FC2ブログ

米軍の北朝鮮爆撃は6月!米、中が金正恩体制破壊を決行する日 著者 副島隆彦

米軍の北朝鮮爆撃は6月!米、中が金正恩体制破壊を決行する日
著者 副島隆彦



新たな知識を求めてこのと出逢う。
このを手にした時は結果が出ている。
結果、爆撃は6月にはなかった。
では何故、このようなが書かれたのか、そして出版されたのかを読み解こう!
結局はわからない、何故6月とうたったのか? 
どのような根拠があるのか?
最近、ラジオの『村上信五君と経済くん』を聴きながら読んでいる。
このラジオは最近お気に入りである。
話が脱線してしまったが、結局トランプ大統領がカタをつけると言う言葉が根拠らしい。
副島氏のを読む機会は、色々とあるがそれにしても根拠が薄いと感じるのは私だけでしょうか?
そしてこのの後半は、北朝鮮のミサイルよりも中国の覇権争いの話になっていく。
おそらく中国の覇権争いとミサイル関係してくると言うストーリーだろうが、いまいちこのに関しては納得できる根拠が少ないのではないでしょうか?
それは答えが分かっているからかもしれません。
もしかしたらこの本をタイムリーな時期に読んでいたらまた変わった感想になったかもしれません。
副島氏の予想ではこれからの覇権は中国が逃げると言うことです。
それであれば、中国と争うのではなく、中国と共に歩む道を模索するべきだと言うことです。
争いを好まないということに関しては、私も同じ意見です。
いかにお互いがウィンウィンの関係になれるかを模索すると良いのではないでしょうか?
私は結構副島氏の本を読んでいます。
発想が面白いからです。
マイナス金利税で凍りつく日本経済」、「世界連鎖暴落はなぜ再発したか」、「再発する世界連鎖暴落貧困に沈む日本」、「熱狂なき株高で踊らされる日本」、「官僚相場の暴落が始まる」、「金融市場を操られる絶望国家、日本」、「属国日本論を超えて」、「税金恐怖政治が資産家層を追い詰める」、「闇に葬られた歴史」、「帝国の逆襲、金とドル最後の戦い」などです。
読書をしておいて、非常に面白い題名であり、興味を惹かれます。
しかし読んだところでその本の言われてることに納得するかどうかは別の話です。
大切な事はこういう考え方をしている人たちもいるのだなと、考えることです。
色々な考え方をしている人たちがこの国にはいますし、世界中にもいます。
決して自分の考え方だけが素晴らしいのではなく、正しいのではありません。
自分と違う考え方を排除してはなりません。
それが価値観が違うと言うことです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

日本に核ミサイルは飛んで来ない! トランプ分析第一人者の最新予言!

トランプの勝利を予言し的中させた評論家の次なる予言は「北朝鮮Xデー」。
「米軍はパールハーバーのように、北朝鮮に先に撃たせるように仕組む。しかし、それを合図に核施設への一斉爆撃を敢行する。それは6月だ」と予言。
そのXデーに向け水面下で進む各国の駆け引き。金正恩体制崩壊後の北朝鮮から、次なるアジアの火種まで…副島節全開で最新鋭の分析を放つ!
元韓国国防省分析官の高永喆(コウ・ヨンチョル)氏との緊急対談を収録した必読の一冊。

米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日

新品価格
¥1,198から
(2018/9/2 13:30時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マイナス金利『税』で凍りつく日本経済

マイナス金利『税』で凍りつく日本経済
著者 副島隆彦
読書2
年初から世界の金融市場はフリーフォールに陥った。上海株の暴落は原油安に波及し、さらにドイツ銀行のCoCo債不安へと世界連鎖暴落が起きた。イエレンFRB議長による利上げがドルの乱気流となって世界を不安定化させたからだ。黒田日銀はマイナス金利まで導入して国債だけは守る体制に入った。米欧日が緩和マネーでごまかしてきた世界の化けの皮が?れて、これから異次元の恐慌に突入してゆく。現金すら信用できない世界で金が輝きを取り戻す。
2015年の暴落と、2016年の暴落はアメリカ(ジョージソロス)と中国の殴り合いの喧嘩である。
アメリカは中国の株を空売りして暴落を生み出し、中国はサウジアラビアとタッグを組んで米国債の売りで対抗。
よってこれからも株価の暴落は続くと思われる。
そんな中で著者が推奨するのは金である。
金を集めなさいと言うことである。
中長期的に見て金を集めることが1番資産を防衛するのに1番良いと言うこと。
それを著者である副島隆彦は言われている。
これが正しいかどうかは歴史が判断することである。
後は副島隆彦を信用するかどうか、それは読者自身の判断による。
副島隆彦氏が言うにはマネタリーベースの限界は600兆円である。
現在は380兆円位、リミットが迫っている。
追加の金融緩和をやりたいが実際はできない状況である。
だからマイナス金利に走ったのである。
日本は想像以上に悪い状況である。
アメリカも想像以上に悪い状況である。
金利を上げるあげると言っても全く上がらない。
これが現実である。
今1番ヤバいと思われてるのが地銀である。
地銀に限界が来ている。
それは国債を購入することができないということである。
いよいよ国債の暴落が始まるとろうとしている。
日銀の黒田総裁は景気回復などどうでもいいと思っていると著者は言われている。
黒田総裁が1番気にしているのは日本国債のデフォルトである。
デフォルトさえ起こらなければそれでいい。
そういう考えだと著者副島隆彦氏は言われている。
これが正しいかどうかわからない。
しかし副島隆彦氏の考えに賛同してる人たちが多い。
私は賛同してるわけでは無い。
しかし1つの考え方として受け止めなければならないと思っている。
これから先、地方銀行がどこに向かうか?
おそらくアメリカの国債の購入と株への投資だと思われる。
GPIFが株への投資率を高めて損益を出したらしい。
我々の年金がなくなったと言うことである。
将来の見通しが立たないこの世の中で、誰かが株を買い支えなければならない。
それは地方の銀行に押し付けようと言うことである。
それが正しいかどうかは別にして、もうその道しかないほど追い込まれている。
著者の副島隆彦氏がそう言っている。
そんな情報もらって私たち個人は、個人として何をどうするべきなのかを考える時期にきている。
いかに自分自身生き延びるために資産を築くか、もしくは資産を守るか?
考えなければならない時期にきている。
そんな中副島隆彦氏は面白いことをまた教えてくれたこの本で。
マレーシアの墜落は中国の乗客の中に原爆にかかる人がいるため墜落に見せかけ拉致をした。
と言う仮説である。
そのためアメリカオバマ大統領マレーシアに多額の資金を支払った。
著者の副島隆彦氏はそう言われている。
確かにそういう闇の歴史の部分もあるかもしれない。
そういうところを本にして書くのが副島隆彦氏の魅力かもしれない。
この本を読みながらそのような読書感想を思い浮かべている。
さらに著者副島隆彦氏が言うには左は東アジアで戦争を起こそうとしているということである。
これが正しいかどうかはわからないが、すごいことを言う人がいるもんだと思った。
言論の自由があるから何とも言えないが、怖い発言をすることであるということを事実である。
何よりも日本人が笑顔で楽しい人生を送れるような世界、社会にして欲しいもんだ。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村










