FC2ブログ

インフレ貧乏にならないための資産防衛術 感想 村上尚己 

インフレ貧乏にならないための資産防衛術 

著者 村上尚己 

読書2


本書は、一般の投資家に向けて、アベノミクスが成功してインフレ時代が到来したとき、どのようにして貴重な金融資産を防衛・運用すべきかという視点で、具体的な投資手法や考え方を示しています。
2012年末の安倍政権誕生以来、日本経済には、明るい動きが広がっています。2014年に入ると、企業のベースアップ復活や人手不足などがメディアでも伝えられるようになりました。行き過ぎた円高も解消し、2014年3月期には企業業績も前年度比30%以上の増益となっています。デフレもやわらぎ、インフレ率も約15年ぶりにマイナスからプラスに浮上しつつあります。
日本経済を映す鏡であるマーケットでも、景色が一変しています。株価をみれば、2014年初の海外市場の混乱によって直近こそ下がっているものの、2013年の日経平均株価は、堂々、戦後4番目の上昇率でした。アベノミクス発動前までは主要先進国のなかで唯一、下落基調をたどっていた日本の株価も、米欧の株価と肩を並べる勢いで上昇しています。

20年にわたって続いたデフレの終焉により、日本人の資産運用を取り巻く環境は、大きく変わるでしょう。「アベノミクスでバブルがやってくる」などの俗論にだまされずに、しっかりとした考え方に基づいて、資産運用に取り組むことが必要です。歴史的ともいえるインフレ経済への大転換を目前に控えて、個人投資家の皆さんは、これまでの投資の発想を、根本から見直すときが来ています。
本書を読めば、その大きなヒントが得られるでしょう。

日本借金返済には、デフォルトか、ハイパーインフレしかない。

投資にまわる資金不動産と株である。


インフレ貧乏にならないための資産防衛術

新品価格
¥1,512から
(2015/7/31 20:14時点)




インフレ貧乏にならないための資産防衛術 / 村上尚己 【単行本】

価格:1,512円
(2015/7/31 20:16時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

日本経済はなぜ最高の時代を迎えるのか? 大新聞・テレビが明かさないマネーの真実19

日本経済はなぜ最高の時代を迎えるのか?
大新聞・テレビが明かさないマネーの真実19

著者 村上尚己

読書2


【その「経済ニュース」にダマされてはいけない!】混乱が迫るいま、なぜ円安・株高なのか? なぜトランプノミクス日本経済の「追い風」となるのか? 「トランプ相場」の到来を言い当てた外資系金融マンが、国内メディアに歪められた「通説のウソ」を斬り、プロフェッショナルならではの「真実」を突きつける!!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ドナルドトランプ氏が大統領になった。

トランプ大統領なら100円割れの円高になるという通説だったが、真相としては否であり日本だけの異常な予測であり、真逆が正しかった。

トランプ氏が大統領になった当時は円高株安が進んだが、すぐに反転、円安株高と進んでいった。

なぜ真逆の予測になったのか?

日本の報道は、どの程度信頼があるのか?

リスクオフで米ドルを離れ、安全通貨・円に買いが殺到すると言う通説。

これも反対の結果になった。

マネーの価値は「量」で決まる、基本である。

トランプ円安は短命である、投機マネーの一時的な動きであるという通説は?

これも否である。

市場の後追いしかできない人の、曲型的な言い訳でしかない。

真実がどこにあるのか、わからない状況が今日である。

メディアも使いやすい専門家に殺到している現実がある。

真実よりも視聴率、これが今のメディアの現状である。

マイナス金利は大失敗だったのか?

この答えはノーである。

政策転換すれば再起動する、だから失敗ではない。

ただ政策転換するかどうかである。

長期金利もコントロールをしなければならない。

消費税増税はやむを得ないと言うふうにマスコミを流しているが、これは大きな間違いである。

消費税増税は完璧な失敗である。

特にひどいのが、新聞関連である。

新聞は生活必需品として、軽減税率に適用されると言うふうに謳っている。

現在の実態経済はどうかを再度考えるべきである。

自殺者が激減しているのが現状である。

ヘリコプターマネーは怖い、超インフレによる預金封鎖が起こると言われているが現実にはデマである。

世界で検討されているまっとうな政策であることが現実である。

実際に預金封鎖はこの世で起きていない現状である。

トランプ大統領の当選は、偶然ではなく必然である。

原因は簡単でありオバマ経済の不満が溜まりに溜まっているのである。

米国人も限界が来たのである。

トランプ大統領は安倍総理と同じで損得重視をする考え方を持っている。

よって日本経済はまともに成長する「最高の時代」へ突入すると思われるとのことである。

本当にそうなってくれると嬉しいことである。

ただこれからお金のルールが変わってくる。

預金」だけの時代は終わるのである。

何もしないことが勝利の近道だったが、これからは何かをしなければ敗戦をする時代である。

これからの経済の発展を祈り、日本人の幸せを祈り、感謝の心を忘れずに、明日を笑顔で迎えよう。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村







インフレ貧乏にならないための資産防衛術 

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本