FC2ブログ

2016日本経済 投資のシナリオ

2016日本経済 投資のシナリオ
著者 今井きよし
読書2
◆日本が企業の6重苦を乗り越え、株価は2019年まで上昇する!
「絶望のうちに生まれた上げ相場は、懐疑のうちに育つ」
という名言があります。
20数年下がりに下がり続けた相場は、
これからは上昇していくというのです。
その最も大きな要因は、日本経済が拡大期に入ったからです。
というのも、企業は「円高」「法人税率引き下げ」
「経済連携協定」「エネルギーコスト減」などの恩恵を受け、
これまで5重苦、6重苦と言われていたものが解消されました。
また、実際に企業全体の業績も良くなっています。
そして日本は、
1980年代に経験した「トリプルメリット(原油安、円高、金融緩和)」が、
「原油安、円安、金融緩和」と形を変えて、
「トリプルメリットII」の時代へと突入していきます。
まさに躍進相場を迎える土壌はそろいました。
また、そのほかにも相場を押し上げる要因はたくさんあります。
「安倍長期政権へ」「郵政3社の上場」「株の大量買い、クジラの存在」
「消費税増税の見送り」「GDP600兆円の目標」
「東京オリンピックによる金融緩和」などです。
そこで、著者が出した長期予想が、
「2019年ごろに日経平均3万円」の強気予想なのです。
◆世界経済2つの動乱で、日本はさらなる飛躍へ!
日本の株価上昇の要因はそれだけではありません。
現在、世界ではブラックスワン出現の要因がさまざまあります。
そうしたシナリオも想定しておくことも重要です。
世界における突発的な出来事は、株価急落の原因になりますが、
逆に日本にとってはプラス材料となり、株価下落を乗り越えていきます。
そうした世界のブラックスワン出現で、
最も危惧されるのは「ドイツ」と「中国」です。
1.ドイチェ・バンクの隠れた巨額負債に、
欧州はさらに混沌を迎える
2.独裁体制で中国は崩壊へ、
習近平は第2のゴルバチョフとなる
その理由は、本書に詳しく述べられています。
米ヘッジファンドから直接情報を入手し、
相場のウラを読み解いてきた著者だからこそ知り得る情報が満載です。
本書中には、著者が推奨する銘柄も掲載、
2016年、あなたの投資のシナリオが描ける1冊です。
今日も晴天なり、そう叫びたくなる青空を見ながら私は読書の時間へと向かい出す。
向かった先は、なんとマクドナルドことマック。
(関西ではマクドだったかな)
周りを見渡したら、御夫婦、年配のお父さん、OLさん多々様々。
その中で、私は経済のビジネス本を、よんでいる。
なぜ?
それは将来への不安、そして投資のため。
今は不満なく投資をしていて、順調に複利を繰り返している。
でもいつ流れが変わるかわからない。
変わったらどうしようと思いながら自分で読書しながら情報を集めている。
だって、2016年、早々株価が怪しい。
下落、下落、下落。
中国では連日の暴落。
不安、不安、不安という言葉が私の中に襲ってくる。
しかしこの今井先生は強気の見通しである。
なんでと思うほど。
日経平均3万円?
その理由を知りたくて、この本をめくっている、マクドナルドで。
どうやら歴史的記録更新と、クジラの存在のようだ。
この理由により、日経平均は3万円を目指すとのこと。
株を持っている私としては是非、3万円を達成して欲しいもんである。
今井先生曰く、アメリカは共和党が大統領になってくれた方が日本には都合が良いとのことだ。
アメリカの景気回復、ヨーロッパ・中国の景気悪化をふまえて考えると投資先は日本しかない。
だから日経平均は上がるのだと、更に大きな鯨が押し上げてくれる。
銀行である。
メガバンクの動きに注目。
投資信託、NISA、稼ぐチャンス。
さぁ私は何をしよう!