マイナス金利「税」で凍りつく日本経済


新品価格
¥1,728から
(2016/5/7 19:27時点)



世界連鎖暴落はなぜ再発したか

世界連鎖暴落はなぜ再発したか

著者 副島隆彦

読書2


2016年には株価は1万4000円台に向かうだろう」――
前著『再発する世界連鎖暴落』の予測どおり、2016年の年明けから、いきなり日経平均NYダウも暴落を開始。文字どおり、「世界連鎖暴落」が「再発」した。
新聞テレビには「世界株安連鎖」の文字が躍った。これは2015年8月24日と9月29日の世界同時株安に続く動きである。
この事態は、これからも断続的に続く。日銀が新たな金融緩和策としてマイナス金利の導入を決定しても、株安と円高傾向は続いた。日本経済は、このまま底なし沼に沈むのか。
前著を最新情報でアップデートして緊急出版!

世界株安は止まらない、著者はそんなこと言っている。

実際に2016年1月から暴落が続いている。

人間が作ったシステムに限界が来ているのかもしれない。

だから世界連鎖暴落はまだまだ続くと思われるということである。

その中で個人資産を守り抜かなければならない。

では何がいいのか、やはり金である、そしてダイヤモンドである。

この実物資産を手に入れて資産防衛図るのが良いと著者は言われている。

またこの言葉を信用するかどうかは、私次第だし、あなた次第ではなかろうかと思う。

個人資産を守る理由としてもう一つある。

年金を運用するGPIFの運用が信用できないからである。

年金の半分が吹き飛ぶと著者は予想している。

そのためには自分自身で自分の資産を守らなければならないと思われれる。

厳しい世の中になってきて、私たちもどうにか生きていかなければならない。

年金払ってるから年金を貰いたいけど、将来年金もらえるかどうかと言われたら胸を張ってもらえるとは言えない状況である。

生きにくい時代になったもんだ。

結局、自分で稼げるかどうか?まぁそんなとこ。

では、何で稼ぐのか?株、投資信託、FX、金、国債などから何を自分でチョイスするのか、選択するのか。

暴落に向けて、どのような行動をとるか、選択をするかが私にも皆さんにも問われている。



世界連鎖暴落はなぜ再発したか

新品価格
¥1,512から
(2016/3/14 20:28時点)




世界連鎖暴落はなぜ再発したか [ 副島隆彦 ]

価格:1,512円
(2016/3/14 20:30時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本

再発する世界連鎖暴落
貧困に沈む日本
著者 副島隆彦
読書2
副島隆彦の金融・経済予測最新刊。
日本の株価は8月25日に18,000円を割り込む大暴落を記録。その後、上昇と下落を繰り返している。株価上昇の牽引役は“5頭のクジラ"たち――GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)、共済年金、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日銀ETF。つまり公的資金だ。
著者は前著『官製相場の暴落が始まる』で、政府による市場操縦を厳しく糾弾し、「人為的な株価吊り上げは失敗する」と名言。その予告どおり、この8月に株価は暴落した。この先、私たちを何が待ち受けているのか。
GPIFの運用と人事をめぐる深刻な内部対立や、HFT(コンピュータによる超高速度取引)の暴走など、隠されたリスクを暴き出し、“空砲"のアベノミクスで経済成長率がマイナスに転じた日本の暗澹たる未来を予告する。個人資産を防衛するための知恵を満載した1冊。巻末に好評の「推奨銘柄リスト」も収録。
評論家。1953(昭和28)年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。米国の政治思想、法制度、金融・経済、社会時事評論の分野で画期的な研究と評論を展開。「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続ける。『預金封鎖』『恐慌前夜』をはじめとする「エコノ・グローバリスト」シリーズ(小社刊)で金融・経済予測を的中させつづける。
経済格差を感じる今日この頃であるため、ふっとこの本が目に入った。
いや、副島隆彦氏の本は惹かれてしまう。
信用してないが何故か買ってしまう。
不思議である。
それは何故かと考えてみると、やはり日本経済が不景気だからであろう。
日本経済と言うよりは自分の周りが景気がよろしくないのである。
アベノミクスは失敗であるということをこの著者は言いたいのである。
中国経済の懸念により大暴落がおきたが、これは何回も繰り返すだろう。
企業の内部留保ばかり溜まって借金は減ってないし経済も発展していない。
やはり現在の役員のビジネススキルの低さが全てを物語っているのかもしれない。
という事は国主導で新しい経済社会の作りを作っていかなきゃいけない。
GPIFも失敗している。
株と言うバクチを公務員がしても勝ち目は無い。
運用資金がだんだん減ってきている。
日本国民はそれに気づいていない。
日本国民も経済に関してもう少しレベルあげなければならない。
新しい時代を開くために、若者を中心に手を結ばなければならない。
いかに協力して年配者から若者に財を移動させるかこれが大切である。
そしてそのような仲間を見つけることが新しい時代の幕開けの第一歩となるであろう。
次なるクラッシュで日本株が落ち込むであろう。
そのクラッシュで下がった日本株を買うのである。
水を作る日本の技術は非常に大切である。
そして将来的にはユーラシア大陸の真ん中で新たなる都市ができるのではないか?









