記憶屋II

記憶屋II

著者 織守きょうや

読書2


高校生の夏生は、記憶を消してくれる「記憶屋」を追う新聞記者・猪瀬に声を掛けられる。夏生と友人の特定の記憶が揃って消えた事件があり、記憶屋の関与を疑っているという。夏生は猪瀬と真相に迫るが……。

人は生きてきた人生を記憶という媒体にて思い出す。

記憶が人の人生の歴史を作ってきた。

記憶にも良い記憶と悪い記憶が当然、存在する。

そんな両方の記憶をもとに人は成長していく。

今回は記憶屋が記憶を消すという物語

人には悪い記憶を持ち続けることに限界があり、耐えれなくなることがある。

そんな中、悪い記憶を背負いたく無い記憶を消すことができたら、世の中はどんなに明るくなるだろう?

そんな疑問を、生じさせる。

物語、女子学生の周りの記憶が消えた。

その記憶は消したい記憶。

その消したい記憶はパン屋の男の猥褻?

を匂わせる記憶。

この話を聞いたら誰もが消したいと思うのは当然だと思うのでは無いか、と思う半分、このような小説が人気あるということはストレス社会の中社会環境がけっして良くない連想される。

高度成長期は誰もが明日がくるのを楽しみにしてたと聞く。

でも、今は・・・。

将来の老後の不安ばかり。

これが現実。

この現実の中に本当に記憶が消せるとする。

そしてどのような記憶を消したかどうか自分自身が覚えていない。

それは当然のことである。

しかし、私が消し去った記憶とは何であろうか?

そんな思いに駆られることがあるのではないか?

そうそんな時にあなただったらどうしますか?

消し去った記憶を思い出しますか?

それとも消し去った記憶をそのままにほっときますか?

この本の物語はどのような選択をするかという焦点も当てられている。

世の中とは実際に選択の連続である。

自分がどのような選択をするかによって自分自身の人生が変わってくる。

だから人生は面白いのかもしれない。

記憶を消すことも、記憶を消さないことも思いは1つである幸せな人生を送りたいただそれだけである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

記憶屋II (角川ホラー文庫)

中古価格
¥249から
(2016/6/25 21:49時点)


スポンサーサイト

ヒトラーの試写室 著者 松岡圭祐

ヒトラーの試写室
著者 松岡圭祐


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この物語は、私には合わない。
この小説を読んだ正直な感想である。
ちなみに、松岡圭祐氏の小説は私は好きである。
過去に彼の作品も、「ソウルで逢えたら」、「千里眼の教室」、「探偵の探偵II」、「探偵の探偵」、「万能鑑定士Qの謎解き」、「万能鑑定士Qの探偵譚」、「万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの叫び」、こんな本館を読んできた。
非常に面白い作品を書く、著者だと思う。
しかし人間は好き嫌いがあるものである、このヒトラーの試写室にはどうしても好きになれない物語であった。
この物語が悪いというわけでは無い。
逆にこの物語が好きな人も当然いることであろうと私は思う。
それこそが人と人の個性であると私は思う。
個性はたくさんあるべきだと思う。
この1つのエンターテイメントどのようにして広めるのか、どのようにして受け入れるのかは人それぞれである。
そこで当然、受け入れないと言う解釈も間違ってはないと私は思う。
ではこの作品を書いた松岡氏の物語が面白くないかと言えば、それはまた別の話である。
そして、ナチスドイツとの組み合わせがまた絶妙であることも間違いない。
ヒトラーと言う言葉だけで拒否感を示す人たちは多いのではないでしょうか?
ナチスドイツ、アドルフ・ヒトラーまさに拒否感を示す言葉かもしれません。
それはやはり、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を指導したことでも有名な独裁者であるからである。
ヒトラーは、1933年に大統領による使命を受けて、ドイツ国首相となった。
首相就任後に他政党や党の内外の政敵を弾圧し、そしてドイツ史上かつてないほどの権力を掌握した人物である。
ではこの物語がヒトラーに関係してくるかと言うとそこまで関係する物語ではないような気がする。
なぜ小説の題名がヒトラーの下質なのかが私には理解できなかった。
他の題名でも良いのではないかと私は思う。
この題名である必要性がないのではないかと疑問に思ってしまう。
インパクトが欲しかったのか、はたまたイメージを変えたかったのか、それは私には理解できない。
しかしそこに作者の色があり意図があるのかもしれない。
それはそれで受け止めるべきだと私は思う。
好き嫌いは人それぞれである、だからこそいろんな作品に出会うことができていろんな作品が生まれてくるのである。
次の作品に期待である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

戦下の日独映画界、衝撃と感動の物語!

