FC2ブログ

幸せとお金の経済学 ロバート・H・フランク

幸せとお金の経済学
著者 ロバート・H・フランク

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
結論から言うと、この本は無駄遣いをしないと言うこと、そして身の丈に合ったお金の使い方をすると言うことで幸せを感じると言うことです。
少々悲しい気持ちになりますが、そういうことを書かれている本です。
驚くのは、アメリカがそういう国になり始めたと言うことでしょうか?
アメリカ自信をなくしてきたのでしょうか?
だからこそお金を稼ぐことではなく、身の丈に合った生活をしていくという考え方が流行り始めているのかもしれません。
あのアメリカ側ですよ。
時代が変わろうとしているのかもしれません。
貧富の格差が広がっているのかもしれません。
しかし人間は生きていかなければなりません。
何が大切なのかを考え直さなければなりません。
幸せとは何か、お金の幸せとは何かテーマはたくさんあります。
それに向かってどのように考えてどのような行動起こすのかが大切になってきます。
悲しいことに私たち人間は同じ答えを選んでしまうし、同じことを繰り返してしまいます。
中間所得層が減り続けています。
日本の話ではありません、アメリカの話です。日本と同じでアメリカも中間層が減ってきているのです。
だから景気が良くならないのです。
わかってはいるけど変わらないのが今の世の中です。
通勤時間を有意義な時間として捉える人は何人ぐらいいるのでしょうか?
通勤時間よりも家の大きさにこだわる人が多いのです。
その中で格差から1人抜け出し、生き残る知恵というのが必要になってくるのです。
小さなパフォーマンスの差が極端に大きな報酬の差で移ってくる時代なのです。
技術革新がさらに1人勝ち状態を見出していきます。
そこに投資をするのか、そこに関わるのかはあなた次第となっていきます。
自由競争が大リーガーの年俸を釣り上げたのです。
それと同じように自由競争が価格を上げていくのです。
なぜか大学卒業者の格差も生じてきているようです。
なぜか歯科医の世界でも格差が生まれてきてるんです。
同じ文系でも差が生じているのです。
格差が広がることで上昇する贅沢の基準が変わりつつあるのです。
格差が広がっていっているのです。
そこについていくかついて行かないかはあなた次第になってきているのです。
愚かな人間の成功を公共政策で矯正できるのか疑問に思われます。
庶民から見た富裕層の意味不明な浪費、それが実は投資になっているのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

◆あなたの消費行動を変え、幸福度を上げるお金の新概念
「お金では買えない価値がある」という言葉には納得するものの、
やはりお金が欲しい、できれば贅沢な暮らしがしたい、というのが人情です。
これは決して恥ずべき感情ではなく、動物としてのヒトのDNAに刻み込まれた
ホットシステムというべきごく自然な欲求です。

しかし格差が開いた社会、中でも中間所得層においては、
本書ではこうした欲求が不幸をもたらす可能性があると警鐘を鳴らし、
次のようなお金の新概念を提唱します。

・地位財=他人との比較優位によってはじめて価値の生まれるもの。幸福の持続性[低]
(例:所得、社会的地位、教育費、車や家などの物的財)
・非地位財=他人が何を持っているかどうかとは関係なく、
 それ自体に価値があり喜びを得ることができるもの。幸福の持続性[高]
(例:休暇、愛情、健康、自由、自主性、社会への帰属意識、良質な環境など)

今まで経済学ではほとんどテーマとされなかった
この「地位財」「非地位財」という概念は、
あなたを不要な競争的消費から解放し、幸福度を上げる力があります。


◆他人と比較したとき、あなたは中流から下流へ落ちていく
本書の原題は『Falling Behind : How Rising Inequality Harms the Middle Class』。
日本語で仮題をつけるとすると「遅れをとらないように生きる中間所得層
――どのように不平等が中間所得層を害してきたのか」となります。
なかなか収入が増えない時代に生きる我々は、
このタイトルの意図を理解することなく、
幸せを手に入れることはできないのかもしれません。

◆目次
監訳者まえがき――金森重樹

Ⅰ 収入が増えない時代の幸せとお金の研究序説
幸福にのしかかる経済的圧力の正体 *序文――2013年版
無駄な消費に駆り立てる見えない因子 *序文――2007年版

Ⅱ 「普通の生活」でもどんどんお金が減っていく理由
第1章 なぜ私たちは同じ答えを選んでしまうのか?
第2章 所得の変化が映すいびつな世界
第3章 幸福の研究が明らかにしたもの
第4章 幸不幸を左右する見えざる手

Ⅲ 地位財・非地位財でわかる幸せのコスパ
第5章 私たちは身の丈以上にお金を使っているのかもしれない
第6章 ヒトをマウンティングに向かわせるホットシステム
第7章 ダーウィンの仮説で見る地位財? 非地位財?

