FC2ブログ

賃貸経営でお金を残す!不動産オーナーの儲かる節税 著者 渡邊浩滋

賃貸経営でお金を残す!不動産オーナーの儲かる節税
著者 渡邊浩滋

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
正しい節税知識があれば、
手残りが増える!
入居者が増える!
収益が改善する!
勝ち組不動産オーナーに必要な、「正しい」節税知識を身につけよう。
この時代を生き抜くためには、やらなければならないことがあります。
それが不動産オーナー節税の知識なのです。
賃貸経営において、税金が与える影響は大きいものです。
厳しい時代に、勝ち組と負け組が生まれるのは世の中の常です。
だからこそ、勝ち組になるために勉強しようではないでしょうか?
これから先、勝ち組と負け組の2極化が進んでいきます。
賃貸物件があふれている時代に自分が勝ち組になりたければ、選ばれる工夫をするしかありません。
節税をするにあたり誤解が世の中に生じてます。
お金が残らない節税では意味がありません。
節税には良い節税と悪い節税があります。
良い節税とは支出を伴わず、納税額を抑えることができるのを良い節税といいます。
不動産投資をするにあたり、1番注目しなければならないのが、減価償却です。
これは支出を伴わない節税だからです。
だからこそ1番注目して勉強しなければならないのです。
さらには修繕費で節税目的ます。
費用対効果の高いピンポイント投資をすることも1つの節税です。
宅配ボックスをつけること、
防犯カメラ、オートロックキーなどをつける、
テレビドアホンにする。
何のために投資をするのか、その投資が事業に結びつくのであれば立派な経費であり節税となります。
だからこそいろいろな情報集めて、いろいろな知識を得る必要があるのです。
そのために1番良いのが読者をすることなのです。
読誦することにより知識を増やし、いろいろな選択肢を持つことができます。
その中で自分に合ったやり方、自分に合った知識をいかに活かしていくかが大切なのです。
不動産投資で行けば保険も1つの節税となるのです。
しかし個人事業と、法人事業では話が変わってきます。
法人化した方がより節税にとっては良いことになります。
しかしそれが自分自身の事業に適しているのかどうかは判断しなければなりません。
自分の資産のポートフォリオを確認して、法人化した方が良いのかはたまた個人事業の方が良いのかを考えなければなりません。
法人化することで経費の枠が広がります。
生命保険料
社宅家賃
出張手当
退職金
などです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

人口減少社会に加えて、相続税の大増税により、賃貸物件は供給過多状態にあります。
不動産オーナーにとっては厳しい冬の時代。

そんな時代でオーナに必要なのは経営的視点と正しい節税の知識です。
本書は賃貸経営の現状から、各種税金の説明。
加えて、手残りを増やすため経費の使い方、減価償却のやり方、
バリューアップを図り節税につなげる修繕費の考え方、
法人化と相続税の節税方法など、賃貸経営のライフサイクルに合わせた節税の方法などを解説します。

賃貸経営でお金を残す! 不動産オーナーの儲かる節税

新品価格
¥1,728から
(2018/2/18 09:55時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本