2016 日本経済 投資のシナリオ


新品価格
¥1,728から
(2016/1/12 21:56時点)












2016日本経済投資のシナリオ [ 今井澂 ]


価格:1,728円
(2016/1/12 21:57時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

進撃する相場の投資術

進撃する相場の投資術

著者 今井きよし

読書2

●27年ぶりの12連騰で日経平均3万円も見えてきた!
「株価もそろそろ天井ではないか?」
今の相場に、そんな見方をする方もいると思います。
しかし2015年以降、日本にとっては株買いの好材料がそろっています。
金融相場の様相を呈していますが、企業向上の芽がいくつも出ています。
産業そのものも円安で国内回帰し、雇用増加や賃金上昇も視野に入ってきました。
外国人投資家も日本の市場を評価し、長期スパンで株式参入してきました。
12連騰の上昇相場は、これからの相場の明るい未来を象徴しているのです。

日本は原油価格暴落という危機でツキを呼び込みました。
原油安は円安を加速化し、さらに株式相場を上昇させました。
また、公的資金のクジラ買いも日本株を押し上げています。
ヘッジファンドの勢力も弱まり、経済の景気サイクルも上昇カーブに入ります。
著者はこうしたさまざまな材料から、日経平均2万5000円を打ち出しています。
さらに、この上昇は2017年まで続き、3万円台も視野にあると言います。
その理由は、現地の情報を仕入れ、ヘッジファンド仲間との情報交換をし、
「伝説の当たり屋」と称される、著者にしか知り得ない情報を持っているからなのです。

●ブラックスワンの羽ばたく音は必ず聞こえてくる
ギリシャ危機における株価の暴落とユーロ危機、中近東、イスラム国のテロ問題や中国のバブル崩壊のリスク、新興国のデフォルトの可能性など、
カントリーリスクは株購入を足止めさせる原因の1つです。
これらの問題が、いつ何時ブラックスワンとして現れるか、実はこれは誰にも予想できません。
本書では、こうしたカントリーリスクについても細かに解説しています。
しかも、著者の持つあらゆる情報筋から入手されたシナリオは、知っておくべき重要なファクターです。

「相場にはおっかないことが付き物です。その昔、日本が高度経済成長期を迎え、
日経平均が急激に水準を切り上げていった時期にも、
『まかり間違えば恐ろしいことになりそうだ』という問題は世界中にごろごろありました。
怖いからといって様子見をしていた人たちは、けっして儲もうけることはできなかったわけです。
―中略―
世界のほうぼうで問題が山積みにされている現状ですから、
私たちが引き受けなければならないリスクについても入念に解説し
何に注意をすればいいかということにも重点を置きました。
本書をお読みになったみなさんが自信を持って投資を行なってくださることを、
私は今回ほど切に願ったことはありません」(本書より)

相場のウラまで解説した慧眼の1冊です。

日本の株式相場は明るい。

空前の強気相場がやってきている。

それはなぜか?

まずは原油価格の下落であろう。

日本にとって原油価格の下落は大チャンスである。

だから2017年までは強気相場で大丈夫である。

しかしその後は流れは変わるであろう。

さらに世界的な市場では、下落するかもしれない。

ブラックスワンが起こる可能性が非常に高い。

1番注目されているのが中国である。

中国のバブル崩壊が1番危険である。

さらにギリシャ問題がある。

デフォルトを先延ばししただけである。

根本的な解決がまだ行われていない。

さらにウクライナ問題でも形がついていない。

そしてアメリカのオバマ問題である。

オバマの支持率はかつてないほど下がっている。

大統領の信用も失われている。

何がブラックスワンとなって出てくるのか?

これが1番の注目であり、危険なことである。

よってホームレスマネーは日本へ集まる。

だから日本は未来は明るい。

強気の相場である。









進撃する相場の投資術


中古価格
¥911から
(2015/11/17 21:26時点)












進撃する相場の投資術 [ 今井澂 ]


価格:1,728円
(2015/11/17 21:27時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2015年日本経済のシナリオ  著者 今井キヨシ 

2015年日本経済のシナリオ 

著者 今井キヨシ 

読書2


世界経済、複雑骨折!
それでも、2016年、「日経平均3万円」が射程内に!?
伝説の当たり屋が「推奨銘柄」大公開!

このページに来ていただき、ありがとうございます。

国際エコノミストの今井澂です。

GPIFの株式積極運用の決定、黒田日銀による量的緩和第2弾、
いわゆるハロウィン・バズーカが発表された2014年10月31日。

この日の晩はたいへんでした。

アメリカのヘッジファンドの連中が、
私のところへ勇んで電話やメールを寄こしてきたからです。

円売りや日本株買いのポジションを構築していた海外の投資家は、
それこそ色めき立ったのではないでしょうか。

事実、日経平均株価は一時800円以上も上昇しました。

これだけのお金が市場にあふれれば、
相場を押し上げるのは当然です。

アメリカが金利引き上げに踏み切るのも
2015年や16年のことではなく、2017年になるだろうと予想します。

とすれば、15年、16年の間はお金は余っている、為替は安い、
さらにパラダイムシフトが起きていろいろな業界がメリットを受けることになる。
加えて、オリンピック特需もある。

