FC2ブログ

金利が上がらない時代の『金利』の教科書

金利が上がらない時代の『金利』の教科書

著者 小口幸伸

読書2

■これまでのセオリーが通用しない世界に入った!

2016年の年明け早々、日本列島に衝撃が走りました。
日銀による「マイナス金利」の発表です。

「金利がマイナス」とはいったいどういうことでしょうか?

これまでもずっと低金利の時代が続いてきましたが
ここにきて金利はマイナスになりました。

「利息がマイナス」というのは
従来の感覚からすると変な感じがします。

でも、じつは世界の4分の1の国が
すでにマイナス金利を導入しているという事実は
あまり知られていないかもしれません。

いま、金融・経済をめぐる世界は劇的に変わりつつあります。

本書はそんな「これまでのセオリーが通用しない時代」の
「金利」の基礎知識をまとめました。

こんな時代だからこそ押さえておきたい
「金利」の基本から国際通貨の最前線まで!

40年間、投資マーケットの長期トレンドを睨んできた
元シティバンク、伝説の為替ディーラーが
マイナス金利時代の「金利」をやさしく解説します。




■目次

第1章 マイナス金利の衝撃
第2章 金利の世界の基本事項を押さえておく
第3章 金融市場の構造はどうなっているか
第4章 マイナス金利が生み出す課題
第5章 低金利が意味する時代的要素
第6章 マイナス金利時代の個人投資家の基本的心構え

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

アメリカではドナルドトランプ氏が大統領になる、日銀はマイナス金利を始めると先行きが見えない時代に突入した。

そんな時代だからこそマイナス金利を学び、いかに自分に有利になるように判断して行動出来るかが大切である。

マイナス金利で当初は円安高局面に入ったが、ズレが生じ始める。

なぜ、何故そうなったのか?

①金利差の拡大が十分でないこと
②ドル側の問題
③安全通貨である円への需要

この3つが上げられる。

著者である小口幸伸氏は日銀の限界はマイナス0.5パーセントだと踏んでいる。

著者小口幸伸氏は真っ先に語りたかった事は、マイナス金利になったとしても個人の預金がマイナスになる事はないと言うことである。

ただし今のところはだと思うが。

これから先世の中がどのような方向に向かうか分からないが、今のところ預金金利もマイナスになるとは到底想定できないため、異常な事態だが慌てる事はないと言う見解である。

実際にマイナス金利は日本が初めてではなく世界の4分の1がマイナス金利を想定している、スエーデン然りデンマーク然りユーロ然りスイス然り。

始まったので第三次世界通貨戦争、この通貨戦争を勝ち抜くのはどこの国で誰になるのであろうか?

1日本人としては日本に勝利してもらいたいもんだが、どうなることやら。

気になるのはアメリカの動きである。

ドナルドトランプ氏の政策であり、アメリカの利上げである。

アメリカが政策金利を上げた瞬間に市場は動くであろうと思われる。

もしくはドナルドトランプ氏の大統領就任時に何を語るか?

既にアメリカのドナルドトランプ氏はTPPへの参加を取りやめると言う発言をしている。

これに関して日本の安倍総理大臣は何を考えてどのように捉えてたのであろうか?

そこで我々個人投資家は何を気をつけなければならないのか?

著者小口幸伸氏は語る。

高金利商品に用心せよということであるし、金利よりも為替リスクに注意すべきと警報を鳴らしている。

そしたら何に投資をすれば良いのか?

単純な商品に投資すべきと言うことであると、著者小口幸伸氏は語る。

例えば、債券為替預金等のリスク管理しやすい商品である。

投資信託やオプション等がついている商品は透明性が見えない。

そしてビットコインなどの商品もいいかもしれないしやはりゴールドも注目であると著者小口幸伸氏は語る。

このような知識をもとに私たち個人投資家は投資すべき商品を選ばなければならない。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

金利が上がらない時代の「金利」の教科書


スポンサーサイト

1ドル65円、日経平均9000円時代の到来

1ドル65円、日経平均9000円時代の到来
2020年までの大波乱を乗り越える投資戦略

著者 江守哲

読書2

トランプだろうが
ヒラリーだろうが
市場はとまらない

2020年、1ドル=65円時代到来! ?ドル指数はすでに円高ドル安に転換している! 来る円高時代に向けて、我々はどう立ち回るべきか!

