FC2ブログ

JC科学捜査官 感想 上甲宣之

JC科学捜査官

著者  上甲宣之

読書2


神戸海園大学構内で女性講師の変死体が発見された。傍らに転がる人形を不審に思った兵庫県警の百地は、科学捜査研究所に鑑定を要請する。一方、14歳にして博士号をもつ雛菊こまりが、人材交流のため、アメリカFBI科捜研の特別研修員として、祖父が勤める兵庫県警科捜研に派遣されてきていた―。女子中学生(JC)科学捜査官が最新の科学捜査で不可解なオカルト事件の謎に迫る!

上甲 宣之 (じょうこう のぶゆき) プロフィール
1974年生まれ。大阪府出身。立命館大学文学部卒業。元ホテルマン。第1回『このミステリーがすごい! 』大賞の隠し玉として、『そのケータイはXX(エクスクロス)で』(宝島社)にて、2003年にデビュー。同作は2007年に劇場映画化され、人気を博す。他の著書に『地獄のババぬき』(宝島社)、『Xサバイヴ 都市伝説ゲーム』(角川書店)、『脱出迷路』(幻冬舎)などがある。

アインシュタインの言葉、震えた。



JC科学捜査官 雛菊こまりと "ひとりかくれんぼ"殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

中古価格
¥217から
(2015/7/31 19:56時点)




【中古】文庫 JC科学捜査官 雛菊こまりと ”ひとりかくれんぼ”殺人事件 / 上甲宣之【楽フェス_ポイント10倍】【画】【中古】afb

価格:280円
(2015/7/31 19:57時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本