FC2ブログ

自衛官が退官10年前に読むお金の本不動産投資で資産を築く 著者 浜タケル

自衛官が退官10年前に読むお金の本不動産投資で資産を築く
著者 浜タケル


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これは、元自衛官不動産投資について書いた本である。
これから先、年金だけで生きていくのは難しい時代になってくると思われます、それは民間企業でもあり、公務員も同じだと思われます。
だからこそ自衛官ですら定年後を考えなければいけない時代に生きていると言うことです。
その中でも経験者は、まだ経験してない後輩に教えることができますし、それを目的として書かれたのがこの本です。
年金だけでは足りないため、自分で何かをしなければなりません、それが不動産投資なのか、株式投資なのか、投資信託なのか、それを選ぶのは自分自身なのです。
そして今回に関しては不動産投資に照準を絞った説明が書かれています。
例えばインカムゲインとは何か?
キャピタルゲインでは何か?
利回りとは何か?
キャッシュフローとは何か?
レバレッジとは何か?
フルローンとは何か?
サブリースとは何か?
減価償却とは何か?
確定申告とは何か?
等々です。
そしてやはりどの本にも書かれていますが、東京で投資をするのか、地方で投資をするのかがポイントとなってくるということです。
さらには区分マンションなのか、一党マンションなのか、どちらに投資をするのか大切なことになっています。
この件に関してはこの本に限らずどの本にも書かれていますので間違いないと言うことがわかるでしょう。
つまり自分で本を読むのか、他人に教えてもらうかは別にして、いろいろな情報集めて自分で選択をしなければなりません。
それの努力が必要です。
全く努力なくして、投資で成功することはないでしょう。
せめて読む努力はしましょう。
これは不動産投資に限らず、何の投資をするに至っても普通のことだと思われます。
さらにはマンションに投資した方が良いのかアパートに投資した方が良いのか、選択肢はまだまだあります。
コンクリートが良いのか、木造住宅が良いのか、この選択もあります。
よって大切なことが自分自身に合った投資方法を見つけなければならないと言うことです。
それは不動産投資においてもですし、他の投資においても同じことだと言われます。
どちらを選ぶのかは自分自身次第です。
すぐにキャッシュフローが欲しければ中古の不動産投資をすべきですし、手間ひまかけたくなければ新築マンションと言うのも1つの手だと思われます。よって自分自身が何を求めているかも大切なことと言うことを学ばなければなりません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

定年まであと何年? 自衛官だから知っておきたい、家族を守る資産防衛術。

朝鮮半島、中国、ロシアと日本の近海で緊張感が増している。そのことによって近年、自衛官の地位や信頼度というものがクローズアップされてきた。
しかし、その一方で自衛官の退官は早く、一般的な公務員が60歳から65歳へ延長されることが決まっているのに、定年は54歳だ。
もっとも重要な職務を担っている自衛官がこのような扱いになっているのは不思議であるが、それは他国のように軍隊として位置づけられているわけではないからであろう。

退官後の自衛官の末路はなかなか厳しいものがあるのだ。

本書は、今後ますます厳しくなるであろう、自衛官に向けてつくられた「お金」の本である。ただし、自衛官の数は24万人とも言われ、かなりの大所帯。しかも、自衛官専門雑誌があるくらいだ。
職業としては安定している反面、退官後の「お金」については多くの自衛官が気にしていることでもある。

自衛官が退官10年前に読むお金の本──不動産投資で資産を築く

新品価格
¥1,490から
(2018/5/10 19:46時点)






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

業界初!たった14門解けばわかる!不動産投資家育成ドリル 著者 根本伸之

業界初!たった14門解けばわかる!不動産投資家育成ドリル
著者 根本伸之

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
将来に不安を持ってる人が多いけど、その将来を楽しみたいそんな矛盾があります。
さらには年金に信用がおけない状況であるこの日本で私たちはどのような老後過ごしていくのでしょうか?
不動産投資を通じて自分の人生を変えようと思う、そんな考え方を持っている人たちはたくさんいると思います。
その中の1人が私でもあります。
そのために不動産投資の勉強しなければなりません。
まずは物件の資料を読み取る力をつけなければなりません。
結局はいい物件に巡り会えるかどうかが不動産投資において大切なことだと思われます。
そして良い物件を読み取ったら側から適正な家賃を推測する必要があります。
当然高い家賃には人がつかないですし、安い家賃では儲けが出ません。
この辺までは、パソコンを使って、インターネットで情報集めることができるのではないでしょうか?
情報過多の時代です、情報集めるのも大切ですけど情報を見極める力も大切です。
そして資金繰りの勉強も大切です。
どのようなローンを組んでどのようなローンの返済をするのかこれも1つのポイントとなってくるでしょう。
フルローンを組むのか、はたまた頭金を入れてローンの額を少なくするのかそれはその人次第かもしれません。
しかしいかにレバレッジを聞かせて投資をするのかそしていかに、借金を返していくのかこれも大切なことです。
不動産投資で失敗しないためにも、運営コストを自分自身で見積もらければなりません。
年間どのくらいの運営コストがかかるのかを大家として把握をして、経営しなければなりません。
大家さんは、1人の経営者となります。
どのように経営していくのかを自分自身で把握しなければなりません。
そのためにキャッシュフローの計算と投資分析が必要です。
さらには減価償却と税金を理解しなければなりません。
特に減価償却に関しては、経営者にとってとても大切なことです。
そこには発生しない費用で控除額発生するからです。
資産を見える化して、資産のバランスシートを作らなければなりません。
資産のバランスシートを自分自身で作り、黒字経営を目指さなければなりません。
何のために不動産経営をしているのかを考えなければなりません。
幸せな人生を求めて、幸せな時間を求めて今できる事は何かを考えて私たちは生きていくのでしょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

本書では、「失敗しない不動産投資をするために理解しておかなければいけないこと」と、不動産投資のシミュレーションの方法と自分の資産の未来を予測する「自分バランスシート」について、小学校時代に勉強した“ドリル形式”でわかりやすく学習できる。

根本/伸之
1965年4月生まれ。横浜市出身。青山学院大学卒。株式会社ニモプランニング代表取締役。一般社団法人不動産投資家育成協会認定講師。楽待コラムニスト。株式会社野村総合研究所に約24年間勤務し、製造業やサービス業界をクライアントにシステム開発やコンサルティングを経験。独立起業による生活不安を払拭するために、サラリーマンを続けながら不動産投資家を兼ねるようになる。2012年から約5年間での不動産への総投資額は7億円を超え、安定的なキャッシュフローを得て、2017年春サラリーマンを早期退職

業界初!たった14問解けばわかる!不動産投資家育成ドリル

新品価格
¥1,728から
(2018/2/17 13:00時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本