FC2ブログ

里山を食いものにしよう  感想 和田芳治

里山を食いものにしよう 

著者 和田芳治 

読書2


この本を読んでから、『里山資本主義』を書くべきだった……!
これこそ里山資本主義者の聖典(バイブル)だ。
――『里山資本主義』著者・藻谷浩介氏推薦!

広島の山奥に暮らす「日本里山史上最大の怪(快)人物」が語る、お金よりも大切な"本当の豊かさ"とは。

「里山を食いものにしようなんて許せない」が多くの人たちの反応でしょう。しかし、生き物は(もちろん人間を含めて)何か弱いもののいのちを食いものにして生きています。その中で人間だけは、道具や火を使うことを覚え、強いものを食いものにしている、生き物の世界では「許し難い生き物」だというのが正解ではないでしょうか。(「はじめに」より)

マネー資本主義を補完するサブシステムとして、里山を利用した生活を取り入れれば、「50年後に素敵な日本の暮らしが手に入る」とする『里山資本主義』の中で、「素敵な暮らしを今やっている人」と紹介され、今や全国に引っ張りだこの和田芳治さんが提案する、原価0円・楽しく楽しく、とにかく楽しい人生の送り方を余すところなく紹介する1冊です。

エコノーコストの人生。

どんな感覚なのか?

幸せとはなんなのか?

木を伐採する事がエコであり、伐採しないことが環境破壊である。

やはりその道のプロでしか解らない事である。


里山を食いものにしよう 原価0円の暮らし

新品価格
¥1,512から
(2015/8/3 20:36時点)




里山を食いものにしよう 原価0円の暮らし[本/雑誌] / 和田芳治/著

価格:1,512円
(2015/8/3 20:37時点)
感想(0件)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本