再発する世界連鎖暴落――貧困に沈む日本 (Econo-Globalists 18)


新品価格
¥1,728から
(2015/12/23 16:54時点)












再発する世界連鎖暴落 [ 副島隆彦 ]


価格:1,728円
(2015/12/23 16:56時点)
感想(1件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「熱狂なき株高」で踊らされる日本

「熱狂なき株高」で踊らされる日本

著者 副島隆彦

読書2

国家のなりふりかまわない市場操縦で日経平均の吊り上げは成功するだろう。しかし、異次元の超緩和マネーはいずれ行き場を失って、市場から復讐されるだろう。そうなれば国債は暴落である。安倍政権日銀が進めるインフレターゲット、リフレ政策は必ず失敗する。なぜなら経済の原理を逆さまにした理論だからだ。彼らの理論的支柱である合理的期待形成学派は敗れる。いまこそ私たちはケインズに戻らなければならない。

日本政府は信用できない。

銀行も信用できない。

信用できるのは現金と金だけである。

今購入するのは金である。

株は政府系ファンドで上がっているだけである。

政府はどうしても株と不動産の価格を上昇させたい。

不動産といっても3大都市圏だけであるが。

よって地方の都市は不動産価格が上がる事は無いやろ。

と言うことは、賃貸の方が徳である。

今世界から金利がなくなっている。

どこの国の銀行も利子がつかない。

なぜなら金利がなくなったからである。

その代表的な国が日本である。

日本は今にがなく借金が増えどんどん貧乏国になっている。

そのことに気づいている人間が何人いるであろうか?

私は疑問に思う。

これだけ借金が増えているのにもかかわらず、日本国を信用してる日本人が。

なぜ疑わないのであろう?

借金がこんなにも多いのにもかかわらず。

信用できるのは自分だけである。

日経平均株価の上昇は官製で作られた相場である。

だからこそ信用できるのは自分だけである。

不動産の適正な価格は家賃収入× 20倍である。










「熱狂なき株高」で踊らされる日本: 金と現金以外は信用するな!


中古価格
¥50から
(2015/11/3 08:52時点)












「熱狂なき株高」で踊らされる日本 [ 副島隆彦 ]


価格:1,728円
(2015/11/3 08:55時点)
感想(1件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

官製相場の暴落が始まる 著者 副島隆彦 



官製相場の暴落が始まる 

著者 副島隆彦 

読書2


2015年から、「官製相場」の暴落が始まる! この10月、日経平均は大きく乱高下した。それは「官製相場暴落」の前触れだ――。
日本政府は、話題のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)を使って株を買い支え、「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」による米国債買いで円安に誘導する。安倍政権が「株価連動政権」と呼ばれる所以だ。
アメリカFRBは量的金融緩和(QE3)の終了を宣言し、欧州ECBは域内の各国銀行に対してマイナス金利を導入した。日、米、欧ともに“相場操縦"に手を染めている。人為的な市場操作は、もはや限界に近づきつつある。
金融・経済の行方を世界基準でことごとく言い当ててきた著者による、最新の金融予言!

金持ちインフレが大嫌いです。

利上げは、経営者に反対される。

経営者にとっては最悪な出来事である。

最近急激に円安が進んだのは、ゆうちょ かんぽ貢ぎ円安である。

116円が目安である。

北朝鮮が持っている四つの核爆弾のうちの2つは中国に向けられている。

だから中国はおこってる。

北朝鮮への制裁をこころみている。

韓国を使ってだ!

そしてびっくりな情報がある。

ゴールドマンサックスが日本株から撤退している。

あのゴールドマンサックスがである。

これは何を意味するのであろうか?

