FC2ブログ

アメリカが韓国経済をぶっ壊す! 著者 朝倉慶

アメリカが韓国経済をぶっ壊す!
著者 朝倉慶


新たな知識を求めてこの本と出逢う
韓国は中国に見捨てられたら終わりである。
だからこそ、日本とアメリカは韓国にプレッシャーをかけるのである。
そこに、対中国が見え隠れする。
いたしかない、これが現実である。
中国に輸出を繰り返し、いっこうに言う事を聞かない韓国に対し、アメリカがプレッシャーをかけている。
日本はそれに従っている。
まさに、そんな事が書かれている。
日本はアメリカあっての日本であるから仕方ない所もある。
結局の狙いはファーウェイ潰しである。
ここを日米が狙い撃ちしたのである。
果たして、韓国はどうでてくるのか?
日本と韓国の関係上、仲良くして頂きたいと願うがいかに。
ファーウェイ潰しが失敗しているのは中南米が購入するからである。
なぜ彼らが購入するのか?
それは監視社会を作るためとなります。
監視社会を作ることにより、自分達にとって都合の良い社会を、作りたい、その願望によりファーウェイを、購入するのです。
フィリピンもファーウェイ購入して監視社会を望んでいる。
そこに治安改善が見え隠れする。
だからこそファーウェイを応援する。
人は誰しも損得で動く。
それが自分にとって得なのかどうかである。
トランプ大統領の言葉より副大統領の言葉が意外と厳しいのである。
だからこそ、大統領の言葉だけではなく、副大統領の言葉にも注目しておかなければならない。
中国とアメリカぎガチンコの喧嘩に突入している。
そこで大切なのは、進歩 はどちらにあるのかである。
大切の事は進歩の追求であり、発展である。
成長には、成長する為のハングリー精神が必要である。
だからこそ、その時期、季節を読み取る必要がある。
しかし、世界経済の失速は困る。
とにかく言えるのは、韓国の暴走である。
韓国の暴走を止めなければならない。
今や韓国は北朝鮮以上に問題児扱いになる。
何故ここまで問題になっても韓国は気づかないのであろうか?
おそらくメンツ?
メンツや見栄が滅ぼすこの世の中で。
注目はラソン経済特区である。
ここを、アメリカに開放すれば北朝鮮は一気に経済発展する。
もしそのような決断をしたら、時代は変わる。
間違いなく、流れは変わる。
続いて、アメリカとイランの関係にも言及。
そこに我らが日本がどう絡んでいけば良いのか?
これが問われる事になっている。
円高も問題になっている。
これから世界経済ショックが起きるとすれば、中国の失速である。
さらには、FRBの愚策。
油断禁物である。
どうなるかわからない。
だからこそ、動く必要があるのである。
そこに明るい未来があり、そこに希望があるのである。
必要な事は本を読む事である。
人生の深さは読んだ本の量で決まる。
だからこそ、本を読むべきである。
何故に日本人は預金が多いのか?
何故に投資にお金を回さないのか?
何故、発展を望まないのか?
そこにあなたの新しい人生があるのに?
そこに輝かしい未来があるのに?
なぜ、望まない?
何故?
結局はこうなる。
何故そうなるのか?
そこに憧れがないからである。
そこに新しい未来がないからである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


韓国制裁の裏にある驚愕の真相!
韓国を切り捨てて北朝鮮と組むべきなのか?
そして円高が進む日本経済は安泰か?

【世界の「対立と分断」を市場で読みとく】
第1章◎対韓制裁の真相
第2章◎巻き返すファーウェイ
第3章◎敵を欲するアメリカ
第4章◎中国の凄みと負の側面
第5章◎トランプと金正恩の関係
第6章◎一触即発のイラン情勢
第7章◎進行する円高とその背景を読む
第8章◎ドル、債券、金、株の行方
第9章◎注目の銘柄はこれだ!


《北朝鮮に米軍基地ができる日》
韓国制裁は日米の連携プレーだった!
トランプは文在寅と切り捨て、
北朝鮮・金正恩と手を組む!
アメリカは本気だ!