1935年、20歳の柴田彰は活動写真の俳優を夢見るが、大工の父親は猛反対し勘当されてしまった。家を飛び出しオーディションを受けるが箸にも棒にもかからずあえなく挫折。だが、人手不足だった日独合作映画「新しき土」の特殊撮影助手の仕事にありつく。主任の円谷英二の情熱に触れるうち彰も仕事にのめり込み映画は見事に完成。ベルリンにも運ばれ、映画で人心の掌握と扇動を狙っていたナチス宣伝大臣ゲッベルスの心に刻み込まれる。日本は41年、ついに太平洋戦争に突入。軍部の要請から戦意高揚をねらった映画「ハワイ・マレー海戦」が製作されることになり彰も特殊撮影で参加。この作品もベルリンに運ばれ、丁度イギリスの権威を失墜させる為に映画「タイタニック」を製作したが、どうしてもクライマックスの沈没シーンが上手く撮影できないことを悩んでいたゲッベルスが目をつけ、彰がドイツに招聘されることになる。環境の違いから撮影は苦戦。日本に残した妻子を想う柴田だったが、ベルリンは戦火に……。意外すぎる歴史秘話に基づく、一気読みと感動必至の傑作エンタメ小説

書評家から熱い賛辞が続々!

「すでに八〇年近く昔の話とはいえ、ネット上に巧妙につくられたフェイクニュースが流布している現在、映像によるプロパガンダは古くて新しい問題だと言える。この物語が単なる歴史を題材にした小説に終わっていないのは、このテーマに今日性があるからだ。」
タカザワケンジ(書評家) (解説より)

「特撮の舞台裏を描くことで戦争の舞台裏を描く、その試みには明らかに「ポスト・トゥルース」に象徴される現代社会の潮流――信じたいものを信じるために、事実に目をつぶる――が反映されている。あるいは、先の大戦を語ることへの過剰な情熱、過剰なフォビア(恐怖症)が渦巻く日本の空気が、ありありと。この小説が二〇一七年の今書かれたことには、意味がある。」
吉田大助(ライター)(「本の旅人」2018年1月号より)

ヒトラーの試写室 (角川文庫)

新品価格
¥864から
(2018/5/29 23:18時点)








にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

逃亡刑事 著者 中山七里

逃亡刑事
著者 中山七里

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
この物語は題名通り警察の物語である。
警官が警官殺しをする、その目的は何か、犯人は誰かそして目撃者を保護するこれが大体主な物語の趣旨である。
そこに至るには現代社会の色が見えてくる。
それがこの物語の面白さであると私は思います。
特に大阪での某地区では、非常にリアリティーのある話であり、非常に興味をそそられるのではないでしょうか?
この地区を知ってる人もいれば、日本国内でこの地区のことを知らない人もいると思います。
この物語を通じて、このような地区がまだ日本に存在していると言うことを知っていただければ、この物語は世の中に役に立ったのかもしれません。
何を持って役に立ったのか、何を持って良書と言うのかは人それぞれ次第だと思います。
人は皆価値観が違うものです。
だからこそ人間は面白いのです。
しかしその価値観の違いから争いが生じるてくるのも事実です。
だから人間は難しい生き物なのです。
その難しい人生を楽しく生きるのは、小説と言う本になるかもしれません。
小説の中では現実は違う理想の世界が生まれるからです。
自分では体験できないこと、自分では体験したくないこと、自分には関係ないけど世の中に起こっていることなどを物語を通じて体験することができます。
それが小説の良いところだと私は思います。
だからこそ人間は本を読むべきだし、もっと知見を広げて、もっと広い心で世の中を見渡す必要があると私は思います。
しかし残念ながら日本はそういう国ではありません。
まだまだ知見を広げなければならないと私は思います。
そのためには、格差が必要なのかもしれません。
決して良いことではありません、格差はない方が良いのです、しかし現実問題として満足している人が多いのであれば仕方ないのかもしれません。
そしてそーゆー世の中を作り出そうとするために歪みが生じているのかもしれないということを、この物語から、そしてこの物語の警察署の中から読み取ることができるのかもしれません。
どのように受け止めたのか、どのように解釈したかはその人次第だと思います。
自分の解釈、自分の考え、自分の価値観と言うのを信じて生きていく、それも大切なことだと私は思います。
世の中に答えはありません。
だからこそ自分で答えを見つけに歩き続けなければなりません。
答えを見つけることができるのは死ぬ時かもしれません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

