FC2ブログ

前世探偵カフェフロリアンの華麗な推理 大村友貴美

前世探偵カフェフロリアンの華麗な推理

著者  大村友貴美

読書2


繁華街の裏道にひっそりと建つ「カフェ・フロリアン」。古くみすぼらしい外見に反して、内装は豪華絢爛。昼はカフェ、夜はゲイバーとなるこの店のママは、縦ロールの茶色の巻き毛とほうきのように長いマツゲ、ロングドレスを纒ったオネエだが、前世が見えると評判だ。日々、脳みを抱える相談者が前世の記憶を探って解決して欲しいと訪れるが…。前世の因縁と現世の謎を解き明かす、ゴージャスな女装探偵の名推理。

大村/友貴美
1965年岩手県生まれ。中央大学文学部卒業。2007年、『首挽村の殺人』で第27回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、作家デビュー

女装が主人公。

ゲイ?

なんとも変わった話の始まりである。

オネェが謎を解く。

不思議な視点でな物語の始まりである。

年配者の駆け落ち。

駆け落ちの結末は?

何故駆け落ちを?

カップルに訪れた前世は?

真実は?

愛は?

二人の気持ちは?

ゲイ、オネェは関係あるのか?

過去の歴史との繋がり。

真実を伝えたいが誤解される。

よくある事だ。

自分の気持ちが伝わらない。

しかし、それは本当に伝えたいことなのか?

伝えるという概念に支配されてないか?

伝える自分に酔ってないか?

伝えた先になにがあるのか?

そんな葛藤と戦っている人間は何人いるのか?

世界中に!

歴史上に!

この小説はゲイバーでの物語である。

結婚とは何か!

夫婦とは何か?

何のための結婚なのか?

前世が憧れの人であっても、今の自分とは関係ない。

前世は前世。

今は今である。

心のより所がなくなったのは痛い話だが、それが現実である。

本音をぶつけてわかることがある。

人は甘える生き物だから。

人は死ぬときに神経が研ぎ澄まされるという。

その時に、人生は面白いと言えるだろうか?

これはゲイバーでの物語である。


前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 (角川文庫)

新品価格
¥518から
(2015/7/18 09:21時点)




前世探偵カフェ・フロリアンの華麗な推理 角川文庫 / 大村友貴美 【文庫】

価格:518円
(2015/7/18 09:23時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本