FC2ブログ

流跡 感想 朝吹真理子

流跡 

著者 朝吹真理子

ヒト、密書、スーツケース。夜な夜な「よからぬもの」を運ぶ舟頭。雨上がりの水たまりに煙突を視る会社員。漂着した島で船に乗り遅れる女。私はどうしてここにいるのか。女房を殺したような、子どもの発話が遅れているような、金魚が街に溢れている、ような―。流転する言葉をありのままに描き、読み手へと差し出した鮮烈のデビュー作。芥川賞受賞前夜の短篇「家路」を同時収録。

朝吹/真理子
1984(昭和59)年、東京生れ。2009(平成21)年、「流跡」でデビュー。’10年、同作でドゥマゴ文学賞を最年少受賞。’11年、「きことわ」で芥川賞を受賞した

現代サラリーマンの葛藤が描かれており、共感を生むかもしれない一冊である。

言葉はあなたに何を与える?

言葉はあなたに何を与える?


流跡 (新潮文庫)

新品価格
¥432から
(2015/7/31 20:23時点)




流跡 [ 朝吹真理子 ]

価格:432円
(2015/7/31 20:24時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本