日本株の暴落を意味しているのかもしれない。

シェールガスはインチキだ。

だから住友商事が損をした。

2014年はゆうちょ かんぽの資金を30兆円ぐらいアメリカに送った。

そして 米国債を購入した。

日本 いまだにアメリカの属国である。

住みやすい 日本 国のために副島氏は愛国心をもって真実を語っているとのことである。

それをどう受け止めるかはあなた次第である。


官製相場の暴落が始まる――相場操縦しか脳がない米、欧、日 経済 (エコノ・グローバリスト)

新品価格
¥1,728から
(2015/9/15 07:32時点)




官製相場の暴落が始まる [ 副島隆彦 ]

価格:1,728円
(2015/9/15 07:33時点)
感想(3件)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

金融市場を操られる絶望国家・日本 副島隆彦 読書感想

金融市場を操られる絶望国家・日本

著者  副島隆彦

読書2


これから金融市場は、変動率(ボラティリティ)を操作されてゆく。いい加減に気付け!日本が自由主義経済とか市場原理の国だというのはウソだ。今や式、債券(金利)、ドル円(為替)、金(ゴールド)も、すべて統制されている。投資家は政府による市場操作(操り)を見抜くことで儲けるべきだ。

1953年福岡生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授などを歴任。副島国家戦略研究所を主宰し、日本人初の「民間国家戦略家」として講演、執筆活動を続けている。日米の政界に独自の情報源を持ち、金融経済からアメリカ政治思想、法制度論、英語学、歴史など幅広いジャンルで鋭い洞察と緻密な分析に基づく論評を展開している。

自動システムにおかされる日本

政府による価格管理。

未来に絶望的な考え方だが、逆に向かうべき先を示してくれる。

答えは政治の向かう方向である。

いかに、先回り出来るか?

いかに、力関係を見抜くか?

絶望の先の幸せで構えるか?

絶望とは反対で待ち伏せるか?

貴方次第である。


金融市場を操られる絶望国家・日本 (一般書)

新品価格
¥1,728から
(2015/7/7 23:04時点)




金融市場を操られる絶望国家・日本 [ 副島隆彦 ]

価格:1,728円
(2015/7/7 23:06時点)
感想(4件)




忍者AdMax





マイナス金利『税』で凍りつく日本経済

世界連鎖暴落はなぜ再発したか

再発する世界連鎖暴落

「熱狂なき株高」で踊らされる日本

官製相場の暴落が始まる 

属国日本論を超えて

闇に葬られた歴史

帝国の逆襲 金とドル最後の闘い

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

属国日本論を超えての読書と足跡 副島隆彦 読書感想 

属国日本論を超えて

著者 副島隆彦

読書2


日本で一番いけないのは、アメリカべったりの言論人と報道陣である-。「属国・日本論」の著者が、論壇・メディア・政治を一刀両断。属国日本の学問、日本の政治のアメリカ政治思想について論じる。

ここまで極端に本を書かれることは、他の著者と比較して珍しいので貴重ではなかろうか?

副島氏の哲学

副島氏の考え方。

副島氏の思い。

副島氏の価値観である。

専門家でもないのに、本をだせる!

これは色んな人に勇気を与える!

日本の未来は不安である。

日本の未来はどうなるだろうか?

我々は何に希望を持ち、歩き出すのか?

我々はどこに向かうのだろうか?

我々は幸せになれるのだろうか?

我々は、我々は、我々は・・・・。

明るい日本へ向けて力をあわせよう!

日本人という血のもとに。

日本人の心をもとに。

共に立ち上がろう!


[新版]属国日本論を超えて

新品価格
¥1,728から
(2015/6/12 19:20時点)




属国日本論を超えて新版 [ 副島隆彦 ]

価格:1,728円
(2015/6/12 19:21時点)
感想(1件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

税金恐怖政治が資産家層を追い詰める 著者 副島隆彦 読書感想

税金恐怖政治が資産家層を追い詰める
著者 副島隆彦
新たな知識を求めてこの本と出逢う。
お金持ちになる一番の方法は、税金を払わない事である。
よく聞く言葉です。
ただ、資産やお金を持っている人々に当てはまる言葉です。
そして、副島隆彦氏は税務署に立ち向かうことを宣言しているようです。
それでは勉強、いや学問に励みましょう。
ちなみに、勉強は強く勉める、学問は問いて学ぶ。
どちらが積極的に学ぼうとしているかは、受け取り方次第ですが、大抵は学問となるでしょう。
税金を取りたい、それは日本アメリカも。
その為に公務員は必死になっている。
今や日本の公務員の割合は、6人に1人が、公務員という事実。
驚きました、この事実には。
真実が報道されるかどうかは、時の運ということでしょうか。
とにかく副島隆彦氏は、資産を逃せ、海外に逃せと述べられています。
副島隆彦氏の逃せ隠せの20箇条。
海外から海外への送金なら、大丈夫。
住民票を捨て非居住者(ノンレジデント)になるのが賢い、籍はそのまま。
健康保険もやめる。帰時はホテル暮らしをする。
銀行の貸金庫を使う。降ろした現金はそのまま預けておく。
家の金庫は重量100キロ以上ものにする。
海外にそれでも逃す場合は、体にくっつけて出る、手荷物にしない。
海外の保税倉庫を使う手もある。
新規のアパート経営はやめる。アパートは売れるなら得る。
税理士が危ない、スパイになる、最新の注意をして選ぶ。
帳簿交換制度がなくなり、インボイスになる、おかしなコンサル税理士に無駄金を渡さない。
が進める調書類を自らホイホイ足さない、直接言われてから出す。
教育資金贈与制度は使わない、直接孫に現金で渡すのが良い。
金は4,200円/グラムを切ったら買い増す。
ハワイなど米の不動産を投資目的で買わない、どうせ売れない、売らせない。
田舎の不要な不動産は今のうちに売っておく。
ひどい税務調査の時は、争います、裁判所に訴えますと言う。
銀行に預金を預けっぱなしにしない。
人を見たら泥棒と思え、がやはり正しい。
この世は魂だらけだと常に用心する。
たとえ夫も妻も親戚も子供でも完全には信用しない。
このぐらい決定した考えを持っているのが、副島隆彦氏である。
信じるか信じないかはあなた次第。
既に動いている人もいる、動いてない人もいる。
どちらを選ぶかはあなた次第。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
それでも“逃がせ隠せ"の20カ条

