FC2ブログ

人は思い出にのみ嫉妬する

人は思い出にのみ嫉妬する

著者 辻仁成

読書2


百万人に一人の「水アレルギー」を抱える女性・杉山栞。彼女は、恋人・戸田悠仁の心に不慮の交通事故で亡くなった周愛麗が生き続けていることに嫉妬する。「その人のいい思い出になることが出来れば、人は、永遠を生きることが出来る」と言い残して亡くなった元恋人の思い出と葛藤する栞。そして、彼女が最後に達した結論とは…。「愛の魔術師」辻仁成、珠玉の一冊。

辻/仁成
東京生まれ。1989年小説『ピアニシモ』ですばる文学賞、’97年『海峡の光』で芥川賞受賞。’99年『白仏』の仏翻訳語版『Le Bouddha blanc』で仏・フェミナ賞・外国小説賞を日本人として唯一受賞する。2009年ロックバンド「ZAMZA」のボーカリストとして全米デビューを果たす。ニューアルバム「月族」が2010年5月19日に発売。監督作品映画「ACACIA」が同6月12日より角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町他、全国順次ロードショー。フランス在住

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

辻仁成氏と言えばどうしても『サヨナライツカ』が思い出されてしまう。

思い出と恋愛を上手く噛み合わせ、生涯このような恋愛が出来たら素敵な事だと思わせる作品だった、小説の中だけの話でもだが。

そんな、著者辻仁成氏の作品で思い出と嫉妬が題名に入った作品である『人は思い出にのみ嫉妬する』である。

本な物語を読んでいると、イキナリどきっとする言葉が舞い込んできた、『思いでは時に素晴らしいものだが、ときには大変に厄介なものとなる。

逆に、思い出があるからこそ、私たちは人間なのだ、と自覚することができる。思い出こそが、人間の価値を定める基準になっている、ように思えてならない。

私が誰かと言うことよりも、私の中にある思い出こそが、私を像っていると言う方が正しい時もある。』という文章を見たとき、なんと哲学的なことを書かれるのだと思った。

著者辻仁成氏は思い出と言う人間的感情を追求しているのかもしれない。

さらにはこのような文章も心打たれる。

『人を好きになるのは、その人の思い出になりたいからよ。自分の魂を相手の心の中に預けると言う事は、つまり、率先して、思い出になる、ということでしょう。その人の良い思い出になることができれば、人は、永遠を生きることができる。たとえ早く死んだとしても。』

本当に心に残る言葉辻仁成氏は残してくれる。

確かに思い出に勝る美はない。

『人は人に嫉妬するのではない。思い出にのみ嫉妬する動物なのだ。』

思い出と向き合ったらこのような哲学にぶつかることができるの
であろうか?

そう思えてならないような文章である。

辻仁成氏は人間の何を見ているのであろうか?

そう思えてならない物語の小説である。

思い出から逃れるために中国に行き、そして中国と言う土地で新たな男と出会い現実から逃れる。

ただ、逃げたからといって現実から逃れることができないと言う真実に突き当たる。

思いではどこに行ってもつきまとうものであるし、思い出から逃れることはできない、だからこそ良い思い出を作らなければならないし、良い思い出と出会わなければならない。

著者の辻仁成氏はまるで思い出と言う哲学を語ってるようだ。

そう、1つの物語と、思い出と言う哲学をリンクさせていい思い出を作って欲しいと投げかけているように感じてしまう。

この本を読むことによって心が前向きになり良い思い出を作ろうと読むことができるのであれば、この本はこのように必要な本となるであろう。

そして、他人に進めることのできる本と言うことになるであろう。

思い出に苦しんでいる人や、良い思い出を作りたいと思ってる人にお勧めの本だと認識。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


人は思い出にのみ嫉妬する (光文社文庫)

中古価格
¥1から
(2016/12/14 18:56時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

愛のあとにくるもの
ぼくから遠く離れて
ダリア
サヨナライツカ



スポンサーサイト

愛のあとにくるもの

愛のあとにくるもの

著者 辻仁成

読書2


韓国No.1ベストセラー小説日本に上陸!

韓国ハンギョレ新聞で連載中から圧倒的人気を博し、2005年に韓国の出版社「Sodam&Taeil Publishing House」より出版され、現在、韓国ベストセラー記録更新中の2冊、日本版がついに刊行。韓国KBS、東亜日報、朝鮮日報など韓国マスコミで話題騒然。韓国人気ベストセラー女性作家と、日本の恋愛小説の名手による、日韓・夢のコラボレーション!

