FC2ブログ

本をめぐる物語 感想  ダ・ヴィンチ編集部

本をめぐる物語

著者  ダ・ヴィンチ編集部

読書2


地図にない屋と聞いて、カノさんの屋だと思った。ときどきしか行けない、その日しか存在しない屋を作りたいと言っていたのだ。ショップカードの番地は「1‐7‐水曜日」、間違いない(「水曜日になれば(よくある話)」)。ほか、沖縄の古書店で自分と同姓同名の記述を見つけた女性、宇宙船に一冊だけ残された貴重な地球の紙のを持つ少年などを描く、人気作家たちが紡ぐ様々な「本をめぐる物語」。本から広がる不思議な世界8編。

故人の残された言葉は・・・。

隠れた顔、それは作家であった。

幻の本屋、不幸に導く自分の本。

本の魂が導く。

本の言葉が導く。

本好きに与える本。


本をめぐる物語 栞は夢をみる (角川文庫)

新品価格
¥562から
(2015/7/11 18:29時点)




本をめぐる物語 栞は夢をみる

価格:562円
(2015/7/11 18:30時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本