物語は、いかにも又吉先生の物語らしい物語となっております。
演劇を題材とした、若い男と女の物語となります。
東京と言う大都会で、苦しみながら夢を追いかける男女の2人、そこには夢を追いかける物語と、男と女の恋愛物語、そして男の身勝手な考え方を知ることができます。
まるで大宰治先生のような色の物語ではないでしょうか?
男の心の弱さ、考え方の弱さ、小心者の心情をうまく描かれているのではないかと思います。
前回の、火花も同じように夢を追いかけて東京でがんばる若者の物語だった記憶があります。
今回も同じように東京でがんばる若者の夢、苦しみを追いかけているような気がします。
そこには共感があり、同感があると感じることができます。
人間、東京に憧れている以上1度は夢を追いかけたことがあるのではないでしょうか?
そして誰もがその夢に敗れて、現実的な社会、現実的な生活に妥協していくのではないでしょうか?
いかに夢を追いかけることができるのか、いかに夢を追いかけ続けることができるのか、そしてその夢をいかに支え続けることができるのだろうか?
そこに2人の将来はあるのであろうか、そこに2人の将来は描かれているのであろうか?
この葛藤は物語を読んでいるととても切なくなってきます。
しかしこの葛藤を知って同感できる人、共感できる人がこの世の中に増えていけば、他人を思いやる気持ちを持った人間が増えていくのではないでしょうか?
そういう目線でこの小説を読んでみたら、いろいろな方に読んで欲しい小説となるのではないかと私は思います。
今の世の中自分のことしか考えてない人が多いですし、自分さえよければいいという考え方が増えてきていますし、そしてそーゆー人が成功している現実もあるのです。
しかしそういうの世の中が是正されるのであれば、それは応援すべきではないでしょうか?
私たちは笑顔のある生活を求めています、私たちは関心のある生活を求めています、私たちは、私たちこの未来に…。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

芥川賞作家・山下澄人が、又吉直樹の新作『劇場』を読む

二年前の春、ぼくが書いた『コルバトントリ』という小説を飴屋法水さんが芝居にした。ある日の終演後、小柄な男の人が話しかけて来た。男の人は小声で「又吉です」といった。又吉直樹さんだった。もちろん何年も前からテレビでぼくは又吉さんを見ていた。それでも名乗られるまでその男の人が又吉さんだとぼくは気がつかなかった。又吉さんが『火花』を発表する少し前のことだった。

今年の春、二作目が発表された。タイトルは『劇場』。演劇の界隈が題材にされていた。見てもらった劇が書かれているわけじゃない。

人のすることのほとんどは説明なんかできない。しかし「こたえない」を世の中は許さないから、仕方なしに外に流通する「物語」を使って説明らしきことをしようとする。もちろんそれでは何も語れない。語れてないことが語りながらわかるから、わかってもらえない、誤解されている、という呪いの孤独へ首までつかる。

又吉さんは小説で、「理解されないかもしれない」という呪いのかかるその外へはみ出ようとする。そのうえで真正面からその「理解されない」を丁寧に語る。

はじまってすぐの、通りがかった画廊で主人公永田が沙希と出会う場面。たまたまそこにいただけの沙希を『この人なら、自分のことを理解してくれるのではないかと思った。』と永田はいきなり話しかける。話しかけた言葉だけ書き出す。

「靴、同じやな」

「えっ」

「靴、同じやな」

「違いますよ」

「同じやで」

そしてもう一度、今度はやさしく

「同じやで」

ここだけこう抜き出せば永田は気持ちの悪い男でしかない。事実永田は気持ちが悪い。又吉さんは「永田はなぜにこうも気持ちが悪いのか」は書かない。気持ちの悪い永田を気持ちの悪いままその状態の細部だけを書く。丁寧にそれを書く。この世での時間が長くなると、自意識でどうにもこうにも身動きが取れず気持ちの悪いものでしかなかった「かつて」をなかったことにしてたいがいはツッコミにまわる。世間の側につく。その方が通りがいい。又吉さんの小説で出てくる人は違う。ボケとしてそこにいる。理解されないであろう、気持ちの悪い、ボケのままでいる。

これでええんや、と読みながら思う。

「ええかどうかわからんけど」

と永田は笑いもせずにいう。

「こうしかできひん」

と残念そうに小声でいう。

評者:山下 澄人

(週刊文春 2017.06.08号掲載)

劇場

新品価格
¥1,404から
(2018/4/25 07:02時点)




劇場 [ 又吉 直樹 ]

価格:1,404円
(2018/4/25 07:02時点)
感想(14件)






