FC2ブログ

欲求がない 男は一流になれない! 著者 井上裕之 

欲求がない 男は一流になれない!

著者 井上裕之 

読書2


◆「欲」を追求する人間は、品格ある一流になれる!

欲求が弱い男は、一流になれない――。
自分の中の小さな欲求を明確にして、大きく育てた男だけが、
満足できる価値ある人生を謳歌する――。

一流の人間になるなら、この本質の話を知ることが必須の条件です。
あらゆることで満足する結果を得ているのは、
優しい男、真面目な男、頭がいいだけの男、
能力が高いだけの男……ではありません。

衝動に従って情熱的に行動してしまう男こそ、
欲しいものを手にし、上質な人生を生きています。
これが、真実なのです。

そこで、欲求の力を借りるのです。
欲求こそ強い「行動への動機付け」はないからです。

自分の中の欲求を見つけ、大きく育てる。
すると、自然と「行動せずにはいられない」状況になり、
人は物事に情熱的に向かい、結果を得ていくのです。

しかし、欲をギラギラさせながら生きることには、
誰もが気後れすることでしょう。

日本人は、横並びをよしとするので、社会的に欲求を抑えるように、
子供のころから教育されているので仕方がないことなのです。

そこで本書では、心理的なプレッシャーを極力減らし、
社会性を保ちながら、自分の欲求を叶えていく方法をご紹介しました。
この方法なら、多くの人が「あなたが欲求の達成」を応援してくれます。

◆「自分の欲求の達成」を、多くの人に応援される秘訣

人に認められながら欲求を叶えていくためには、
あなたが一流の品格を持つ男であることが大切になります。
社会全体、多くの人に貢献する男になることが重要だということです。

また、「仕事」「お金」「人間関係」「健康」……、
そのすべてのバランスを取りながら、
自分の夢や目標に向かっている男が一流と言えます。

自分の成すべきことをしながら、相手の場に立ってものを考えられる、
貢献できる、言行一致の男が一流なのです。

男性から信頼も得る男、魅力的な女性からも支持される男は、
この条件を満たしています。

このような一流の人間に成長していく方法を本書では、
誰もが自然に身につけられるように書きました。

あなたには、「自分はこうなりたい! 」というイメージがあるはずです。
何がなんでもそれを実現していただくために私は本書を書きました。
まずは、「はじめに」を肩の力を抜いて読んでみてください。

思考は現実化する。

だからこそ強い欲求を持つべきである。

そして行動することである。

どんなに知識があっても、どんなに知力があっても、どんなにセンスがあっても、行動しないとむくわれない。

行動することにより、学んだ事が初めてイカされる。

よってインプットすることも大事だがアクションを起こすことも大事である。

一流のサービス体験しよう。

一流のサービス体験することにより 一流のサービスをできるようになる。

一流のサービス体験しないから、三流サービスしか提供できない。

だからこそ、一流のホテル、一流のレストラン、一流のサービスを受けれるところに体験しに行こう。

体験することも 自己投資である。


欲求がない男は一流になれない!

新品価格
¥1,512から
(2015/9/11 20:14時点)




欲求がない男は一流になれない! [ 井上裕之 ]

価格:1,512円
(2015/9/11 20:15時点)
感想(1件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

「学び」を「お金」に変える言葉

学び」を「お金」に変える言葉

著者 井上裕之

読書2


資格、セミナー、教養…、
その学びで稼げるように
なりましたか?

欲しいだけの年収を得るための
「大人」の勉強法

本当の意味の大人の学びは、必ず社会に受け入れられ、お金という評価に繋がっていくものです。
逆に言えば、お金に結びつかない学びはどこかが空転している、自己満足だけの学びに過ぎないと言っても過言ではありません。

一生懸命学んでいるのに、いっこうに豊かにならないという方はぜひ、本書を読んで、問題点がどこにあるのかを見出してください。
ヒントは本書のいたるところに散りばめられているはずです。―「はじめに」より

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

なんておしゃれな言葉が最初に来るのであろうか?

アインシュタイン言葉である。

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく。気づけば気づくほど、また学びたくなる。大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。」

もっとリアルにお金と結びつけようと考えるべきである。

それは自分次第なのである。

結びつかない学びは、浪費だと考える。

誰のために頑張ってるわけではない、自分のために頑張ってるのである。

どの本にも書かれているが、行動を犯すなければ、どんな学びも、どれだけ熱心な学んでも無意味である。

本を読むだけで終わらないことが大切であるし、いろいろな本に書かれていることである。

本気で学びたいなら、借金してでも学ぶべきである。

借金すると言う事はリスクを背負うということである。

人生とは不思議なもんだ。

幸せに貢献する学びだけが、お金を引き寄せる本である。

摩訶不思議とはこのことである。

しかしこれは説明することができない。

それが人生と言うものである。

学んだ事は1つでいいからその日のうちに実行することが大切である。

実行しなければ意味がない。

時代を超えて残っているものから本質を学ぶべきである。

良いものは残り続ける。

講師のオーラを浴びることも学びの1つである。

成功した人にはオーラがあると言うことである。

風正解は正解にすることを学ぶことも大切である。

豊かな意識を持てばお金は自然に集まってくるものである。

余裕と言うものは大切なものだ。

知識や技術を学ぶことから意識を変える学びを進化させることが大切である。

大人の学びの核心は自分のミッションを見つけることである。

学ぶことでミッションが磨かれていくものである。

専門領域は誰にも文句言わせないくらいしっかり学ぶことが大切である。

誰も口出せないほどの知識が身に付くと敵なしである。

何を学ぶべきか、ベストアンサーは常に自分の中にあるものである。

何を学ぶか、直感的に選んだことが今のあなたに必要なことである。

書店は最高の学び場である、週一で足を運ぶことを習慣にしよう。

ダラダラと先延ばしは厳禁である、学ぼうとする意欲が大切である。

今日の学びは楽しくて仕方がないものであり、その楽しさが早く知ろうではないか。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村






欲求がない 男は一流になれない!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本