FC2ブログ

世界が喰いつくす 日本経済 なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか

世界が食いつくす日本経済
なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか
著者 大村大次郎

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
世界的大企業であった東芝、直近ではシャープなど日本人なら憧れるような就職先である企業が、バタバタと調子を崩して生きている。
なぜこのような状況に陥っているのか?
特に東芝は日本を代表する家電メーカーであった。
その東芝がとんでもない借金により解体寸前である。
隠蔽体質であった東芝も問題あるが、これはアメリカにはめられたと著者は言われている。
なぜはめられたのか、それは東芝が家電メーカーとしての顔とは別に、電力事業、原子力事業でもなの通った企業だからである。
そして東芝はアメリカにも手を伸ばした。
そのアメリカにも手を伸ばしたことに逆鱗が触れたのであろう。
ということである。
そうやって考えると自由貿易とは怖いものである。
全てアメリカに都合の良いように作られる貿易が自由貿易なのであろうか?
改めて考えさせられる本であった。
一時期はTPP参加に対して物凄く騒がれていたが、このような状況の中TPP参加は果たして良いことなのであろうか、またまた考えさせられる本である。
ではなぜ日本が、日本の企業が選ばれるのか、それは日本が貿易黒字国だからである。
しかしまだ以前に比べてマシである。
それは日本が世界一のアメリカに対しての貿易黒字国ではないからである。
世界一はどこか、中国である。
よって今注目集まるのは日本ではなく中国と言うことである。
という事はつまりアメリカはどの国でも、貿易黒字を出している国からお金を取ろうとするということが真実である。
安倍政権の下、国策として原発の輸出を営業している状況である。
そこに面白くない国が存在する、それがアメリカである。
だからこそ日本の企業を狙ったのである。
やはり世の中には縄張りと言うものが存在する。
その縄張りを犯すものに罰則が入るのは当然である。
という考え方が世の中には存在する。
難しいものである。
もっと日本が、世界が生活しやすい世の中になってほしいと願うが、やはり自分の縄張りを強されるのを嫌う人種の人たちは存在するということである。
これからの時代、日本のメーカーはどうなっていくのかわからない、しかし私たち日本人は自分たちの生活のために、より良い社会のために、努力する企業を応援しなければならない。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

東芝、タカタ、シャープ…
アメリカに嵌められ、中国に盗まれる日本企業の末路
日本企業は世界戦略をなぜ見誤ったのか?

貿易黒字に固執した日本の敗因とはなにか?
今の日本に必要なのは経済成長ではなく、経済循環である!

経済成長という幻想とグローバル企業の限界
第1章 東芝はアメリカに嵌められた
第2章 国策としての原発輸出
第3章 日本メーカー最大の過ちは「技術流出」
第4章 トヨタ、タカタもアメリカに嵌められた
第5章 “貿易黒字至上主義"の誤算
第6章 今の日本に必要なのは“経済成長"ではなく“経済循環"

世界が喰いつくす 日本経済 ~なぜ東芝はアメリカに嵌められたのか~

新品価格
¥1,404から
(2017/9/2 19:44時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015年版 業界地図が一目でわかる本  感想 インタービジョン21 

2015年版 業界地図が一目でわかる本 

著者 インタービジョン21 

読書2


2002年創刊から毎年ベストセラー、待望の最新版!
社会人が知っておきたい「重要トピックス」が満載!
最新数字を徹底網羅!

〈特集〉――アベノミクスの「第三の矢」を担う、この企業群!
〈通信・情報・サービス〉――相次ぐ新規参入と買収劇で、市場全体が活性化!
〈商社・流通・小売〉――ビジネスモデルの変化にどう対応する?
〈外食・中食・飲料食品〉――生き残りのカギは「アイデア力」と「利益の出し方」
〈運輸・エネルギー・建設・不動産〉――人口減と海外進出……日本の商機はどこにある?
〈製造・素材〉――「日の丸技術」で世界市場に勝負を挑む!
〈金融〉――グローバル化で変貌を遂げる「日本経済のお金の流れ」

気になる企業の売上、シェア、営業利益から
買収・統合・業務提携まで……。
圧倒的にわかりやすい図解データで、
日本経済の「今」と「これから」がスッキリわかる!
外資系企業がシェアを高めている。

さらにTPP参加すれば・・・・


最新2015年版 図解 業界地図が一目でわかる本: 激変する日本企業の勢力地図から海外との提携地図まで! (知的生きかた文庫)

新品価格
¥756から
(2015/8/3 20:44時点)




図解業界地図が一目でわかる本(最新2015年版) [ インタービジョン21 ]

価格:756円
(2015/8/3 20:45時点)
感想(3件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