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

裏切りのホワイトカード池袋ウェストゲートパーク 著者 石田衣良

裏切りのホワイトカード池袋ウェストゲートパーク
著者 石田衣良

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
一世風靡をしている池袋ウェストゲートパーク、この物語もだいぶ歴史が積み重ねられてきた。
物語の始まりは、どうやら子供への虐待の話がメインとなるような感じではある。
今の世の中子供の虐待がなくならない、それはなぜだろうか?
おそらく経済的に厳しいからであろうと想定します。
経済的に余裕があれば子供虐待する事は無いと思われます。
しかし経済的に余裕のある家でもやはり子供の扱いには問題があるのかもしれません。
そこにはやっぱり精神的余裕があるのかどうかがポイントとなってくるのではないでしょうか?
そういった目線からでもこの小説を楽しむことができますが、何よりもやはり純粋に物語を楽しむと言うことが心のリフレッシュになるのではないでしょうか?
最近の世の中は精神的に追い詰められている世の中になっています。
だからこそいかにリフレッシュをしながら、いかにリセットしながら生きていくのかが大切かもしれません。
そういう意味では読書をすると言う事はとても大切なことだと思います。
現在の読書からいかに一線を置いて違う世界に入り込むとかできるのか、そしていかにその空想物語にのめり込むことができるのか、良い小説に巡り会えるのか楽しみであります。
池袋を中心としたこの物語は、池袋知らない人でも楽しむことができます。
そして池袋知ってる人はもっと楽しむことができるのかもしれません。
やはり東京と言う場所、そして池袋と言う場所においては魅力的な要素があるのかもしれません。
地方が悪いわけではありません、人が集まるところに魅力が集まるのは仕方が無いことだと私は思います。
そこに実際に住む人もいれば、そこに憧れを持つ人思い出は、田舎からそこの世界を眺める人もいます。
どの道を選ぶがその人次第なのです。
自分自身がが得いく物語、自分自身がなっていく人生、そして自分自身なりのリフレッシュの仕方を追求しなければなりません。
そして読書の中で1つの考え方を参考にする事は非常に良いことだと思います。
一世風靡したこの物語、しかし今も生き続けているこの物語、誰かが共感して支えていることに間違いはありません。
これから続くどれだけ続くのか興味深いものです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
「池袋ウエストゲートパークにはこの20年間のニッポンの問題が、すべて詰め込んである」――石田衣良

池袋のトラブルシューター、マコトのもとにはあらゆる難題が持ち込まれる。でたらめの虐待疑惑をネットに書き込まれて炎上した宅配ドライバー。母親が悪い男とドラッグにはまった女子中学生。根拠のない情報が溢れるオカルト・サイト。ATMの不正操作による大規模詐欺。収録の4編はどれも現実の事件を彷彿とさせるものばかり。

どんな事件も飄々と解決するのに母親には頭が上がらないマコトと、Gボーイズを率いて池袋の裏側を取り仕切るクールなタカシ。絶妙のコンビが活躍する人気シリーズ第13弾。

「今」の空気が体感できる1冊です。

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII

新品価格
¥1,620から
(2018/1/14 06:47時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

ゼロからの挑戦知識ゼロ・業界未経験の私が奇跡の「マンション管理システム」を築いた逆転の発想

ゼロからの挑戦
知識ゼロ・業界未経験の私が奇跡の「マンション管理システム」を築いた逆転の発想
著者 松原清植

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
最近私は不動産投資に興味があります。
だからこそ不動産投資の本に興味があります。
そちら関係の本ばかり読み始めました。
今から始めても遅いかもしれません。
しかし今から始めてもまだ間に合うかもしれません。
未来がどうなるかわからないと言うところが私の中ではあります。
しかし不動産番難しいとは思います。
なぜなら人口が減っていくからです。
人口が減っていけば、おのずと土地の価格は下がっていくと思います。
私も同じ考え方ですが、1つ違うところがあります。
それは落ちるところは落ちるが落ちるところは限られている、むしろ落ちないところが限られているのかもしれませんという考え方を持っています。
それはどこかといいますと東京です。
やはりなんだかんだ言っても東京に人は集まります。
そして東京価格は下がらないと思います。
ただ間違えあってはいけません。
私も同じ考え方ですが、1つ違うところがあります。
東京選ぶと同時に、管理の仕方も大切なことです。
マンション管理は住民のものなのです。
管理外車に任せておけば安心と言うことを信じてはいけません。
自分自身がそこをを勉強して学ばなければなりません。
そして騙されないことをに気をつけなければなりません。
企業の利益の餌食になるのか、自分自身で勉強してがんばって自分自身の利益につなげるのかそれは、自分自身なのかもしれません。
しかしそれは状況によって変わってくると思います。
仕事をしている人にはなかなか難しい話だと私は思います。
むしろお金を払って管理してもらってる方がよっぽど楽かもしれません。
ただそこに利益が出るか出ないかが関係してくるということも存在すると思います。
よって自分が置かれている立場というの学ぶ必要があると思います。
そうやって考えますと、結局人間は死ぬまで勉強しなければなりませんという結論にたどり着きます。
そのためにはやはり本を読むことが大切だと言うことを言われてるのかもしれません。
私自身もやはり本を読み続けることが大切だと思っていますし、その努力をしていきたいと思っております。
人生は難しいものです、成功を知っている人はいないのです。
なぜなら未来がわからないからです。
だからこそ自分自身の力で未来を切り開かなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

経験もなし、知識もなし! だからこそ、変えられることがある。とある経営者の終わらない挑戦。

「今支払っている管理費の額を言えますか?」
「修繕積立費の使途を知っていますか?」
「マンション管理の総会に出たことがありますか?」

最大の罪は「無関心」にある! ?
奇跡の「マンション管理中間マージンゼロ」を実現した著者がマンション在住者に警鐘を鳴らす。
新感覚のストーリー型マンション管理ノウハウ書。

ゼロからの挑戦 知識ゼロ・業界未経験の私が奇跡の「マンション管理システム」を築いた逆転の発想

新品価格
¥1,296から
(2017/12/17 07:47時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本