FC2ブログ

きんきら屋敷の花嫁 感想 添田子萩

きんきら屋敷の花嫁

著者  添田子萩

平凡で天涯孤独な27歳の知花に、縁談が舞い込んだ。資産家の飯盛家の長男に気に入られたのだ。広大な森に囲まれた屋敷、外部との接触を嫌う家族や親類たち。知花は義母らから一族に伝わる決まりごとを学んでいく。そしていよいよ年に1度の重要な仕事、ひとり暗い森に分け入って“あるもの”を得てくることを教えられた―。選考委員一同が前代未聞の怪異と驚嘆し、『幽』怪談文学賞特別賞を受賞したきんきらゴシック・ロマンス!

1979年、京都府生まれ。大阪大学文学部人文学科卒。「この世の富」で第8回『幽』怪談文学賞長編部門特別賞を受賞。受賞作を改題した『きんきら屋敷の花嫁』でデビュー

奇妙な出来事は怪しい。

その怪しさの正体はを生み出す生き物を面倒見てることである。

なんとも羨ましい話である。

現実であればだが・・。

(マネー)を稼ぐのではなく、作り出すポジションが一番強いのである。

日銀のように。


きんきら屋敷の花嫁 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥518から
(2015/7/25 13:29時点)




きんきら屋敷の花嫁

価格:518円
(2015/7/25 13:30時点)
感想(0件)




忍者AdMax



スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本