アメリカが韓国経済をぶっ壊す! 大波乱の世界経済で日本は生き残れるか

新品価格
¥1,650から
(2019/10/25 23:15時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



世界経済のトレンドが変わった! 襲いかかる負の連鎖 著者 朝倉慶

世界経済のトレンドが変わった!
襲いかかる負の連鎖

著者 朝倉慶

読書2

2016年は年初から世界中の株が下がり続けるなど、波乱の様相を呈しています。
サウジアラビアイランの断交、原油をはじめとする商品価格の暴落、
失速しつつある中国経済の先行きもしっかり見据えておかなければなりません。
そして日本はついにマイナス金利を導入しましたが、株安・円高と想定外の動きとなっています。

一方で、絶対的に価値のある日本株は、売られすぎれば、再び大きく戻すのは必定です。
日本を取り巻く激動や変化に翻弄されてはなりません。
本書で世界経済の動向をつかみ、この混乱を自らの利益に還元してきましょう。

世界の情勢が変わろうとしている。

私たちはそれを感じてそれを掴み、その中で自分に得になるような動きをしなければならない。

だから私たちは、今現在何が起こってるかを把握しなければならないと私は思う。

その現状把握をするために私はこの本を手に取って情報収集を図った。

まず最初にサウジアラビアが変化を起こそうとしているとのことである。

なぜサウジアラビアの変化を起こす?

経済制裁をくらっていたイランが経済制裁が解除させられるからだ。

それによりサウジアラビアは都合が悪い。

だからサウジアラビアが変化を起こそうとしている。

そのサウジアラビアとアラブの敵国であるイスラエルが手を結ぼうとしている。

これが1つ目の世界の情勢の変化である。

そして中国やっぱり中国である。

至るところで人がいないマンションが立ち並んでいる。

誰がどう考えても中国の景気減速明らかである。

それを中国がいかにして認めるのか、注目はただその1つである。

さらにロシアである。

ロシアもデフォルト寸前と言う情報が流れている。さらに新興国もである。

原油価格の暴落により取り返しのつかない状況に陥ってきている。

これから世界経済はどうなるのであろうかただただ疑問に思う。

物価の上昇がその国をデフォルトと追いやってしまう。

そんな中、日本は物価の上昇を狙っている。

物価の上昇と経済の向上は違うということを見せて欲しいもんだ。

国策に売りは無し、日本の株はこれからも上がる。

いや、あげなければならない日本国民の為にも。

年金基金が日本株に投資をしている、だから日本株の価値を上げるしかないのである。

日経平均株価の上昇が、自分のためにもなり、株を持ってない人たちのためにもなるて考えると怖いなぁ。

どんな手を使ってでもあげなければならないと言う思想になりかねない。

これからマイナス金利により、国債への投資が出難しくなるだろう、だから株への投資により株価が上がる。

これを信じるべきか疑うべきか、判断に迷うなぁ。

しかし、自分も周りの人も笑顔で人生を送れるようになって欲しいとは思う。

だから誰かが儲けるのではなく、皆が幸せになれるようになってほしい。

中国とアメリカが対立化を図っているが、戦争は起きてほしくないと思う。

世界経済がもっと発展して、より良い環境になってほしいと思うし、まだ見たことのない世の中、新なる技術、新なる世界を私は見てみたい。


世界経済のトレンドが変わった! 襲いかかる負の連鎖

新品価格
¥1,620から
(2016/3/24 21:41時点)




世界経済のトレンドが変わった! [ 朝倉慶 ]

価格:1,620円
(2016/3/24 21:43時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

株、株、株!もう買うしかない

株、株、株!もう買うしかない

著者 朝倉

読書2

日本国はインフレに向けて大きく舵を切った。国民の巨額の年金資金までも株式市場に投入される。世界中が緩和に走って金利が失われているなかで、黒田日銀総裁はためらいなくさらなる緩和を実行するだろう。原油安の追い風もあり、日本はバブル時代と同じ条件が整った。もう日本株は高騰するしかなくなった。このインフレへの大転換を知る人だけが生き残る。

【本文の訂正とお詫び】
179ページ各行の、上3文字が欠落しておりました。
読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをここに深くお詫び申し上げるとともに、訂正させていただきます。

