FC2ブログ

中国食品工場のブラックホール  著者 福島香織 

中国食品工場のブラックホール 

著者 福島香織 

読書2


★上海福喜食品「期限切れ肉流用事件」を受けて、緊急出版!
★下水溝油、メラミンミルク、ニセ食品はなぜなくならないのか?
★厳罰化では解決できない中国の食品工場の“深い闇"

マクドナルドなどのファストフード業界に加工肉を供給していた
上海福喜食品による「保存期限切れ肉ロンダリング」事件。
超優良企業の管理システム下で、なぜこんな事件が起きたのか――。

過去にも中国の食品医薬品工場では、メラミンミルクや咳止めシロップ事件、
毒ギョーザ事件など、世界を震撼させる食品安全事件が相次いでいる。
これらは氷山の一角で、中小工場では「下水溝油」「ニセ羊肉(ネズミ、猫)」
「毒インスタントラーメン」などの信じられない食品が作り続けられている。

農村と都市の格差、衛生観念の二重基準、役人の賄賂体質……など、
厳罰化だけでは抑止できない、事件の背後にある「ブラックホール」を、
中国の“食の安全問題"を長年取材している気鋭のジャーナリスト・
福島香織氏が徹底解説する。

第一章 上海福喜食品工場の衝撃
第二章 中国食品安全事件簿
第三章 なぜ中国で食品安全問題は起きるのか

中国の食に関する価値観。

価値観の違う国籍は交あえない。

日本ではあり得ないことが、中国ではあり得る。

この事を、受け止めるしかない。

しかし、今、中国なくして成り立つのか?

中国に日本の常識は通用しない。

彼らはいきる為に必死なのだろう。

自分がよければ他人はどうでもよい。

そのような価値観は如何だと思うが、そのような国に投資をしている日本の企業にも責任があり、問題である。

また、その商品を購入する日本国民の消費者にも問題がある。

中国産と解らなければ無理もないが・・・。

中国にとって ズルい話は、工夫である。

これまた価値観の違いである。

埋めることのできない価値観。

付き合ってくしかない。

中国と付き合っていくならば、チャイナリスクはしょうがない。

チャイナリスクをどう受け止めるかが、中国との付き合いで一番大事である。

あなたが受け止めることが出来ますでしょうか?

日本は大変である。

都市部と農村部。

中国盤 アパルトヘイト

これが問題である。

農村部の人間からすれば、都市部の人間が何を食べようと関係ない。

よってモラルが存在しない。

ねたみでもある。

我々はこの中国と付き合っていかなければいけない。

中国製選ぶかどうかはあなた次第である。

中国盤 アパルトヘイトこの問題をクリアしない限り 中国に未来はない。


中国食品工場のブラックホール (扶桑社新書)

新品価格
¥821から
(2015/9/2 19:54時点)




中国食品工場のブラックホール [ 福島香織 ]

価格:820円
(2015/9/2 19:55時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本