税金恐怖政治の始まりである。tax terrorism という言葉は欧米世界にある。日本では税庁がついにいわゆる富裕層への課税強化宣言を2016年11月に行なった。併せて、中小企業のオーナー経営者で、給与(だけ)を受け取っている者たちへの税務調査をわざと行なうようになった。そして“おみやげ"(修正申告)を徴収しないで、ニヤリと笑って税務調査を終わらせる。「国は、あなたの相続税時の資産をしっかり把握した。もう逃げられないよ」という脅しの調査である。「(いわゆる)富裕層」に対する“萎縮効果"を狙ったものだ。
ついに、こういうところにまで日本の資産家、小金持ちたちは追い詰められた。何が何でも「ひとり(最低)1億円ずつは相続税で取ってやる」という構えだ。これは税金テロリズムの始まりである――。

前作『税金官僚から逃がせ隠せ個人資産』を出して3年、強化された外国(避難)財産課税、相続税など、次々襲いかかる徴税テロから資産を守るにはどうすればいいのか。また、近年増加する泥棒に1600万円相当を泥棒された著者の、衝撃の体験も赤裸裸に告白。小手先のノウハウではない資産防衛術を真剣に考える。
欧米諸国と日本の税金(取り)官僚たちの動きの最新情報、知識も提供。日本国家にとって大切な資産家の立場に本当に親身に立った希有な書。

1章 ヒステリー状態の税金官僚たち
2章 税金官僚の動きを知る
3章 パナマ文書問題とは何だったのか
4章 マイナンバーと申告書類
5章 不動産をどうするか問題
6章 現金をどうするか
7章 どう逃がすか、と金の扱い
8章 私は1600万円を泥棒された
9章 海外で暮らす富裕層に話を聞いた
10章 税金官僚は企業を洗脳する
11章 世界は統制経済へ向かう


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

読書2


闇に葬られた歴史の読書と足跡 副島隆彦 読書感想 真実を知りたい方へ

読書2

闇に葬られた歴史

著者 副島隆彦

歴史とは、
いったい何なのだろう? 古代のことはもちろん、
戦国時代や江戸時代のことですら、
文献(時には絵画)などでうっすらわかるのみで、
その真実はどうにもわからない。

そして、
学界などでは、
「このことについては、こういうことになっているのだ」ということでアンタッチャブルにし、
思考停止させている向きもあるようである。

つまり、
歴史には「触れてはいけないこと」が、
たくさんあるのだ。

それは、
「日本書紀」に書いてあることが(事実のわけがないのに)信じるに足るとされていたり、
「本能寺の変」で、
なぜ織田信長の遺体は見つからなかったのか……というようなことだ。

本書で、
著者は、
こうした日本史の、
「みんながこと立てしないようにしていること」にあえて踏み込み、
思考を縦横に重ねてゆく。

そこから湧いてくるのは、
歴史への本当の興味であり、
そして、
歴史を学ぶということへの醍醐味である。

歴史の真の面白さに迫る一冊。

歴史は繰り返す。

歴史に真実を求めてこの本と出逢う。

織田信長!

いまだにファンが根強い歴史上の人物である。

ミステリアス!織田信長にとってこの言葉違和感ない言葉である。

真実はどこに?

徳川家康の本当の正体は?

噂されている名前の真実は?

歴史とは勝者に都合のよいように作られる。

よって真実は隠される。

戦国大名は決して誇れるものではない。

ラストサムライは何を訴えたかったのか?

貴方は何を感じますか?

戦争は本当にあったのか?

真実はどこに?

真実を暴かれたらこまる人々は存在する。

間違いなくである。

真実がかくされたことで、
どのくらいの損失が生じたのだろうか?

査定のしようもないが・・・。

新たな歴史に対し、
人それぞれがどのように関連できるかを考えて生きていけばすばらしい世の中ができそうだが・・・。

闇に葬られた歴史

新品価格
¥1,728から
(2015/5/12 22:47時点)



闇に葬られた歴史

価格:1,728円
(2015/5/12 22:49時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

帝国の逆襲 金とドル最後の闘いの読書と足跡 副島隆彦 読書感想 投資に悩んだとき

読書2

帝国逆襲 ドル最後闘い

著者 副島隆彦

株、
国債の暴落始まる日本はまたアメリカに巻き上げられる!

アメリカは世界を喰いものにして生き延びる。

好評巻末付録:株は「業績」で買え優良銘柄30。

一番の指標は米国の10年債である。

2015年に米国は再度追い込まれる。

日本の20円の円安はアメリカ国債に使われたおである。

国債を買わせる為に地方銀行まで日銀はプレッシャーをかけ始めた。

地方銀行がつぶれ始めたら限界という事になる。

いつ限界がくるのか?

限界が来た時にどのように対処すれば良いのか?

そこらへんが知りたかったが・・・・。

残念である。

ドルは復活するだろう。

ドル高円安の流れは止まらない。

シェールガス及び、
アメリカ経済の復活。

求められるイノベーションは誕生するのか?

より良い未来のために!

新しい時代のために!!