このままいけば東京オリンピックが開催される2020年には為替レートは1ドル=65円まで円高が進んでいる。これは政治的駆け引きのみならず、データでみても、これからドル安が進む可能性は非常に高い。長期的なドル指数の推移は、7年ごとに大きなトレンド転換が見られる。
前回、ドル指数が大底を打ったのが2008年。そこからドル指数は上昇トレンドに移った。その7年目が2015年。ドル指数でみると、すでにドル安トレンドに転換している可能性が高い。
果たして、東京オリンピックに向けて1ドル=65円時代が到来するなか、これから4年後の日本経済、投資相場はどう動くのか。
本書では幅広い分野で活躍するエモリキャピタルマネジメントの江守哲氏が、2020年までのマーケット動向、世界経済の見通し、投資戦略について解説する。

著名アナリストの円安高予想はなぜ外れたのか
第1章 2020年 1ドル=65円になるこれだけの理由
第2章 日経平均価が9000円になるこれだけの理由
第3章 なぜ米国は過去最高値を更新し続けるのか
第4章 各国中央銀行の思惑と日銀の政策運営
第5章 金価格は2000ドルを目指す
第6章 原油価格は再び100ドルを目指す
第7章 「グローバルマクロ戦略」のすすめ
第8章 2020年に向けての投資戦略はこれだ!


新たな知識を求めてこの本と出逢う。

著者江守哲氏曰く、大局的な方向変換かあり、円高局面に入ったとの事だ。

しかもそれが最大5年は続くとの事だ。

アベノミクスの失敗の香りがする今このような話が大きく出てきてもおかしくない。

ただ失敗といっても勝ち組はこの中にいるのである。

世の中の大半が負け組かもしれないが、それでも勝ち組は存在している。

いかに勝ち組に仲間入りするかが大切であり、そのために必要な事は情報収集することであり、自分の頭で考えることである。

現在の為替のトレンドはどうなのか、これから先どうなるであろうか、そして自分が持つポジションはどうなのであろうかということなどを考える必要がある。

そんなこんなの中、アメリカではトランプ氏が選挙で勝利をして大統領になった。

当日は日経平均は大暴落なったが、翌日はすぐにV字回復となっている。

為替でも円高に触れたがすぐに円安戻っている。

さてさて、トランプ氏が勝利してどちらに転ぶか分からないが、著者江守哲氏はクリントン氏の勝利を予想していたのか、トランプ氏の勝利を予想していたのかわからない。

もしもクリントン氏の勝利を予想していたのであれば、こちらの本の真実味も変わってくるであろう。

現実に勝利したのはトランプ氏なのだから。

日本と言う国は、為替はこれから先どちらに動くのであろうかと思う。

円高を目指すのか、円安を目指すのか、まだまだ予断は許されない。

これから先もいかに情報を集め、そして情報の見極めを自分自身でして、そして自分で物事を考えて動く必要がある。

どれだけ経済が右に左に動くかが分からない状況になってきた。

その中でどのような判断をしてどのような行動するかはその人次第である。

著者江守哲氏は円高に向かうと予想している。

今が1番難しい時かもしれない。

円高に向かうと言うことも想定できるし、逆に円安に向かうと言うことも想定できる。

自分自身が苦しまないためにも、いや幸せになるためにも得する方に動く。

そしてその結果自分が幸せになり、日本が幸せになり、世界平和になってくれたらと願うが話が大きすぎる。

これからどちらに向かうであろうか、わからないが私たちは笑顔を追い続けなければならない。

そして笑顔のある社会を作って、バトンタッチしなければならない。

そのために必要な事は何か?

読書をする楽しさを色々な方に知って欲しい。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


1ドル65円、日経平均9000円時代の到来

新品価格
¥1,620から
(2016/11/19 22:02時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本