県警内部、全員敵!?
千葉県警の警察官が殺された。捜査にあたるのは、県警捜査一課で検挙率トップの班を率いる警部・高頭冴子。陰で〈アマゾネス〉と呼ばれる彼女は、事件の目撃者である八歳の少年・御堂猛から話を聞くことに。そこで猛が犯人だと示したのは、意外な人物だった……。
思わぬことから殺人事件の濡れ衣を着せられた冴子。自分の無実を証明できる猛を連れて逃げ続ける彼女に、逆転の目はあるのか!? 冴子は真犯人にどう立ち向かうのか? どんでん返しの帝王と呼ばれる著者が贈る、息をもつかせぬノンストップ・ミステリー

逃亡刑事

新品価格
¥1,836から
(2018/2/24 09:15時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

裏切りのホワイトカード池袋ウェストゲートパーク 著者 石田衣良

裏切りのホワイトカード池袋ウェストゲートパーク
著者 石田衣良

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
一世風靡をしている池袋ウェストゲートパーク、この物語もだいぶ歴史が積み重ねられてきた。
物語の始まりは、どうやら子供への虐待の話がメインとなるような感じではある。
今の世の中子供の虐待がなくならない、それはなぜだろうか?
おそらく経済的に厳しいからであろうと想定します。
経済的に余裕があれば子供虐待する事は無いと思われます。
しかし経済的に余裕のある家でもやはり子供の扱いには問題があるのかもしれません。
そこにはやっぱり精神的余裕があるのかどうかがポイントとなってくるのではないでしょうか?
そういった目線からでもこの小説を楽しむことができますが、何よりもやはり純粋に物語を楽しむと言うことが心のリフレッシュになるのではないでしょうか?
最近の世の中は精神的に追い詰められている世の中になっています。
だからこそいかにリフレッシュをしながら、いかにリセットしながら生きていくのかが大切かもしれません。
そういう意味では読書をすると言う事はとても大切なことだと思います。
現在の読書からいかに一線を置いて違う世界に入り込むとかできるのか、そしていかにその空想物語にのめり込むことができるのか、良い小説に巡り会えるのか楽しみであります。
池袋を中心としたこの物語は、池袋知らない人でも楽しむことができます。
そして池袋知ってる人はもっと楽しむことができるのかもしれません。
やはり東京と言う場所、そして池袋と言う場所においては魅力的な要素があるのかもしれません。
地方が悪いわけではありません、人が集まるところに魅力が集まるのは仕方が無いことだと私は思います。
そこに実際に住む人もいれば、そこに憧れを持つ人思い出は、田舎からそこの世界を眺める人もいます。
どの道を選ぶがその人次第なのです。
自分自身がが得いく物語、自分自身がなっていく人生、そして自分自身なりのリフレッシュの仕方を追求しなければなりません。
そして読書の中で1つの考え方を参考にする事は非常に良いことだと思います。
一世風靡したこの物語、しかし今も生き続けているこの物語、誰かが共感して支えていることに間違いはありません。
これから続くどれだけ続くのか興味深いものです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
「池袋ウエストゲートパークにはこの20年間のニッポンの問題が、すべて詰め込んである」――石田衣良

池袋のトラブルシューター、マコトのもとにはあらゆる難題が持ち込まれる。でたらめの虐待疑惑をネットに書き込まれて炎上した宅配ドライバー。母親が悪い男とドラッグにはまった女子中学生。根拠のない情報が溢れるオカルト・サイト。ATMの不正操作による大規模詐欺。収録の4編はどれも現実の事件を彷彿とさせるものばかり。

どんな事件も飄々と解決するのに母親には頭が上がらないマコトと、Gボーイズを率いて池袋の裏側を取り仕切るクールなタカシ。絶妙のコンビが活躍する人気シリーズ第13弾。

「今」の空気が体感できる1冊です。

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII

新品価格
¥1,620から
(2018/1/14 06:47時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