次なるイノベーション。

帝国の逆襲――金とドル 最後の闘い (Econo-Globalists 16)

新品価格
¥1,728から
(2015/5/11 19:58時点)



帝国の逆襲 金とドル最後の闘い

価格:1,728円
(2015/5/11 20:01時点)
感想(0件)





忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本

タグ

企業 マンション 東京 ワンルームマンション ローン 新築 スキル 融資 プロ 失敗 ルール ワンルーム 米国 フルローン 中古 メリット 家賃 TPP 情報 知恵 ファーストクラス 経営 インカムゲイン キャピタルゲイン 読む 貯蓄 デメリット 整理整頓 テーマ ドイツ 天才 アパート 信用 キャッシュフロー 学び 内閣総理大臣 本田静六 樋口有介 埼玉 上杉謙信 カフェ 上念司 負債 習慣 趣味 リーダーシップ ロスチャイルド 人口 金融緩和 人を動かす 値段 区分マンション 性善説 効果 性悪説 金融機関 不動産投資家 感謝 減価償却 村上尚己 生活 原田陽平 貯まる エリート 最強 センス 貧困 内藤誼人 不動産会社 基本 貧富 友達 管理 事業  クレジットカード 勇気 宗教 木暮太一 新築マンション 方法 ハゲタカ 伊坂幸太郎 藤田勉 常識 新堂冬樹 個人事業主 キーワード 競争 休息 領収書 経費 自分 大切 為替 福島香織 郵政民営化 祇場駿矢 吉田英樹 山口敏太郎 伊達友美 篠原美季 新宿 村中豊 山崎元 失われた20年 アキバ 松尾芭蕉 オタク 帝王 インデックスファンド 外国株式 新しい人生 朝吹真理子 竹中 新しい社会 新しい未来 天草四郎 豊臣秀頼 小泉 パート 中村文則  財形貯蓄 控除 丸山晴美  田丸雅智 兵庫県警 アメリカFBI科捜研 宮大元 坂下仁 給与明細 ミラクル 坪田聡 伊藤雅俊 ロバートアレン ロバートキヨサキ 朝シャワー ご飯 ユダヤ人 矢吹紘子 実業家 旅行 上甲宣之 変死体 出る杭は打たれる 顰蹙 山口真由 脱税 期間工 オンライン 蓮見清一 東大 家庭 築地俊彦 、会社四季報オンライン 1億円 芦田愛菜 朝井リョウ 国富 船瀬俊介 不審 矢嶋智彦 桟見れいな 溝端淳平 板谷夕夏 渡辺いっぺい 勝地涼 井堀利宏 量的緩和 北岡秀紀 1000万円 仕事術 稼ぐ人 足立眞一 96% 栗林篤 池本克之 ふくらはぎ 槙孝子 長生き 出世 休日 蓄える 法則 外資系企業 商品 インタービジョン21 一色さゆり 現金 クオリティー 小山竜央 ネットバンキング 長期株式投資 角田和将 浅暮三文 資格 工夫 安月給 頭の回転 チョコレート 米山公啓 3分 今村暁 ロマン 昭和 林あつむ 虚ろな十字架 マネジメント術 家計 貯まる生活 1日 長坂嘉昭 森村誠一 雑談クラブ 殺人倶楽部 孤独 思考法 佐々木薫 アロマテラピー 出光佐三 100の言葉 アインシュタイン 変える 精油 食費 サイフ 貨幣価値 預金の金利 88 特性 セールスパーソン 行動 杉浦和也 前野達志 円安政策 ギリギリ 髙田晋一 ドル建て 投資入門 売れる 継続的 細川護熙 小泉純一郎 原発ゼロ 原発反対 小売お宝株 吉原毅 元総理大臣 300万円 心配 価値尺度 貯蔵 東京支社 動けない  ファーストフード 貪欲 結果 残業 孫正義 唐鎌大輔 ユーロ エコ 一週間 ノーコスト 和田芳治 貿易黒字 ビル・ゲイツ 公的年金 掛越直樹 通帳   背中 ウクライナ 平成 確定 拠出 風水 はる 大相場 坂本彰 過疎化 売国経済 渡邉哲也 鈴置高史 「踏み絵」迫る米国「逆切れ」する韓国 ラム・チャラン 金融市場を操られる絶望国家・日本 サムスン わけありの方 日野征 大塚製薬 Aランクの仕事術 宇佐見秋伸 歓迎します これからの経営は「南」から学べ 宮田直彦 KOUICHI 翔る合戦屋 HAJI 日本経済の呪縛 森田正光 北沢秋 石堂一徹 本谷有希子 日本株スーパーサイクル投資 ぬるい毒 岡崎琢磨 珈琲店タレーランの事件簿3 センスは知識からはじまる 水野学 2017長谷川慶太郎の大局を読む スタバ株は1月に買え! 不景気 ソフトバンク 名言 夕凪 世界のエリートはなぜ次々とチャンスをつかむのか? 渡辺雄介 キレイなお札から使いなさい! MONSTERZ お金が貯まる人が捨てた37のこと 鶴野充茂 世界の名言100 サンフレッチェ広島 ダ・ヴィンチ編集部 最強の経営者 本をめぐる物語 浅井輝智郎 月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門 小説・樋口廣太郎 アサヒビーを再生させた男 やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 サンフレッチェ広島のサッカー育成メソッド ロイ・W・ロングストリート トレーダーの発想術 高杉良 「役に立たない」と思う本こそ買え 竹田恒泰 伊東秀廣 アパルトヘイト 大底からのサバイバル投資術 アナリストからの警告 グロース株 世界同時超暴落 チャイナリスク 中国食品工場のブラックホール 年収1000万円でも破産します 小屋洋一 30歳サラリーマンは いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまう 国民年金 尾崎式史 株で1億円!