FC2ブログ

ノーマンズランド 著者 誉田哲也

ノーマンズランド
著者 誉田哲也


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
甘酸っぱい、青春の話から始まったかと言えば、姫川玲子の話につながっていく。
何がどう繋がるのか、全くの不明状態。
想像もつかない。
だからこそ、楽しみである。
しかしこの物語は奥が深い物語である。
途中まで読んでも、話の全容が見えてこない。
果たしてどのような展開になっていくのであろうか?
そしてどのような物語を描いていくのであろうか、ページをめくる手が止まりません。
東京都、葛飾区の話でありながらも、北朝鮮の話が出てきて二転三転していきます。
まさかの北朝鮮拉致問題に発展するとは想像もつきません。
そして憲法第9条まで絡んでくると言う、現実に沿ったお話なのかもしれませんし、未来に予言するような話になるかもしれません。
それがまた面白いのかもしれませんし、そこがまた物語にのめり込む状況なのかもしれません。
人は何が好きで何が嫌いかは人それぞれになります。
そこで大切な事は、自分の好きなことにのめり込めるかとかできるかどうかです。
これは社会派小説である。
拉致被害者の問題も、ニュースでは最近はあまり取り上げられなくなってきています。
しかし北朝鮮問題は、アメリカのトランプ大統領により前進してると言うニュースばかり流れています。
そんな現場の中で、日本は拉致問題をどこまで解決に向けて進めていくことができるのでしょうか?
私たちは、日本人として拉致問題の解決を強く望んでいます。
この小説を読むことにより、拉致問題に興味を持ってくれる人が増えればより多くの人たちに支持してもらえるかもしれません。
私は拉致被害者の家族ではないので気持ちは分かりませんが、拉致被害者の家族も年齢を重ねており時間がない事実だけは理解しております。
姫川玲子を通して、社会に一筆を投げかけたのかもしれません。
こういう物語生の小説がとても良い小説だと思います。
物語だけを学ぶのではなく、物語を通じて社会を学ぶことができるからです。
このような小説が世の中にたくさんあるかもしれません、しかし実際に手に取って読む本は限られています。
物語を通じて、訴えたい事をうまく表現できれば、社会に一筆を投げることだけが目的ではなく物語を通じて投げかける、それがこの著者の特徴だと思います。
非常に面白い作品だと私個人は思います。
このような作品がもっと支持されれば、世の中に広まれば良いのではないでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

誉田哲也氏の本でのオススメです。
ケモノの城 著者 誉田哲也
ハング  著者 誉田哲也 
主よ、永遠の休息を


またしても同僚の殉職を経験し、心身に疲弊の残る姫川玲子が入ったのは、葛飾署管内で起こった若い女性の殺人事件捜査本部。しかし、事件の背後にはもっと大きな事件が蠢いている気配があった……。あらゆる伝手を辿り、玲子が摑んだ手がかりとは!?

ノーマンズランド

新品価格
¥1,728から
(2018/5/12 07:56時点)







にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ケモノの城 著者 誉田哲也

ケモノの城 

著者 誉田哲也

読書2

ある街で起きた監禁事件。保護された少女の証言に翻弄される警察。そんな中、少女が監禁されていたマンションの浴室から何人もの血痕が見つかった―。あまりにも深い闇に、果たして出口はあるのか?小説でしか描けない“現実”がここにある―。圧倒的な描写力で迫る衝撃のミステリー。

著者について
1969年東京都生まれ。学習院大学卒。2002年『妖の華』でムー伝奇ノベル大賞優秀賞、03年『アクセス』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。警察・犯罪・青春小説など、多彩な作風で多くの読者を惹きつけている。

始まりはDVをイメージさせるストーリーの始まりである。

通報してきたJK。

何があったのか?

やっぱりねという物語になっていくのか楽しみである。

事件はどこに向かうのだろうか?

そして やはり物語はdvの物語であった。

「暴力」この言葉にどのような意味をとらえるのか?

人間に与えられた試練なのかもしれない。

人間は暴力をふるい、動物を殺し、戦争を行い、ほかのものうばう。

何をウバうのかはその時次第である。

奪う!

また この言葉にも暴力を連想させる。

人間は暴力により自分の価値を見出す。

悲しいがこれが現実である。

自分を守る。

そのために他人をぎせいにする。

そして、二つのストーリーが交差する。

そしてうかび上がるもうひとつのストーリー。

真実はどこにあるのだろうか?

