FC2ブログ

日本人が知らない世界の[お金]の流れ

日本人が知らない世界の[お金]の流れ

著者 渡邉哲也

読書2


本年(2015年)8月、世界は第二次世界大戦の終戦から70年を迎えるが、そもそも戦争や人々の争いは何によって引き起こされるのか。そこにはイデオロギーやさまざまな思惑もあるが、その本質は、資源やお金といった「富の奪い合い」にあるのではないか――と著者は説く。
その意味で、お金の流れを読み解くことよって、世界の流れも読み解ける。「経世済民(けいせいさいみん)」という言葉があるが、この言葉の意味は「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」ということである。つまり、「世を経め、民を救う」ことこそが経済であり、「経済」とは、「人とお金の流れ」を意味するのだ。
グローバル企業租税回避」は許されることなのか? 「ギリシャ・ショック」「上海株乱高下」で、なぜ日本の株価が急落? 「円高・円安」「デフレ・インフレ」のメリット・デメリットから「アベノミクス」の成否まで、人気経済評論家が、誰よりもわかりやすく解説。

政府主導の経済が始まった。

そして、日本と中国の関係が変わり始めている。

中国が優位に立っていたが、だんだんと日本が優位に立ち始めてきた。

そして世界が変わり始めてきている。

そのことに我々日本人はどのくらいの人数が気づき始めている
のであろうか?

何人がそのことに感づいているのであろうか?

我々が気づく必要がある。

世界が変わろうとしているときに我々日本人はどこに何をどうすれば良いのか?

これが1番大事である。

そして私たちは幸せになる権利がある。

どうやったら幸せを手に入れることができるのであろうか?

そして幸せとは何か?

韓国の経済は破綻している。

ウォン高とマーズの影響により悪化している。

そのうち表面化してくるであろう。

中国のバブルも弾けた。

現在中国から資金がアメリカに移っている。

よって中国の本当の外貨預金高がいくらなのかがわからない。

どんどんお金は消えていく。

いかに工夫していかに価値を上げるかが大事である。


日本人が知らない世界の「お金」の流れ

新品価格
¥999から
(2015/11/29 17:40時点)




日本人が知らない世界の「お金」の流れ [ 渡邉哲也 ]

価格:999円
(2015/11/29 17:41時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



売国経済 渡邉哲也 読書感想

売国経済

著者 渡邉哲也

読書2


反日・韓国の凋落。知的財産が最大の武器になる時代。日本の逆襲が始まった!

渡邉哲也(わたなべ てつや)
作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、アジア経済などの評論が話題となり、2009年、『本当はヤバイ! 欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。
内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。
渡邉哲也公式サイト
http://www.watanabetetsuya.info/
◎人気経済ブログ「渡邉哲也(旧代表戸締役◆jJEom8li3E)の妄言」
http://blogs.yahoo.co.jp/daitojimari/MYBLOG/yblog.html
◎人気メルマガ「渡邉哲也の今世界で何が起きているのか」
http://foomil.com/00049

商いとは、代価を貰ってはじめてなりたつ。

代価を払わなければ商いではない。

援助したところで、何の代価を貰っているのか?

技術を提供して、どんな代価を貰っているのか?

注目はサムスンである。

韓国のGDPの二割を占め、サムスングループの七割を占めるサムスン電子がアップルに米国で敗訴。

どうなるか注目である。

サムスン事態も、遊園地系の企業に株をうつしはじめている。

つまり、逃げる準備であろう。

コピーでいきてきたグローバル企業の宿命である。

どうやってグローバル企業として勝ち続けるか?

価値のある商品を作る。

多品種小ロッドの時代が訪れる。


売国経済

新品価格
¥1,512から
(2015/7/7 23:10時点)




売国経済 [ 渡邉哲也 ]

価格:1,512円
(2015/7/7 23:12時点)
感想(0件)




忍者AdMax





日本人が知らない世界の[お金]の流れ


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本