FC2ブログ

翔る合戦屋の読書と足跡 北沢秋 読書感想

翔る合戦屋

著者 北沢秋

読書2


天文一九年夏、武田の信濃への侵攻はますます激しくなっていた。
村上、小笠原、遠藤を中心とした信濃勢と武田晴信の最後の戦いの火蓋が、ついにきって落とされる。
孤高の合戦屋、石堂一徹はそのとき……。
全国の書店員が絶賛したベストセラー戦国小説、ついに完結!


これは石堂一徹の物語です。

名誉より愛する人。

この生き様が共感呼ぶだろう。

苦手な内政には手をださず、得意の合戦で生きていく。

巨大勢力である、武田家との争いは見物である。

強運という人生の結末。

裏切りという結末。

楽しくもあり、悲しい結末でもある。

翔る合戦屋 (双葉文庫)

新品価格
¥720から
(2015/7/3 23:26時点)




翔る合戦屋 [ 北沢秋 ]

価格:720円
(2015/7/3 23:27時点)
感想(0件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本