FC2ブログ

ウォール街が教えたくない日本大逆転のチャンス  湯浅卓

ウォール街が教えたくない日本大逆転のチャンス 

著者 湯浅卓 

読書2


ニューヨーク・ワシントンで活躍する国際弁護士が解き明かす甦る日本のレガシー
【ウォール街のコンフィデンシャルを日本に明かしてもいい時が来た】
ウォール街の血のにじむ激烈な競争社会の表と裏を、日本の方々に語るのは、私の長年の夢であった。
しかし、これまでは、書けるタイミングではなかった。なぜなら、高潔の士オバマ大統領とアメリカのパワーとマネーの中心と言われるウォール街の間に、死闘という名の闇の戦争が続いていたのだ。
この両者の闇の戦争の最中には、戦争の深淵について書けるはずがない。
だから、著すのは、今なのである。オバマ大統領とウォール街の誰も知らない闇の戦争が終わった直後のまさしく今こそが、絶妙のタイミングなのだ。この闇の戦争のすべての、詳細な中味と誰も知らない裏話の数々を本文に述べている。これを読まずして、ウォール街を理解することは不可能であろうと確信している。(「はじめに」より)

ウォール街の謎は闇の中にある。本書では、その謎を本書では明らかにする。
○リーマン・ブラザーズ破綻の遠因には、9・11同時多発テロが背景にある
○ウォール街とメディアは「油と水」の関係
○ウォール街はなぜ、ハリウッドとITに巨額投資をするのか
○ウォール街がアングラマネーを退治した?
そのウォール街が、日本経済の復活を確信している理由は何か。
○ウォール街は、日本の「失われた2

アメリカ建国にはアメリカ国、メディア、ウォール街の三つが力を合わせてアメリカの発展に貢献してきた。

しかし今は対立している。

その原因はオバマ大統領である。

オバマ大統領がウォール街を敵対視したからである。

ヒラリー クリントン元弁護士である。

しかもかなり優秀な弁護士だった。

このヒラリー クリントンが次期大統領候補である。

女性初の大統領である。

政治家の道を選ぶなければ、ウォール街で第1線で活躍していたであろう。

そのような人物である。

もうひとりの人物がオバマ夫人である。

ウォール街と弁護士。

キャロライン ケネディはヒラリー クリントンを支持している。

勝負のときは2016年である。

明日のこどもたちの投資こそが最高の投資である。

ウォール街が教えたくない日本大逆転のチャンス

新品価格
¥1,620から
(2015/9/29 20:44時点)




ウォール街が教えたくない日本大逆転のチャンス [ 湯浅卓 ]

価格:1,620円
(2015/9/29 20:45時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本