僕はロボットごしの君に恋をする

僕はロボットごしの君に恋をする
著者 山田悠介

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
ある成年が大惨事の火事の中、子供を救う。
その成年は防護服を着用してないのに・・・。
物語の始まりである。
人型ロボット、いずれくる時代に向けて、小説は先行していく。
間違いなく、人型ロボットは出回るだろう。
それが世の為、人の為になるといいが。
ロボットは、文句を言わない。
ロボットは、給料を欲しがらない。
これほど便利な事はない。
お金がある人たちにはだが。
時代進化する。
人型ロボットがいいことばかりするわけではない。
当然、悪いこともする。
どう、規制するのか?
それでも人手は足りない。
これからはそんな時代が来る、いや来なければならない。
私達には、ロボットなしに今の経済力をキープできないだろう。
つまり、時代は変わろうとしている。
その変わる時代についていくのは小説だけ?
小説だけではない。
あなた自身も私自身もついていくのです。
そんなロボットでも恋をする?
まさか、そんなはずは、と思いたくなる展開。
先が気になって仕方ない、これは小説に入り込めている証拠である。
精神的に良い状態なのかもしれない。
どーなのか、わたしにはわからない。
クライマックスは、想像通りの展開と言えば想像通りの展開だし、意外性があると言えば意外性のある展開であるとも言えるでしょう。
それはその人にとってどのような感覚で受け止めたかが大切であると思います。
しかしロボットの世界とはそういうものではないでしょうか?
それともこれからの時代ロボットと言うものは避けては通れないものになってくると思います。
ロボットなくして人類は成り立たない、そーゆー時代に突入してくると思います特に日本では、人手不足が表面化してきて、ロボットなしでは社会が成り立たなくなってきています。
私たち投資家の目線からすれば、このような物語が小説になって出てくると言う事は、やはりロボットの世界の投資と言うのは間違いないと言う確信が持つことができます。
私たち投資家の目線からすれば、このような物語が小説になって出てくると言う事は、やはりロボットの世界の投資と言うのは間違いないと言う確信が持つことができます。
さらに今ではAI関連株が注目を浴びていて、どこの企業に投資をするのか、そしてどのような社会を目指すのか、どのような経済世界を目指すのか注目が集まっています。
投資をしない人たちにも、ロボットがどれだけ素晴らしいものか、ロボットなしでは生きていけない経済になってきてしまったと言うことを理解してもらっなければなりません。
そういう意味では小説は1つのツールとして必要不可欠です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

ミリオンセラー作家、4年ぶりの長編小説。
半世紀後の東京、人型ロボットを使った極秘プロジェクトが進む中で、操作官の健は想いを寄せる咲を守れるのか? ラストに驚愕必至の感動大作!

2060年、三度目のオリンピック開催が迫る東京で、人型ロボットを使った国家的極秘プロジェクトが進んでいた。
プロジェクトメンバーの健は、幼なじみで同僚の陽一郎、そして彼の妹の咲に助けられながら奮闘する。
ところが、咲の勤務先にテロ予告が届き事態は急変した。
目的を達するために、はてしなく暴走する研究者の狂気。
はたして健は、テロを防ぎ、想いを寄せる咲を守れるのか?
そしてラストに待ち受ける衝動と、涙の結末は?
男の打った最後の一手が、開けてはいけない扉を開ける!

AKB48・横山由依さん 大絶賛!
読み始めると続きが気になり、
気づいたらあっという間に衝撃のラストでした。
愛する人の秘密を知ってしまった時
自分ならどうするのだろう。
一途な想いはたとえ言葉にできていなかったとしても美しいなと思いました!

プロモーションアニメPVを制作!
*特設サイトにてショートver.公開中! * 【アニメPV豪華製作陣】
アニメーション制作:A-1Pictures(代表作:「四月は君の嘘」「ソードアート・オンライン」)
キャラクターデザイン:loundraw(代表作:『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』)
テーマソング:THE SxPLAY (代表作:「君がいるから」(「FINAL FANTASY XIII」主題歌))
ロゴ・装丁デザイン:BALCOLONY.(代表作:「魔法少女まどか☆マギカ」「活激 刀剣乱舞」)

【アニメPV豪華声優陣】
・花澤香菜(はなざわ かな)さん(TVアニメ『シュタインズゲート』椎名まゆり 役、TVアニメ『化物語』千石撫子 役、劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』黒髪の乙女 役)