Ⅳ 「平均以下」が私たちを幸せにする?
第8章 より過酷になり、脱落しつづける中間所得層
第9章 その正しい選択が、振り返ると愚行となる
第10章 格差から1人抜け出し、生き残る知恵

Ⅴ 今、問われている納税者としての金銭感覚
第11章 公共政策を意識すると、私たちの支出も変わる
第12章 生き残るカギは収入と支出のバランス

最後に、日本語版読者へ寄せて――ロバート・H・フランク

幸せとお金の経済学




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

自分を成長させる最強の学び方 感想 伊能美和子

自分を成長させる最強の学び方
著者 伊能美和子
新たな知識を求めてこの本と出逢う。
世界的主流となっている画期的な仕組みを活用して、日々成長することを願う。
時代が進むことにより、なくなってしまう職業はいつの時代もあるものです。その中でいかにも価値を、得ることができるのか、それを考えなければなりません。
何かを知ろうとする行動、つまり学びこそこれからの時代においてますます重要になってくると言うことを伝えられております。
それを習慣として継続するための仕掛けをご紹介している本です。
それが良いかどうかはまた別の話です。
ただこのやり方にを通して幸せを勝ち取る人もいれば、役に立たない人もいるでしょう。
それが人生と言うものなのです。
最終的には、『gacco』へのススメではありますが、有効活用するかどうかを見極める必要があります。
それはその人その人の立場や環境によって変わるのです。
自分の仕事を見極めて他人との交流をしながら、それを果たすことで平和な世の中を作り上げ、幸せな生活を送ることこそが学問の目的であると学問のすすめは述べていいですとの事でした。
学びとは何か?
学びとは自分のことを知る手段だということです。
世の中は広いものです。
自分の知ってることだけが全て正しいわけではありません。
自分の知らない世界に正しい答えが存在することもあるのです。
ただ人間は自分の知ってる事だけに逃げる弱い生き物なのです。
その弱さと向き合い、自分の適性を知り、自分がやりたいことを実現する、自己実現の手段足り得る物を学ばなければなりません。
これが本当の学力をつけると言うことなのです。
しかし日本でも学びたいのに学ぶことができないと言う言葉が現実味を帯びてきました。
それは格差社会です。
貧富の拡大が学ぶことへの影響が生じてきています。
優秀な人材が育つためには優秀な指導者がいることが条件ではなく、学ぶことができる場を作る事がポイントなのです。
その学ぶことができる場を、平等に作ることができるかどうかが今後の日本の課題なのかもしれません。
教育とは非常に難しい時代になってきてます。
その中で学ぶことの楽しさ、学ぶことの重要さを知ることができれば幸せなのかもしれません。
これからどうなるかは誰にもわかりません。
ただ学ぶことを続ける人、学び続ける人だけが成功する世の中になると思います。
そこに、日々関係する人々がいれば幸せなのかもしれません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

米国発! 最先端の学習法!

あなたは、勉強というものは学生がするものだと思っていませんか?
しかし、実際には社会に出てからのほうが、長期的・継続的な学習が必要になるのです。
世の中がどんどん進化(変化)している現在、そこに追いついていくためにも、人生を通した学びの必要性が増しています。

しかしそうは言っても、仕事を持ちながら“学ぶ"ということは言うほど簡単なことではありません。
社会人が学ぶには「学費を捻出できない」「時間がとれない」「仕事や家事、育児で疲れてしまっている」「学ぶ仲間がおらず孤独を感じる」等々の阻害要件があるからです。

本書では、社会人が様々な阻害要件を克服し、生涯を通じて学び続けていくための一つの画期的方法を提案しています。
それは、今、世界的潮流となっている、無料で学べるオンライン講座・MOOC(ムーク)の活用です。
そこでは、すでに30万人を超える人たちが学びを実践し人生を充実させています。

今大注目の日本版MOOCを立ち上げた伊能氏が、そのすべてを明かしました。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本