闇の世界権力が「完全隷属国家日本」を強く望む理由 感想 中丸薫

闇の世界権力が「完全隷属国家日本」を強く望む理由

著者  中丸薫

中丸/薫
国際政治評論家。コロンビア大学、同大学院国際政治学部修了後、世界のトップリーダーをインタビューするジャーナリストとして活躍。「太陽の会」や「国際問題研究会」を主宰し、講演会や「中丸薫のワールド・レポート」の発行を通じて、国際政治の大衆化を目指した活動を続けている。1974年より通産省審議委員、1980年より外務省「海外広報協会」評議委員、「日本ペンクラブ」会員

アメリカのシナリオは日本中国の戦争である。

漁夫の利を得たい。

そう思っている。

集団的自衛権や、TPPアメリカの陰謀の手段である。

このような話が真実ならアメリカは本当に怖い国である。

本当なら。

アメリカ中国に逆らえない。

国債をたくさんもたれてるから。

世の中、金が全てである。

中国の不動産バブルは弾け始めたけど、リーマンショックのような出来事はいつ起こるのだろうか?

富の移動による、時代の前進を望むものとしては、早く進んで頂きたい。


金がすべてのこの国の支配層も了承済み 闇の世界権力が「完全隷属国家日本」を強く望む理由 アメリカは必ず日本を戦争へ誘導する (超☆わくわく)

新品価格
¥1,750から
(2015/7/25 13:31時点)




闇の世界権力が「完全隷属国家日本」を強く望む理由 [ 中丸薫 ]

価格:1,749円
(2015/7/25 13:32時点)
感想(0件)




忍者AdMax





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

G0.5の世界 感想  三橋貴明 

G0.5の世界

著者 三橋貴明

読書2


失速するアベノミクス、デフレ脱却を妨げる消費税増税の崖、甦ってきた構造改革、
そして、テレビ新聞が伝えない「不都合な真実」の数々……。
覇権国家・アメリカの凋落で、われわれは、G1からGゼロへ向かう過渡期であるG0.5の世界に生きている。
グローバル経済から国民経済(ナショナル・エコノミー)へと世界が転換していく中、日本と世界経済の最新の動きと罠を解説する。
国民の所得が増えなければ、デフレ脱却も日本経済の再興もない!
日本国民が豊かになる経済政策を、今もっとも人気の経済評論家・三橋貴明が緊急提言する。
民間議員を使い、TPP、消費税増税、法人減税、国家戦略特区、雇用規制の緩和などの政策を進める、
安倍総理は周回遅れのグローバリストと断言。

瑞穂の国にふさわしい市場主義を取り戻せ!

現在の安倍内閣は、「瑞穂の国にふさわしい市場主義」ではなく、
「ウォール街から世間を席巻した、強欲を原動力とするような資本主義」の路線を進んでいるように見える。
総理の「瑞穂の国の資本主義」という言葉を信じて第二次安倍政権発足のために尽力した筆者としては、裏切られた気分でいっぱいだ。
というわけで、真の意味で「瑞穂の国にふさわしい市場主義」を取り戻すべく、
三橋貴明は日本国の「国民」として行動させていただくことにしたのである。(はじめにより)

アベノミクスに期待してた分、方向のズレに裏切りを感じた人は多いはず。

実体経済はどうか?

下にはまったくまわってこない。

雇用を増やすことが一番の経済回復である。

雇用が増えれば自然と雇用が変わる。

雇用も需要と供給である。

雇用の流動化にも発展する。

やはり、雇用が全てである。

雇用統計が一番の注目の指標となる。

失速するアベノミクス
デフレ脱却を妨げる消費税増税の崖、
甦ってきた構造改革、
そして、テレビ新聞が伝えない「不都合な真実」の数々……。

覇権国家・アメリカの凋落で、
われわれは、
G1からGゼロへ向かう過渡期であるG0.5の世界に生きている。


グローバル経済から国民経済(ナショナル・エコノミー)へと世界が転換していく中、
日本と世界経済の最新の動きと罠を解説する。


国民の所得が増えなければ、
デフレ脱却も日本経済の再興もない!


日本国民が豊かになる経済政策を、
今もっとも人気の経済評論家・三橋貴明が緊急提言する。

民間議員を使い、
TPP
消費税増税、
法人減税、
国家戦略特区、
雇用規制の緩和などの政策を進める、


安倍総理は周回遅れのグローバリストと断言。

瑞穂の国にふさわしい市場主義を取り戻せ!


G 0.5の世界

新品価格
¥1,512から
(2015/7/18 09:16時点)




G0.5の世界 [ 三橋貴明 ]

価格:1,512円
(2015/7/18 09:17時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本