・入野自由(いりの みゆ)さん(劇場アニメ「聲の形」石田将也 役、TVアニメ「おそ松さん」トド松 役、舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」モーテル 役)

・木内秀信(きうち ひでのぶ)さん(「MONSTER」天馬賢三 役、「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」黒〈ヘイ〉 役、「テラフォーマーズ」小町小吉 役)

僕はロボットごしの君に恋をする

新品価格
¥1,080から
(2017/12/17 07:50時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

ページランキング

ブログパーツ

カテゴリ

フリーエリア

本

タグ

東京 新築 マンション スキル ローン ワンルームマンション 融資 プロ フルローン 米国 メリット TPP ルール 中古 問題 読む 窪美澄 天才 デメリット 企業 家賃 ファーストクラス 学び アパート 知恵 整理整頓 失敗 ドイツ 金融緩和 藤田勉 生活 貯蓄 負債 方法 不動産投資家 競争 経費 休息 為替 領収書 福島香織 ロスチャイルド 性善説 性悪説 カフェ 貧困 大切 友達 基本 内閣総理大臣 本田静六  管理 上念司 宗教 貧富 キーワード 信用 クレジットカード 樋口有介 埼玉 センス 伊坂幸太郎 自分 経営 新堂冬樹 原田陽平 内藤誼人 最強 エリート 村上尚己 趣味 上杉謙信 常識 暴力 効果 テーマ 貯まる キャッシュフロー 値段 感謝 木暮太一 恋愛物語 利益 情報 人を動かす 減価償却 習慣 リーダーシップ 人口 控除 財形貯蓄 中村文則  浅暮三文 旅行 丸山晴美 ミラクル ユダヤ人 矢吹紘子  給与明細 角田和将 実業家 ネットバンキング 長期株式投資 宮大元 渡辺いっぺい 勝地涼 桟見れいな 矢嶋智彦 板谷夕夏 溝端淳平 脱税 期間工 パート 芦田愛菜 朝井リョウ 国富 アメリカFBI科捜研 法則 坂下仁 田丸雅智 兵庫県警 上甲宣之 小山竜央 船瀬俊介 不審 変死体 資格 朝シャワー 楽天 ネットオークション ヤフオク 平賀正彦 血管 カリスマ性 加野厚志 小口幸伸 山㟢一也 骨董品 信長 吸収 根来秀行 教えない 休日 助けない 出世 関わらない 池本克之 栗林篤 過疎化 有栖川有栖 某国のイージス 債券 アベノミスク 96% ロバートキヨサキ 髙田晋一 柳井正 ロバートアレン 伊藤雅俊 ご飯 足立眞一 山口真由 坪田聡 レイ・クロック 稼ぐ人 松村武宏 井上真花  堀井塚 浅野里沙子 1000万円 マーク・ザッカーバーグ ビルゲイツ 仕事術 北岡秀紀 蓄える オンライン セールスパーソン 行動 売れる 継続的 唐鎌大輔 特性 88 杉浦和也 預金の金利 貨幣価値 貪欲 心配 300万円 貿易黒字 小泉純一郎 和田芳治 細川護熙 ユーロ 吉原毅 価値尺度 貯蔵 東京支社 元総理大臣 前野達志 投資入門 大相場 はる 平成 結果 ウクライナ 残業 孫正義 確定 風水 公的年金 ビル・ゲイツ 通帳 掛越直樹 ギリギリ 円安政策 量的緩和 ドル建て 動けない  ファーストフード   背中 原発ゼロ ノーコスト 朝吹真理子 インタービジョン21 竹中 小泉 郵政民営化 新しい人生 新しい社会 山崎元 インデックスファンド 外国株式 新しい未来 失われた20年 井堀利宏 蓮見清一 拠出 顰蹙 出る杭は打たれる 、会社四季報オンライン 築地俊彦 東大 外資系企業 商品 家庭 村中豊 新宿 山口敏太郎 豊臣秀頼 天草四郎 松尾芭蕉 吉田英樹 エコ 原発反対 小売お宝株 坂本彰 1億円 円高 一週間 帝王 アキバ 現金 一色さゆり オタク 食費 伊達友美 祇場駿矢 篠原美季 サイフ クオリティー 桜井亜美 「男の強さ」が身につく92の言葉 今泉正顕 ダンス・ウィズ・ドラゴン 重森健太 パフォーマンスアップツール 走れば脳は強くなる 個人年金 ETF 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜 蒼井紬希 あやかし恋古書店 手取り20万円台でもガマンしないで100万円貯める! REIT ランニング ウォーキング ベネチア マスカレード・イブ 小屋洋一 年収1000万円でも破産します 30歳サラリーマンは 1分間時間術 石井貴士 貧乏生活 時代の幕開け 国債破綻 