FC2ブログ

吹けば飛ぶよな日本経済

吹けば飛ぶよな日本経済

著者 藤巻健史

読書2

日銀国債買い支えはもう続かない。
1千兆円を超える借金で、日本ハイパーインフレ大混乱を迎える。
その後の新しい経済をどうつくるか。
この国が本来持てる力をどう発揮するか。
経済金融の泰斗が「来るべき日本」を語りつくす。

【目次】
●序章 この危機に言わずにいられない
どっぷりマーケットに浸かった実務家として
経済政策を評価するプロとして
米国社会を中から見てきた者として

●第1章 世界の背中が遠くなる
各国の名目GDPの伸び
盤石の強さを誇る米国
青色LED中村教授の直言
ドイツ一人勝ちを生んだユーロ
ギリシャと日本、どちらが悪いか
日本の経済運営失敗から学ぶ中国

●第2章 吹けば飛ぶよな日本経済
枝葉末節ではなく絶対的数値を見よ
現在の円安は行き過ぎか
再び、ギリシャと比べれば日本の問題点がわかる
2020年のPB黒字化は何の意味もない
景気回復がすべてを解決するというウソ
「年金」「財政」で矛盾する国民への説明

●第3章 異次元の量的緩和の末路
対症療法だけを繰り返してきた日本政治
安倍政権が取ろうとしている道
素人が国の経済を運営する怖さ
日銀が買いをやめたら即ハイパーインフレ
岸本哲也元神戸大学経済学部長の読み
国民生活を窮乏させるモノ不足も起こる
量的緩和は世界でも危険視されている
国の財産はあてにできない
いよいよ国債マーケットの異変

●第4章 ハードランディングに備えよ
おろかなり、消費税増税延期
日銀が政府のお先棒を担いだ悲劇
預金封鎖は過去に2度起きている
ハードランディングをどう受け止めるか
保険はドル資産を持つこと

●第5章 日本経済「失敗の本質」
決定的に欠けていたもの
強すぎる円を放置した大罪
世界への発信力にも問題があった
円高のせいで何が起きてしまったか
空洞化と労働者の給料水準の低下
地方の疲弊、東京との格差拡大
法人税収はどうなるか
円高とは「デフレそのもの」である
おいしい日本の農産物が台なしに
観光業を経済の柱にするための絶対条件


●第6章 ハードランディング後の新しい国
真の資本主義国家の成立
資本主義の枠組みの中での2大政党の必要性
競争原理と自助努力を是とする
根本から見直すべし、国会のあり方
年金支給開始「80歳」は暴論か?
少子化にあわせて社会をつくればいい
ピケティを読んで考えたこと
相続税は減らすべきだ
その他、新しい国づくりに関するヒント

著者がいわれているのは日本経済の崩壊である。

デフォルトと言うよりもハイパーインフレによる崩壊である。

いちどハイパーインフレに入れば止めることができない。

しかし日本経済の崩壊の後は明るい未来が待っている。

暗い未来は年寄りでやり若者には明るい未来が待っているそのためにもいちにちでも早く日本経済を立て直すべきである。

立て直す事は不可能である。

だから、ハイパーインフレ借金を帳消しにする。

そうやって日本経済の立て直しを行う。

まぁデフォルトかハイパーインフレは間違いない。

どっちにしろ円安にはなる。円安によって儲かる投資。

これがいま1番すべきことではなかろうか。

皆で勝ち取るをアカルイミライ。










吹けば飛ぶよな日本経済 破綻後の新しい国をつくる


新品価格
¥1,080から
(2015/10/21 15:42時点)












吹けば飛ぶよな日本経済 [ 藤巻健史 ]


価格:1,080円
(2015/10/21 15:43時点)
感想(1件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

日銀失墜円暴落の危機  藤巻健史 

日銀失墜円暴落の危機 

著者 藤巻健史 

読書2


なぜ日銀は出口のない金融緩和を続けるのか?
日本財政が崩壊し、日銀が倒産する前に、ハイパーインフレに備えよ!

日本は2014年9月末時点で1039兆円もの借金を抱えているにもかかわらず、2013年4月の「異次元の量的緩和」に続き、10月31日に再び金融緩和を行った黒田総裁。
これにより、日本の財政が崩壊し、円が暴落、そしてハイパーインフレになる可能性は更に高まってしまった。
金融緩和でお金をジャブジャブにし、喜ぶのは株価や不動産価格が上がる富裕層のみ。悪化した日本財政のツケは、あとで国民(庶民)に回ってくる。
それなのに、なぜ日銀は出口のない金融緩和を続けるのか?

現在の危機的な日本経済のすべてがわかる一冊。

日銀が量的緩和するのは、物価2%上げるためではない。

国債を購入するためだ。

量的緩和を続けなければ、続かない。

資金がショートする。

よって、量的緩和は続く。

破産まで。

日本の実力値の為替は180円から200円くらいである。

この為替くらい来ないと工場などの日本回帰はありえない。

自分を守るために インフレにそなえる。

米国債を購入していれば話は変わってくるが、現実的には日本国債を購入した。

よって日本国債を購入しつづけなければ、日本経済は回らないと藤巻氏は想定している。

たよれるのは国ではなく自分である。

日銀は負のサイクルに突入した。

日本がデフォルトしても破綻しても、日本 国がなくなるわけではないし 日本人でなくなるわけでもない。

破綻 はまんぬがれないであろう。

破綻後どうするかが大事ではないだろうか。

我々は破綻後 新しい日本をつくることになるだろう。

明るい未来の日本を。

希望に満ちた日本を。

今日より明日 明日より明後日の日本を。

日銀失墜、円暴落の危機

新品価格
¥1,188から
(2015/10/5 20:05時点)




日銀失墜、円暴落の危機 [ 藤巻健史 ]

価格:1,188円
(2015/10/5 20:06時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

迫り来る日本経済の崩壊  感想 藤巻健史

迫り来る日本経済崩壊 

著者 藤巻健史

読書2


日銀による国債購入の約束は今年の12月まで。
買いをやめれば国債と円は暴落し、一気にハイパーインフレに!
ドル資産を保有する者だけが生き延びる。

◎金利が上昇すれば、すべてがおしまい
◎国にどんなに資産があっても、財政は破綻する
◎いまの異常な低金利は長くは続かない
国債を大量発行しているのに、なぜ金利が上がらないのか
◎大手銀行がついに国債を減らし始めている
国債が暴落したらインフレが加速し、円も株も暴落する!
資産を防衛するには米ドルが最適

2014年年末が日銀最後の国債購入となる。

著者は円安政策は賛成だが、量的緩和は反対である。

マイナス金利か、ドル建て国債で日本は復活。


迫り来る日本経済の崩壊

新品価格
¥1,080から
(2015/8/3 20:31時点)




迫り来る日本経済の崩壊 [ 藤巻健史 ]

価格:1,080円
(2015/8/3 20:33時点)
感想(5件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本