このエントリーチャンスを狙い撃て‼︎ 破壊 創造 ダリア 大竹愼一 恐慌化する世界 悪魔 夜の桃 杉井光 エントリー すべての愛がゆるされる島 決断 神様 ベネチア マスカレード・イブ REIT 手取り20万円台でもガマンしないで100万円貯める! ETF 個人年金 今泉正顕 あやかし恋古書店 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜 植物図鑑 笑えるほどたちが悪い韓国の話 小説家 はじめての人のたちの3000円投資生活 蒼井紬希 「男の強さ」が身につく92の言葉 ダンス・ウィズ・ドラゴン 堀古英司 国債破綻 リスクテイカーリスクを取らないリスク 石井貴士 1分間時間術 貧乏生活 時代の幕開け 走れば脳は強くなる 重森健太 パフォーマンスアップツール ランニング ウォーキング マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。 一生お金に困らない人 亀田潤一郎 片山恭一 折口良乃 板垣英憲 衆議院 参議院 読者 イングランド 円高 助けない 江守哲 ハングリー精神 岡崎慎司 中村一 株式会社 木村友祐 桜井亜美 プリンシプル 白洲次郎 牧山圭男 姫野カオルコ ウブド 本郷陽二 糸井俊博 インドネシア 成田空港 バリ島 教えない 関わらない アベノミスク 堀井塚 債券 小口幸伸 山㟢一也  井上真花 マーク・ザッカーバーグ レイ・クロック ビルゲイツ 浅野里沙子 松村武宏 骨董品 信長 根来秀行 吸収 ダイイング・アイ 有栖川有栖 某国のイージス 血管 平賀正彦 カリスマ性 加野厚志 ネットオークション 楽天 ヤフオク 中丸薫 添田子萩 鬼頭宏昌 ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方 3億円つかってわかった資産のつくり方 ニュースで伝えられない日本の真相 植頭隆道 上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣 中尾ゆうすけ ビジョン ミッション 喜多川泰 人生の旅人 ライフトラベラー 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ ヘッジファンド 大原省吾  計画感染 中嶋よしふみ 死ぬまでお金に困る人 小山田浩子 節約 八重野統摩 資産防衛 犯罪者書館アレクサンドリア 堀口博行 貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円稼げる手法 ベクトル ボトムアップ ドナルドトランプ 深志美由紀 安倍晋三 バラク・フセイン・オバマ 広島テレビ放送 イタリア 竹森俊平 原田武夫 セルジオ越後 大村友貴美 臼井由妃 フランス ヒロシマ 広島 ジョージ・パパンドレウ ニュート・ギングリッチ ポール・クルーグマン 畑喜美夫 まんがでみるボトムアップ理論 アーサー・ラッファー 雨木秀介 中田永一 短編集 松永久秀 足利義輝 室町 柳井正 500円玉 古処誠二 北川賢一 ストーリ 佐藤智恵 楡周平 妄想 チェンジ 鎌田實 宿野かほる フェイスブック 畑野知美 レス・ギブリン 泉正人 和僑 生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活するシンギ 本田直之 四角大輔 モバイルボヘミアン スマートフォン 最小の時間と労力で最大限の成果を出すための14日間 金川顕教 朝のコーヒー、夜のビールが良い仕事をつくる 馬渕知子 小林雄樹 人材不足 副収入が毎月10万円稼げるしくみまだやってなかった? ダニエル・コーエン 経済成長という呪い 荻原浩 梶本修身 宮下奈都 宇佐美まこと 近野貴行 寺尾恵介 別居 吉野源三郎 ビートたけし 茂木俊輔 池井戸潤 松原清植 多喜祐介 曽我ゆみこ ソニー 愛人 子供 別冊宝島編集部 誘拐 又吉直樹 伊藤元重 伊藤元重が警告する日本の未来 スタイル 小食 中東 テロ 革命 西野亮廣 神林長平 すごい効率化 TODOリスト 毎月10分のチェックで、1000万増やす!庶民のためのズ 吊ら男 藤原和博 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 SEOに効く!Webサイトの文章作成術 ふくだたみこ シェイクスピア  朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術 坂本慎太郎 プロのディーラー ロバート・H・フランク 成功する人は偶然を味方にする運と成功の経済学 西岡郁夫 一流マネジャーの仕事の哲学 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 監視 伊能美和子 自分を成長させる最強の学び方 田中愛子 株で勝つ!相場格言400 スノーデン日本への警告 エドワード・スノーデン 体はその場でラクにする 松本幸夫 1分間読むだけで、仕事の疲れが取れる本心はこまめに 村上世彰 生涯投資家 ガーデン  1分間決算書 木村俊治 その後のふたり 小嶋正樹 藤原久敏 呪い殺しの村 言葉を「武器」にする技術ローマの賢者キケローが教え 高橋健太郎 中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分 山下けい 世界が食いつくす日本経済なぜ東芝はアメリカに嵌めら 東芝 儲かりたいならパート社員を武器にしなさい おトクな制度をやってみた 山口朋子 群馬 前橋 川越 あなたの隣にいる孤独  プライベートカンパニー 今すぐプライベートカンパニーを作りなさい!サラリー 曽根圭介 忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法 黒い波紋 暴落を買え!