堀古英司 リスクテイカーリスクを取らないリスク はじめての人のたちの3000円投資生活 小説家 ラム・チャラン 金融市場を操られる絶望国家・日本 これからの経営は「南」から学べ 宮田直彦 本谷有希子 日本株スーパーサイクル投資 「踏み絵」迫る米国「逆切れ」する韓国 鈴置高史 わけありの方 歓迎します サムスン 渡邉哲也 売国経済 ぬるい毒 岡崎琢磨 「役に立たない」と思う本こそ買え 森田正光 竹田恒泰 笑えるほどたちが悪い韓国の話 植物図鑑 日本経済の呪縛 HAJI 石堂一徹 珈琲店タレーランの事件簿3 北沢秋 翔る合戦屋 KOUICHI いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまう 国民年金 コスプレ ふがいない僕は空を見た 真田幸光 その金庫番のユダヤ資本 弱肉強食 世界の富の99%を動かす英国王室 リアリティー よるのふくらみ Nのために 先生 スリル 裏切り 文学的 付加価値 大量消費 偶然屋 洗脳 不満 ごとうしのぶ 喋りすぎる絵画の麗人 社畜 死ぬまでお金に困らない財布を30代で手に入れる方法 稲葉充 大量生産 3万人が富を築いたお金をふやす教科書 参考サイト 中島健一 自殺志願 野島伸司 尾崎式史 グロース株 株で1億円!このエントリーチャンスを狙い撃て‼︎ エントリー すべての愛がゆるされる島 杉井光 世界同時超暴落 アナリストからの警告 チャイナリスク 中国食品工場のブラックホール アパルトヘイト 伊東秀廣 大底からのサバイバル投資術 決断 神様 ベーシックインカム 2017暴走するマネー 低所得者 ロンドン EU離脱 恐慌化する世界 大竹愼一 悪魔 夜の桃 創造 破壊 ダリア 宇佐見秋伸 Aランクの仕事術 広島テレビ放送 バラク・フセイン・オバマ ヒロシマ 広島 中田永一 短編集 安倍晋三 ドナルドトランプ フランス 臼井由妃 竹森俊平 イタリア 深志美由紀 松永久秀 足利義輝 まんがでみるボトムアップ理論 畑喜美夫 ボトムアップ ベクトル ミッション 勇気 ポール・クルーグマン 雨木秀介 室町 アーサー・ラッファー ニュート・ギングリッチ ジョージ・パパンドレウ 大村友貴美 原田武夫 参議院 板垣英憲 衆議院 中村一 糸井俊博 株式会社 折口良乃 亀田潤一郎 岡崎慎司 ハングリー精神 イングランド 読者 片山恭一 本郷陽二 インドネシア 牧山圭男 白洲次郎 中丸薫 添田子萩 セルジオ越後 プリンシプル 木村友祐 バリ島 成田空港 ウブド 姫野カオルコ 長生き ビジョン 喜多川泰 名言 ソフトバンク 世界の名言100 サンフレッチェ広島 やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 サンフレッチェ広島のサッカー育成メソッド 不景気 2017長谷川慶太郎の大局を読む 鶴野充茂 お金が貯まる人が捨てた37のこと 世界のエリートはなぜ次々とチャンスをつかむのか? 夕凪 スタバ株は1月に買え! ロイ・W・ロングストリート トレーダーの発想術 水野学 月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門 センスは知識からはじまる 大塚製薬 日野征 浅井輝智郎 本をめぐる物語 アサヒビーを再生させた男 高杉良 小説・樋口廣太郎 最強の経営者 ダ・ヴィンチ編集部 MONSTERZ 渡辺雄介 植頭隆道 ニュースで伝えられない日本の真相 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ ヘッジファンド 資産防衛 3億円つかってわかった資産のつくり方 鬼頭宏昌 ライフトラベラー 人生の旅人 中尾ゆうすけ 上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣 ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方 八重野統摩 犯罪者書館アレクサンドリア 死ぬまでお金に困る人 中嶋よしふみ 一生お金に困らない人 マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。 キレイなお札から使いなさい! 