企業業績の向上に結びつくいいことばかりが起こります。

日経平均は3万8900円ぐらいまで上昇しても
不思議ではありません。

「バカなことを」と思われるかもしれませんが、
れっきとした証拠があります。

それは、本書のなかにしっかりと書かせていただきました。

新しい「上昇相場」に乗れ!
日本のマスコミが決して報道しない極秘情報

相場は生き物です。

世界経済に対する不安は根強く、
2014年10月15日には、ニューヨークダウが
瞬間的に前日比460ドルも下げました。

完全にレームダック化したオバマ大統領ですが、
実は、あるスキャンダルの渦中にいます。

アメリカではスキャンダルの一部始終を書いた本が
ベストセラーになっています。

2016年の大統領選挙前には、
共和党がそのスキャンダルをもち出し、
オバマとヒラリーを叩き潰そうとするでしょう。

日本の大手マスコミは、
このスキャンダルをほとんど報道してきませんでしたが、
アメリカの金融マーケット関係者は
もうずいぶん以前から戦々恐々としています。

ヨーロッパに目を転じてみると、
超一流銀行の格付けが下がってきているという問題も起きています。

なぜかこうした情報が日本ではあまり報道されないのですが、
相場を見通す大局観を養うのに、精度の高い情報は必須です。

私は日本でもっとも世界のヘッジファンドと深くつながり、
彼らと情報交換する立場にあります。

日本人として初めてヘッジファンドを買い、
日本で初めてヘッジファンドについての本を書きました。

ジム・ロジャーズを発見し、
日本に紹介したのは、実はこの私です。

「バブル崩壊」「リーマンショック」を警告しました。
2012年11月からの上昇相場開始はもちろん、
最近でいえば、2014年10月の暴落も的中しました。

自慢話のように聞こえるかもしれませんが、
個人投資家のみなさんに精確な情報を得ていただきたいから、
お話ししています。

本書では、

●ニューヨークと東京の「株価がクロス」する!?
●「ニューヨークダウ」が天井をうつとき
●オバマ大統領が抱える「2つの爆弾」
●「独・仏経済」が危険水域
●アベノミクス「第2フェーズ」は秘策が目白押し
●ソロスがついに「中国破たん」を警告!

といった最新の世界情勢から、

●「株価上昇の未来」を予見する方法
●「相場の神様」が見ているポイント
●「マエストロ」が最重要視する経済指標
●「20打数19安打の調査力」を身につける方法

など、相場を読むうえでのとっておきの手法を公開しました。

伝説の当たり屋が明かす
「推奨個別銘柄」はコレだ!

そして、今回は特別に、
私が推奨する個別銘柄を巻末付録として掲載しています。

なお、本書の掲載に間に合わなかった
【超最新】推奨個別銘柄を読者の方にダウンロードプレゼントもいたします。

早ければ早いほど有利です。
この機会を逃さないでください。

これからは ニューヨークと東京の株価がクロスする。

晴れた日には日経平均38950円が見えてくる。

そんな中夢見ながら、日本株と向き合う。

日本株は買いである。

長期的に見て買いである。

しかしアメリカ株は、売りである。

なぜならオバマ大統領の大統領 弾劾の可能性があるからである。

2つの事件、オバマ大統領はとんでもないことをしてしまった。

史上最低の大統領!

このようなレッテルを貼られている。

さらにヒラリー クリントン氏からも見離され、民主党からも見離され、オバマ大統領には味方がいない。

だからアメリカは落ちて行く可能性があるが、シェールガスのおかげで堕ちるどころか経済は上がってくだろう!

反対に中国は落ちていくだろう。

ジョージソロスまでもが中国の崩壊を予言し始めた。

EUにも未来はない!

だから残るのは やはり日本である。

日本株は買いである。

ドルも買いである。


2015年 日本経済のシナリオ

新品価格
¥1,728から
(2015/9/26 19:04時点)




2015年日本経済のシナリオ [ 今井澂 ]

価格:1,728円
(2015/9/26 19:06時点)
感想(2件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2014ー2015 日本経済逆転のシナリオ 感想 今井きよし

2014ー2015 日本経済逆転のシナリオ 

著者 今井きよし

読書2


ジョージ・ソロス、ジム・オニールが
私に明かした予測とは?

