FC2ブログ

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! 著者 永井孝尚 

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! 

著者 永井孝尚 


読書2


・セブンカフェ、マック:100円コーヒーの本当の狙いは?
・スターバックス:広告費を駆けない「ブランドスパークス」
・ドトール:低価格競争の裏にある戦略とは?
ネスレ:フリー(無料)なのになぜ儲かる?

コーヒー業界をみれば「最新ビジネス戦略」がすべてわかる!
最新ビジネス戦略がわかる10の物語

(本書のストーリー)
ブラック金融会社を逃げ出した新町さくら。とあるきっかけでコーヒー会社・ドリームコーヒーに入社するが、彼女がはじめて知ったコーヒー業界は「ビジネス戦略」の宝庫だった! 外資系のスタバ、異業種のセブン、マクドナルド、ドトールの価格競争、最大手ネスレのイノベーションなど超強力ライバルを相手に、さくらとドリームコーヒーはどう生き残るのか!?

キャッシュカウは何なのか?

まずは、これが一番大事である。

ジレットモデル!

消耗品で稼ぐビジネススタイルの事である。

一貫して出来るや。

あれもこれもは価値ではなく、会社の能力である。

会社の強みを徹底して追求する。もっと具体的に落としていかないと、他社との差別化につながらない。

強みが明らかだとターゲットも明らかになる。

強みが分かってないからターゲットの顧客もきめられない。

ドトールの本当の勝因は 低価格戦略ではない。

邪道と言われた 缶コーヒー uccが成功した理由。

マクドナルドがプレミアムロースト目ざしたもの。

コーヒーの香りをうしなった スターバックス考え続けたこと。

ネスレは なぜコーヒーマシーンを無償で提供するのか。

5度目の正直で大ヒットしたセブンカフェ。

コーヒー界のアップル、ブルーボトルの第三の波。

お客はカフェの何にお金を払うのか。

サステイナブルでないコーヒーは生きのこれない。

スタバが広告費をほとんどかけない理由とは。

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ! (ビジネス・経済)

新品価格
¥1,512から
(2015/9/5 16:55時点)




戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!

価格:1,512円
(2015/9/5 16:56時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本