年収300万円から始める資本家入門 D・カーネギー 価格 渡正行 正社員 ハワイ 報道 セミナー 相続税 海外 減価償却費 キャッシュレス 所得税 個人資産 資本主義社会 古いマンション 大家 政府 防衛省 便利 認識 効率 コンビニ せどり バブル崩壊 アパート投資 都市 個性 宅地建物取引士 ニーズ ターゲット 田舎 財産 ワンルーム投資マンション 戸建て 希望 調査 原因 不動産投資会社 一棟マンション 人気 実力 自己破綻 税務 純資産 挑戦 寄付 新築ワンルーム投資 東京圏 上場企業 非上場企業  起業 不動産収入 東京23区 税理士 住宅ローン 駅近 倒産 金融 一棟アパート 自衛官 サブリース 林秀行 建物 空想 楽しみ 全国 池袋 富裕 ワンルームマンション投資 明智光秀 今川義元 小早川秀秋 事実 ワンルーム投資 ミッキー 田路カズヤ 正しい ロボット 実体験 方法論 批判 進化 久賀谷亮 自動化 業務 改革 働き方 瞑想 武田信玄 公務員 トップクラス 取締役 星野リゾート 2022年 不労収入 東京都内 国債価格 増税 ロックフェラー エネルギー 東京五倫 リズム株式会社 投資マンション 築古マンション スキルアップ 約束 物件 利子規 費用対効果 オーナー 契約 福利厚生費 マスク 風邪 大富豪 朝食 無能 免疫力を、上げる一生モノの「食べ物・食べ方」 本田晃一 非常識な休日 人生を決める 池田里香子 スイートルーム 伝統 敬意 結果を出す人がやっている 50の逆転の時間術 タクスズキ クラウドガール 稼げる 副業ブログ 検索 悪玉菌 善玉菌 実践投資法 堀哲也 独学 日経会社情報 パソコン活用術 石川温 信用残高 白鳥早奈英  スッキリ 辨野義己 レモン+アーモンド 寿命 姉妹 メール 矢野朋義 密本花桜 アフリエイト実践教室 月3万円稼ぐ 知識ゼロ 元手ゼロから始める 2014-2015世界のマネーは米国に向かう 家と庭 加藤秀行 認知症 キャピタル チョイス 2014年日経平均9000円割れ相場が始まる! 邱海涛 現地からの緊急警告、いま中国で起きている大破局の真 本多孝好 伝わらない MEMORY 貧乏人が激怒するブラック日本の真実 その他大勢から抜け出し、超一流になるために知ってお 東大卒ポーカー確率 絶対 プロが絶対買わない金融商品 永野良佑 2050年衝撃の未来予想 木原直哉 王者が教える勝つための確率思考 世界最強 能率 毎日 合同会社 ズボラな人 荻野善之 質がよくなる100 コツ すごい方法 市居愛 1% 金利の魔法 知っている だけ お金運用術 一生懸命 強く生きる 完璧 悪い報告 増田剛己 悲しい物語 ニュース 結論 夢中 トライ 松岡修造 トランプノミクス 生涯所得 ステージ なぜ 一流になる人 イニシエーション ラブ  日記 もうひとつの物語 市川拓司 乾くるみ 大人 幸田真音 資産を考えたと時に読むべき本 ガラ 地球 一冊 恋愛寫眞 起こす  うたえる きみの 久世浩司 根拠なき自信 佐藤泰志 超一流の謝り方 101の方法 ジョン・ゴードン 奇跡を起こす ぬるま湯 謝罪 姥捨て山繁盛記 太田俊明 お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣 桑原晃弥 島田雅彦 カタストロフ・マニア 深野康彦 バーチャル 血流 たった1分目がよくなって心も体も超スッキリ! ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法 朝倉真弓 池谷敏郎 「血管を鍛える」と超健康になる! 今野清志 あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない! 安藤俊介 一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生 神さまたちのいた街で トランプ大統領 大統領 瀧羽麻子 森美樹 早見和真 シリコンバレー式 結城充孝 叱り方の教科書 ファイアースターター捜査一課殺人班イルマ アレックス・スジョン よい休息 しっかり稼ぐ割安株入門ガイド 2014ー2015 世界最大の機関投資家 小幡績 ポートフォリオ 2025年の世界予測 小林弘幸 起源 ベストフレンズ 永嶋恵美 熊谷亮 日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこ 明日ドカンと上がる株の見つけ方 中卒、借金300万でも年収1億円 福岡県出身 ゆっくり健康法 自律神経を整える H・M・エンツェンスベルガー 睡眠満足度があなたの年収を変える お金の悪魔フェおばさんの経済学レクチャー 今井きよし 日本経済逆転のシナリオ 山本恵一 「オトナの恋」は罪ですか? 熱帯安楽椅子 山田詠美 加藤出 日銀、「出口」なし! 亀山早苗 深沢潮 木原音瀬 99の金言と考えるベンガク論 戸田智弘 学び続ける理由 税金恐怖政治が資産家層を追い詰める どうすれば、売れるのか?世界一かんたんな『売れるコ  本当にお金が増える投資信託は、この10本です。 篠田尚子 永松茂久 一流になる男 徳川家康 豊臣秀吉 創業者 コンセプト リクルート社 今井絵美子 福山 芦田川 理想郷 秘密基地 トランプ後の世界 第2幕最新情勢  匂い 血縁 木村太郎 日本、アメリカ、そして世界2017 石田悟司 メモ 信じる トランプ後の世界秩序激変する軍事・外交・経済 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する 川上弘美 石平 川上高司・石澤靖治 スーツ 白い結婚 中島京子 黒い結婚 木暮桂子 ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる 赤いゾンビ、青いゾンビ東京日記5 宮内悠介 最強の武器 株式 大岩俊之 戸塚隆将 福原裕一 投資生活 今日のハチミツ、あしたの私 安生正 あとは野となれ大和撫子 Tの衝撃 ハチミツ 寺地はるな カッコウの卵は誰のもの