七日間の再会で、七年間の愛の断絶は取り戻せるのか?
黙々と走る人間の中に潜む、本当の強い意志。息をのむ、感動のラストシーン。東京とソウルを舞台に、男の視点を辻仁成が、女の視点を孔枝泳が描く、恋愛小説の傑作誕生!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

この物語は韓国ソウルから始まる物語である。

2006年3月15日第1刷発行ということから当時は韓流ブームだったのかもしれない。

昔は主婦層を中心に韓流ブームがすごいブームになっていた。

特に冬のソナタのペヨンジュン等はとんでもなく人気があり社会現象となっていた。

当時は日本から韓国への旅行が多く、韓国に行っても日本語が多く飛び交っていた。

特に韓国の中心街にある明洞などは、日本語で書かれた看板がたくさん飾ってあり、韓国に来た感じがなく日本人が多く歩いていたもんである。

今となっては遠い昔の話になってしまうが。

話は戻るが、この物語のスタートでいきなり胸に突き刺さる言葉が出てくる。

『あの人に会うんでしょ』

まるで波乱の幕開けのような物語のスタートである。

なぜあの時別れなければならなかったのか、そのような思いをした人たちも小説の中だけではなく実際にいるのではないかと思う。

想い出と生きる、想い出の中で生きるサマを著者辻仁成氏はうまく連想させてくれる。

その為、読んでいると胸が苦しくなってくる、自分の事ではないのだが、自分の事のように。

これは、筆名が佐々江光という名の、青木潤吾、仇名がユノと崔紅、仇名がベニという韓国女子の2人がメインとなる話である。

『あの日、崔紅は顔を 真っ赤にして、ごめんって一言謝ればいいじゃない、と抗議した。』

『あの日、崔紅は、走る時は何も考えなくていいんだもの、と呟いた。』

『あの日、崔紅は僕を見上げて、日本人じゃないといけませんか、と片言の日本語で言った。』

『あの日、僕が差し出す傘の中で崔紅は、ねぇ、変わらない愛って信じますか、と訊いてきた。』

圧巻のあの日の文章の羅列であった。

思い出にふける男の悩みが受け取れる。

そして後に流れる音楽としてベートーベンの悲愴が想定される。

これはこの小説の中に出てくるクラシック音楽であり、おそらく著者辻仁成氏のイメージが湧いたたのであろうと思われる。

途中途中、日本と韓国の国家間話も出てくるが、大切な事は想いを伝えると言うことではないだろうか?

孤独と言う時間、差別と言う思い、そして気持ちと気持ちのすれ違い。

人が人として生きていく上で、人が人と関わっていく上で逃れられないことかもしれない。

クライマックスはどのように受け止めるかはその人次第にはなってくるが、この小説を通して思いは言葉に伝えないと、いけないと言う事を受け取ることができると思う。

誤解と言う二文字で人生の後悔をしないために。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

愛のあとにくるもの (幻冬舎文庫)

新品価格
¥535から
(2016/12/3 15:32時点)




ぼくから遠く離れて

ダリア

サヨナライツカ

ぼくから遠く離れて

ぼくから遠く離れて

著者 辻仁成

読書2


その名前じゃ、女の子にはなれないでしょう?大学生の光一に次々に届く、Keyという謎の女性からのメッセージ。やがてKeyは、光一に名前を変え、女装することを強要しだす。「ぼくがぼくじゃないみたい」。鏡に映ったもうひとりの自分を愛し始めた光一。自ら選んだ性を生きる日本人たち。望んだ肉体と精神が手に入る驚きのラスト!

辻仁成
東京都生まれ。1989年「ピアニシモ」ですばる文学賞、97年「海峡の光」で芥川賞、99年『白仏』のフランス語翻訳版『ル・ブッダ・ブラン』で、仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。著書多数。詩人、ミュージシャン、映画監督としても活躍

ある日、1通のメールが届いた。

そこから物語が始まっていく。

どんな内容になるだろうか、ハラハラドキドキしながらもストーリーを追いかけていく。

送信者はKey言う人物である。

心当たりは無い、しかし相手は私のことを知っている。

少し怖い話の内容である。

だってこちらが知らないのにあちらは私のことを知っているのだから。

そしてつけられた名前はアンジュ。

天使と言う意味のアンジュであった。

これは大学生の男の子の話である。

その男の名前は安藤光一である。

主人公の大学生に隠れた秘密、隠された不安をあぶり出そうとしている。

それが女装と言う手段を使って、名付けて強制女装である。

しかしこの女装により主人公の心が揺れて行く。

認めたくはないが、心地よさを感じずにはいられない。

そんな状況である。

あくまでも認めたくはないが。

そこから精神のバランスが崩れていく。

アルバイトに持ってずに学校にもいかず部屋にこもってしまう。

なぜなら自分自身は今まで何のために生きてきたのかという疑問にぶち当たったためだ。

でもそれを人間として乗り越えるしか方法論は無い、生きていくために。

人は誰しも人生論と言う壁に当たってしまう。

その壁をどう乗り越えていくのか、そしてどのように乗り越えていくのが出人は成長してくのかもしれない。

自分がどちらの方向に進んでいいのかもわからずに、自分が何をしていいのかもわからずに、自分が何をしなければならないかもわからずに、自分が苦しんでいく。

とてつもなく苦しんでいる。

光のない闇の世界に入ったように。

この主人公がこのような状況に陥っていることに対して著者は何が言いたいのだろうかと私は思う。

おそらく人生に対して苦しんでることを恥じないで欲しいと言う事かもしれないし、他にも人生で苦しんでる人がたくさんいると言う事かもしれないし君は1人ではないと言う事いたのかもしれない。