●正誤表

179頁1行目から15行目5字まで。

(正)
もちろん、日本の株式市場のすべてをヘッジファンドが自由に動かせるわけではありません。株式市場は、基本的に経済を映し出すものですし、日銀や年金基金、個人投資家など相場は様々な投資家の集合体として動いていることは事実です。ただ相場を意図的に動かして巧みに儲けようとする「狼」とも言えるヘッジファンドにとって、日本の投資家は「羊」のように与(くみ)しやすい相手なのです。
ヘッジファンドからみると、日本の投資家の投資手法はほとんど読まれています。

国が国を挙げて株高を演出している。

日本には一千兆円の借金がある。

この借金を返すことができない。

だから、日本はインフレを起こして紙幣価値を下げる事しか借金を返せないと踏んだのである。

そしてついに年金も日本株への投資を始めたのが決定したのである。

どこまで日本株が上がるのかはわからないが、インフレが起こる事はほぼ間違えないであろう。

世界中で金融緩和が起きている。

世界中で利下げが起きている。

ジャブジャブマネーの到来だ。

だから株に投資をすべきである。

株はインフレ対策として最強の武器である。

これからは欧州の金融緩和に注目が集まる。

それはなぜか、欧州の金融緩和はマイナス金利とのコンビであるからである。

PER,PBRの観点から見ても、日本株が上がらない理由はない。

これから先為替は130円から150円を目指して、日経平均は3万円を目指す。

そーゆー時期の中あなたはどのようにチャンスを活かすか?

大型株ばかり株価が上がっている。

小型株はあまり上がらない。

それはなぜか?

アナリストが少ないからである。

GPIF、日銀、郵貯などが購入するため有名で大きな株しか買わないためである。










株、株、株! もう買うしかない


新品価格
¥1,728から
(2015/11/8 10:15時点)












株、株、株! もう買うしかない [ 朝倉慶 ]


価格:1,728円
(2015/11/8 10:16時点)
感想(1件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

株は再び急騰、国債は暴落へ  感想  朝倉慶 

は再び急騰、国債暴落へ 

著者 朝倉慶 

読書2


これから、株価は際限なく上がり始めるでしょう。
デフレからインフレへの転換を図る政府は、インフレ到来に備えて
国民の資金を強引に式市場に誘導するつもりです。
政府は早くもNISAの枠の拡大を目指しています。
始まって半年も経たないうちに枠の拡大を目指すのですから、
国の覚悟がわかるというものです。(中略)

かように政府は、ありとあらゆる手段を使って、
国民の資産を式市場に投入させようとしている。
この姿勢を甘くみてはならないのです。
国民一人ひとりが、日本経済に何が起ころうとしているのか、
真に理解せず、乗り遅れると、大変な目に遭うでしょう。

経済アナリスト。()アセットマネジメントあさくら代表取締役社長。1954年、埼玉県生まれ。77年、明治大学政治経済学部卒業後、証券会社に勤務するも3年で独立。顧客向けに発行するレポートで行った、この数年の経済予測がことごとく的中する。船井幸雄氏が著書のなかで「経済予測の超プロ・K氏」として紹介し、一躍注目される。著書に『2014年 インフレに向かう世界』『もうこれは世界大恐慌』『大恐慌入門』『裏読み日本経済』(以上、徳間書店)、『2013年、式投資に答えがある』(ビジネス社)、『2011年 本当の危機が始まる! 』(ダイヤモンド社)などがある。

国債暴落する。

暴落はほぼ間違いないだろう。

暴落するかしないかではなく、いつ暴落するか である。

ジャブジャブマネーは株 へ向かい、二度急騰するであろう。

紙幣価値が下がり、価値観が変わるであろう。

見を守るのは自分しかいない。

国は守ってくれない。

土地をもっている株が上がる。

歴史は繰り返す。

暴落のスタートはいつか?

自分自身に備えなさい。

自分を守るのです。

株で。

投資信託で。

fx で。



株は再び急騰、国債は暴落へ

新品価格
¥1,620から
(2015/8/19 22:25時点)




株は再び急騰、国債は暴落へ [ 朝倉慶 ]

価格:1,620円
(2015/8/19 22:26時点)
感想(1件)


忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本