計画感染 大原省吾 貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円稼げる手法 堀口博行 節約 小山田浩子  江守哲 100の言葉 1分間決算書 木村俊治 その後のふたり 小嶋正樹 藤原久敏 呪い殺しの村 言葉を「武器」にする技術ローマの賢者キケローが教え 高橋健太郎 中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分 山下けい 世界が食いつくす日本経済なぜ東芝はアメリカに嵌めら 東芝 儲かりたいならパート社員を武器にしなさい おトクな制度をやってみた 山口朋子 群馬 前橋 川越 あなたの隣にいる孤独   プライベートカンパニー 今すぐプライベートカンパニーを作りなさい!サラリー 曽根圭介 忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法 黒い波紋 暴落を買え!年収300万円から始める資本家入門 D・カーネギー TODOリスト すごい効率化 ストーリ 古処誠二 佐藤智恵 妄想 和僑 楡周平 北川賢一 チェンジ 畑野知美 宿野かほる レス・ギブリン 泉正人 鎌田實 生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活するシンギ 人材不足 モバイルボヘミアン 本田直之 スマートフォン 金川顕教 最小の時間と労力で最大限の成果を出すための14日間 四角大輔 朝のコーヒー、夜のビールが良い仕事をつくる 副収入が毎月10万円稼げるしくみまだやってなかった? 小林雄樹 ダニエル・コーエン 経済成長という呪い 馬渕知子 ガーデン 坂本慎太郎 世界最大の機関投資家 小幡績 ポートフォリオ 2025年の世界予測 小林弘幸 起源 ベストフレンズ 永嶋恵美 熊谷亮 日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこ 明日ドカンと上がる株の見つけ方 中卒、借金300万でも年収1億円 福岡県出身 ゆっくり健康法 自律神経を整える H・M・エンツェンスベルガー 睡眠満足度があなたの年収を変える お金の悪魔フェおばさんの経済学レクチャー 今井きよし 2014ー2015 日本経済逆転のシナリオ 山本恵一 「オトナの恋」は罪ですか? 熱帯安楽椅子 山田詠美 加藤出 日銀、「出口」なし! 亀山早苗 本田晃一 免疫力を、上げる一生モノの「食べ物・食べ方」 藤原和博 毎月10分のチェックで、1000万増やす!庶民のためのズ 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 ふくだたみこ 西岡郁夫 SEOに効く!Webサイトの文章作成術 吊ら男 シェイクスピア プロのディーラー 朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術 ロバート・H・フランク 成功する人は偶然を味方にする運と成功の経済学  一流マネジャーの仕事の哲学 松本幸夫 伊能美和子 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 自分を成長させる最強の学び方 株で勝つ!相場格言400 田中愛子 監視 スノーデン日本への警告 1分間読むだけで、仕事の疲れが取れる本心はこまめに 体はその場でラクにする 村上世彰 生涯投資家 エドワード・スノーデン フェイスブック 荻原浩 トップクラス 取締役 星野リゾート 2022年 不労収入 東京都内 国債価格 増税 ロックフェラー エネルギー 東京五倫 リズム株式会社 投資マンション 築古マンション スキルアップ 約束 物件 利子規 費用対効果 公務員 オーナー 契約 福利厚生費 マスク 風邪 大富豪 朝食 無能 サブリース 自衛官 事業 報道 セミナー 海外 政府 相続税 正社員 ハワイ キャピタルゲイン インカムゲイン キャッシュレス 減価償却費 不動産会社 防衛省 宅地建物取引士 効率 便利 コンビニ バブル崩壊 せどり 認識 アパート投資 ニーズ 個性 ターゲット 田舎 都市 武田信玄 今川義元 宮下奈都 宇佐美まこと 近野貴行 寺尾恵介 別居 吉野源三郎 ビートたけし 茂木俊輔 池井戸潤 松原清植 多喜祐介 曽我ゆみこ ソニー 愛人 子供 別冊宝島編集部 誘拐 又吉直樹 伊藤元重 梶本修身 伊藤元重が警告する日本の未来 スタイル 小食 中東 テロ 革命 西野亮廣 神林長平 価格 渡正行 林秀行 建物 空想 楽しみ 全国 池袋 富裕 ワンルームマンション投資 小早川秀秋 明智光秀 個人事業主 事実 ワンルーム投資 ミッキー 田路カズヤ 