心の支えとなるかもしれないこの本が。

そう思って著者である辻仁成は描いたのかもしれない。

ジェンダーの物語でもあるが、いろいろな思い出があるのかもしれないし、受け取り方によっては救いの本かもしれない。

ただ受け取る人によっては意味のわからない本かもしれない。

それはあくまでも読者があの問題である。

読者がどのように受け取るか、この小説を。

受け取り方次第では、どのような評価を下せる1冊だと感じた。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ぼくから遠く離れて (幻冬舎文庫)

新品価格
¥583から
(2016/10/23 18:47時点)




ダリア

サヨナライツカ

ダリア

ダリア

著者 辻仁成

読書2


その男が家にやってきた日から、妻のスープの味が濃くなった。野蛮さとまがまがしさを瞳に宿す、褐色の肌の青年ダリア。彼はすれ違いの一瞬で、平凡な人妻の心を奪い、冒涜の愉楽へと誘い出す。やがてその矛先は家族にも向かっていくが……。果たしてダリアとは何者か。美と悪徳が明滅する官能的な筆致から、もうひとつの現実世界への扉を開く衝撃作。作家生活20周年記念作品。

1つの家族の話であり、破壊創造テーマにした話と受け止めることができるが難しかった。

ダリアという悪魔が主婦と不倫。

目的は不倫?

このダリアの目的は?

主婦を先頭に段々、家族に侵入してくるダリア、官能的要素もあり家族のあり方を考えさせる一面もある。

ダリアがきてから、妻が美しくなった、息子が反抗しないなど。

本来は父親がしないといけないことをダリアを利用して家族の問題に向き合うと、捉える事もできることが楽しさを感じることができた。

全体的に難しい話であったが、家族が抱える闇の部分をダリアと言う悪魔の男に例えて再生を図る落としたのかもしれない。

新しいもの、良い物を創造しようとすると古いものを壊さなければならない。

破壊創造である。

どうやって破壊するか、自分自身で破壊できれば良いができない、だからダリアと言う悪魔を使って破壊を試みた。

1つの話を作る上で面白い話ではある。

ページ数も少ないため一気に読んでしまいることも1つの魅力かもしれない。

そして1番面白いところは、読む人によってどのような受け取り方もできるということである。

あなたはどのように受け止めましたか?



ダリア (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2016/9/3 17:19時点)



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

サヨナライツカ

サヨナライツカ

著者 辻仁成

読書2

“好青年”と呼ばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。そこから始まる激しく狂おしい性愛の日々。二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説


男性と女性、それは恋をする生き物。

たまに違う形もあるが。

しかし恋愛ということに関してはプロセスが大切になる。

どのようなストーリーで恋愛が成り立つのか、これを自分の人生、もしくは小説の中で体験する。

これが小説を読むひとつの醍醐味である。

東垣内豊と沓子の2人の恋愛物語。

東垣内豊には尋末光子という婚約者がいるのだが。

人生の最後を迎えるときに、あなたなは愛した事を思い出しますか?

愛された事を思い出しますか

今回は、過去に今まで経験してないほど人を愛して、人に愛されることを経験した人間が、結婚を約束した人間と比較してどちらを選ぶかと言う話でもある。

愛と言う狭間での葛藤と、現実路線と言う平凡な生活の葛藤。

これに揺れ動く男。

そして遊びのつもりだったが気になってしまった女。

遊びの恋と言うのが存在するのであろうか?

遊びと言いながらも何かしら情が入ってしまうのが日人。

そして、25年と言う長い年月をかけて思い出と化した思いは、どのような色になるのであろうか?

死ぬ間際、君は愛したことを思い出す

愛された事を思い出す?

まさに、この小説の究極な問いかけだ。

そして、このを読んで、こう問いかける。

これほどまでに人を愛した事はありますか?

これほどまでに人に愛された事はありますか?

自分自信にも問いかける一冊。

読書しながら胸がドキドキするし、人生を考えさせられる一冊になった。

人生において、1度は読んでおくべきとしてカウントしても良いかもしれない。

見方を変えれば、裏切りにもなるから誰にでもというわけではないが。

ただ、このような小説はとても考えさせられる良い小説でと思う。

もっと、このような小説が増えると、社会が、人生が豊にになる気がする。

私のような、読書をする人間がいかに、投資という購買をする、を買うという活動するかにより、より良い、物語に出逢えるだろう。

豊な社会を目指して。



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

新品価格
¥535から
(2016/7/27 21:47時点)


忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本