このページに来ていただき、ありがとうございます。

国際エコノミストの今井澂です。

安倍首相の「靖国参拝」により、
昨年12月末の高値以降、ヘッジファンドの日本株の買いは、
売りに転じました。

その後、半年が経過した今も、
日経平均は一進一退の攻防を続けています。

私の目先の予測でも、
株式市場の将来に【黄色信号】が点灯していることは事実です。

しかし、日本経済の将来には、
【強気のシグナル】が煌々と灯っています。

それは、私ならではの相場観を支える、
日本の他のエコノミストにはない
国際的な情報網があるからです。

少し、話を過去にさかのぼりましょう。

私は、1959年に当時証券界第1位だった山一證券に入社、
企業アナリストの職に従事しました。

1984年のバブル絶頂期には、
証券界からただ1人、銀行の世界にスカウトされ、
日本債券信用銀行に移ります。
その後、私はバブル崩壊を予見、
『週刊東洋経済』に日本株の長期大幅安を予測する論文を発表しました。

また、日債銀時代には、日本で初めてヘッジファンドまがいのことをした後、
日本人として初めてヘッジファンドに投資をしました。

世界で最初にヘッジファンドについての本を書いたのは私です。

証券と銀行の両業務を経験、一貫して、
「情報」と「市場の資産運用」をつなげる仕事に携わってきました。

「証券から銀行への転身」という独特なキャリア。

こうしたキャリアのなかで築いてきた、
ジム・ロジャースやジョージ・ソロス、ジム・オニールといった、
大物エコノミストや投資家たちとの交友。

これらは、私の「未来予測」に多角的な視点と、
精度の向上をもたらしています。
私がバブル絶頂期にバブル崩壊を予見することができたのも、
リーマンショックが起きる前に、「危険、総売り」の警告を出せたのも、
すべて、私独自の情報網があったからです。

本書では、こうした私独自の情報から弾き出した、

●1年から2年先の日本経済の予測
そして、

●2020年代半ばにかけての日本経済の未来の姿

について書きました。

日本の秘策、そして、
日本経済が逆転する驚きのシナリオ

日本は、1990年代からつづいたデフレ、円高の苦境から
ようやく立ち上がり、再び大きな成長の糸口をつかみ始めています。

歴史を振り返ると、
世界は2度にわたる大きなエネルギー革命を経験しています。

新しいエネルギーが発見されるたびに、
世界は一足飛びにまったく新しいステージへと移り変わってきました。

現在、本格化しているシェールガスの商業採掘によって、
次世代のエネルギーは大変革を遂げるでしょう。

世界有数の技術大国である日本に、
このことが有利に働かないはずはありません。

また、政治の世界に目を移すと、世界は混沌としています。

日本経済の先行きにも影響は必至ですが、
他国が羨むような秘策を、実は、
日本はいくつも隠し持っています。

現在、日本に影を落としている問題も、
間もなく消えていきます。

いよいよ千載一遇の投資チャンスがやってきます。
そのタイミングはいつか! ?

本書をぜひお手にとっていただき、
富を築く絶好の機会を逃さないでください。

本書の内容をさらに深めるための「読者限定無料プレゼント」

この本の内容を深め、あなたが資産倍増のチャンスを得ることを願って、
読者の方限定で、プレゼントをご用意しました。

【今井澂 シークレットインタビュー(音声ファイル)】
・今井氏がなぜ相場を当てることができるのか
・「何もかもうまくいってる安倍首相の隠された落とし穴」など、
本書に書ききれなかった最新マル秘情報
・いま注目すべき大化け期待銘柄、ヘッジファンドの購入銘柄

ぜひ、本書と無料プレゼントで、理想の豊かさを手に入れてください。

ヘッジファンドは11月が決算である。

米国はシェールガスにより復活する。

2020年に向け日本の経済は明るい。

但しアベのイズムが心配である。

アベのイズムが外国のヘッジファンドの売りにつながる。

5月~11月のどこかで売りが入る。

その時に吾輩は波に乗れるだろうか?

13日現在、前の週は5日連続の下落である。

どうやら始まったようだ。

下げが・・・・。

今から始まる富の移転!

新しい時代に向かって!

まだ見ぬ世界へ!

必要なことは富の移転である。

シェールガスは一度に3つ取れる。

時代は変わる。

問題はいつ変わるかだ。

吾輩は勝ちにいく。

個人投資家として生きていくために。

吾輩は戦う!

時代を前に進めるために。


2014-2015 日本経済 逆転のシナリオ

新品価格
¥1,728から
(2015/8/8 08:41時点)








にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本