正しい ロボット 実体験 方法論 批判 進化 久賀谷亮 自動化 業務 改革 働き方 瞑想 しっかり稼ぐ割安株入門ガイド 朝倉真弓 イニシエーション ラブ  日記 もうひとつの物語 市川拓司 乾くるみ 大人 幸田真音 資産を考えたと時に読むべき本 ガラ 地球 一冊 恋愛寫眞 起こす  うたえる きみの 久世浩司 一流になる人 根拠なき自信 佐藤泰志 超一流の謝り方 101の方法 ジョン・ゴードン 奇跡を起こす ぬるま湯 謝罪 能率 世界最強 池田里香子 非常識な休日 スイートルーム 敬意 悪玉菌 伝統 人生を決める 結果を出す人がやっている 稼げる タクスズキ 副業ブログ 検索 50の逆転の時間術 善玉菌 スッキリ 独学 実践投資法 日経会社情報 石川温 パソコン活用術 堀哲也 信用残高 辨野義己  レモン+アーモンド 寿命 白鳥早奈英 なぜ 金利の魔法 米山公啓 頭の回転 3分 今村暁 長坂嘉昭 1日 チョコレート ロマン マネジメント術 林あつむ 家計 貯まる生活 昭和 大家 出光佐三 孤独 殺人倶楽部 思考法 安月給 槙孝子 工夫 森村誠一 雑談クラブ 変える アインシュタイン 精油 アロマテラピー 佐々木薫 虚ろな十字架 ダイイング・アイ ズボラな人 毎日 荻野善之 コツ 一生懸命 質がよくなる100 500円玉 すごい方法 知っている 1% だけ お金運用術 市居愛 強く生きる 松岡修造 増田剛己 完璧 悲しい物語 ニュース カッコウの卵は誰のもの 悪い報告 結論 トランプノミクス トライ 生涯所得 ステージ 夢中 クラウドガール 姉妹 信じる トランプ後の世界秩序激変する軍事・外交・経済 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する 川上弘美 石平 川上高司・石澤靖治 スーツ 白い結婚 中島京子 黒い結婚 木暮桂子 ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる 赤いゾンビ、青いゾンビ東京日記5 宮内悠介 最強の武器 株式 大岩俊之 戸塚隆将 メモ 福原裕一 投資生活 今日のハチミツ、あしたの私 安生正 あとは野となれ大和撫子 Tの衝撃 ハチミツ 寺地はるな 木原音瀬 深沢潮 島田雅彦 お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣 カタストロフ・マニア バーチャル あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない! 深野康彦 桑原晃弥 血流 池谷敏郎 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法 「血管を鍛える」と超健康になる! 今野清志 たった1分目がよくなって心も体も超スッキリ! 安藤俊介 叱り方の教科書 トランプ大統領 一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生 大統領 森美樹 瀧羽麻子 神さまたちのいた街で 早見和真 ファイアースターター捜査一課殺人班イルマ 結城充孝 アレックス・スジョン よい休息 シリコンバレー式 石田悟司 一流になる男 アフリエイト実践教室 矢野朋義 月3万円稼ぐ 元手ゼロから始める 邱海涛 知識ゼロ 密本花桜 2014-2015世界のマネーは米国に向かう キャピタル 加藤秀行 チョイス 2014年日経平均9000円割れ相場が始まる! 家と庭 現地からの緊急警告、いま中国で起きている大破局の真 永野良佑 MEMORY 本多孝好 貧乏人が激怒するブラック日本の真実 その他大勢から抜け出し、超一流になるために知ってお メール 伝わらない 東大卒ポーカー確率 2050年衝撃の未来予想 プロが絶対買わない金融商品 木原直哉 王者が教える勝つための確率思考 絶対 認知症 姥捨て山繁盛記 学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論 税金恐怖政治が資産家層を追い詰める  コンセプト どうすれば、売れるのか?世界一かんたんな『売れるコ 戸田智弘 本当にお金が増える投資信託は、この10本です。 徳川家康 永松茂久 豊臣秀吉 創業者 篠田尚子 リクルート社 匂い 芦田川 今井絵美子 理想郷 秘密基地 太田俊明 福山 トランプ後の世界 血縁  木村太郎 日本、アメリカ、そして世界2017 第2幕最新情勢 ふくらはぎ