真犯人は?









ケモノの城


新品価格
¥1,728から
(2015/10/17 19:26時点)












ケモノの城 [ 誉田哲也 ]


価格:1,728円
(2015/10/17 19:26時点)
感想(4件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

ハング  著者 誉田哲也 

ハング 

著者 誉田哲也 

読書2


警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。そしてさらなる死の連鎖が…。刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか。誉田作品史上もっともハードな警察小説。

誉田/哲也
1969年東京生まれ。2003年「アクセス」で、第四回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞

自分の幸せより他人の幸せを願う刑事。

実際どのくらいいるのだろう?

こんな刑事ばかりだったら、日本はもっとよい国になるだろうと思えてくる。

自分より他人を先に考えれる人間は強い。

この小説は刑事小説を通して、他人を思いやる人間、そのような社会になることを望んでいるようだ。

自分自身の生き方。

後輩との関係性

現実の会社 社会のような物語である。

半分憧れも入っているのではないか?

それでも この小説を読んで憧れの様な社会になれば良いのだが。

そして ある事件をきっかけに 状況が変わっていく。

それは何か?

職場が変わり 人間関係が変わり そこに何があったのだろうか?

あきらかにおかしいこの事件は!

あきらかにおかしい警察は!

真実に近づきつつある。

事件の動機は意外なこと?

最後に驚きの展開が!

そして、学になる小説。


ハング (中公文庫)

新品価格
¥741から
(2015/10/13 22:04時点)




ハング [ 誉田哲也 ]

価格:740円
(2015/10/13 22:05時点)
感想(45件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

主よ、永遠の休息を

主よ、永遠の休息を

著者 誉田哲也

読書2


この慟哭が聞こえますか? 心をえぐられた少女と若き事件記者の出会いが、やがておぞましい過去を掘り起こす……驚愕のミステリー。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

新聞記者が強盗事件にでくわした、コンビニ強盗である。

記者は通信社、東京支社社会部で勤務という日本最大にして日本最新の都市、東京。

2020年には東京五輪が開催予定にて世界の東京、と言われる大都会東京。

今や、どんな事件に巻き込まれてもおかしくない世の中である。
そんな中2人の物語が交互に進んでいく。

そうこうしてるうちに幼児性虐待の犯人に絡み合い、過去の事件と関係が出てくる。

1人の新聞記者と1人の女性が、どのようにリンクしてどのように絡み合っていくのかがこの物語の醍醐味かもしれない。

決して良い物語とは言えないが、このようなことが起きてはならない物語として受け止めるべきである。

現代社会でもやはりこのような事件は起きている、このような事件がこの世からなくなり、誰もが笑顔で過ごせる世の中になってほしいと思っているが、なかなか難しいものである。

時間に追われる日本人に関しては、ストレスと言うものが溜まっていく一方である。

最近の日本人には、どこかに余裕がない、余裕のない人生を送っている。

そして物騒な事件が起きるたびに、心が悲しくなってくる。

同じ日本人なのに、なぜ日本人日本人を傷つけるのであろうか、なぜ日本人は日本人を痛めつけるのであろうか、なぜ日本人は日本人をいじめてしまうのか?

もっと支え合う世の中になってほしいと私は心から願っている。
主よ、永遠の休息を、この話も悲しい事件になぞっている話であるが、読み始めたら止まらない話である。

読んでる最中もあまり気持ちが良いものではない、しかしそれでも読み始めたら止まらない物語であった。

途中途中、なんとなく先の見通しが立ってはいたが、それでも真実が分かった時は爽快感がありすっきりした気持ちにはなる人も中にはいるだろう。

しかし話の内容が内容なだけに、すっきりしない人たちが多いのではないかと思う。

このようなことが現実的に起こらなければ良いと言うのが1番の感想である。

そして周囲の人たちも、このような事件を起こさないようなつながりやこのような事件が起こったときの対処と言うことを考えなければならないのかもしれない。

何よりも日本国の宝である子供たち、これをどう守っていくのかをもう少し考えなければならないのかもしれない。

考える1つのきっかけとなればこの小説というのは世の中に広まるような小説だと私は思う。

しかし悪意の捉え方で悪い方向に向かわないことだけを祈るばかりである。

怖いのは人間である。

でも救いの手を述べるのは人間である。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

主よ、永遠の休息を (中公文庫)

新品価格
¥691から
(2016/12/30 08:40時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

ケモノの城 

誉田哲也 

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本