FC2ブログ

汐汲坂のカフェ・ルナール  感想  折口良乃

汐汲坂のカフェ・ルナール

著者 折口良乃

読書2


不思議に満ちた喫茶店と横浜元町を舞台におくる、心温まる謎解きティータイム。

横浜元町の汐汲坂と呼ばれる坂の途中に店を構える喫茶店「カフェ・ルナール」。店名は「狐物語」の主人公・ルナール狐を由来としており、
アンティーク調の家具とレトロな雰囲気溢れる店内で店長こだわりの美味しい紅茶が飲めると評判のこの店には、一つの不思議な噂があった。
それは、訪れる客の悩みを聞き、謎を解く趣味を持った美人店長が人間ではなく「狐」だという噂――。
菱川春明もそんな不思議な店を訪れることになった悩み多き大学生である。伯父の薦めにより春明も自身の悩みを聞いてもらおうこの美人店長のもとを訪れるのだが……。

狐がどのような関わりを持つのか興味深い始まりである。

狐に狸にハクビシン。

アニマル豊富なストーリー。

そして狼まで。

謎の主人公。

やはりここにも、ミステリアスの匂いがしてくる。

これが良いのだ。

隠された思いは?

カフェに行きたくなる一冊である。

微かな恋愛は?

汐汲坂のカフェ・ルナール (メディアワークス文庫)

新品価格
¥659から
(2015/7/25 13:53時点)




汐汲坂のカフェ・ルナール

価格:659円
(2015/7/25 13:54時点)
感想(0件)




忍者AdMax



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本