FC2ブログ

世界が日本経済をうらやむ日  著者 浜田宏一 安達誠司 

世界が日本経済をうらやむ日 

著者 浜田宏一 安達誠司 

読書2


なぜ株価はこれほど上がったのか? 景気回復は本当に続くのか?
ノーベル経済学賞に最も近いといわれる、イェール大学名誉教授が語る「経済の真実」とは!

アベノミクスにより、株価は約2倍、円安にもなり、景気は回復しつつある。とはいえ、いまだに「賃金が上がっていない」「生活はよくなっていない」など、アベノミクスに懐疑的な人もいる。
そこで本書では、ノーベル経済学賞に最も近いといわれ、イェール大学名誉教授、兼、内閣官房参与である著者が、「経済の真実」について、経済が苦手な人にでも理解できるよう、わかりやすく伝授。
「なぜ株価はこれほど上がったのか?」「景気回復は本当に続くのか?」「日本は借金が多いから、このままでは財政は破綻するのではないか?」など、将来に不安を抱える人にとって、目から鱗の一冊。

アベノミクスは成功である。

失業率はさがっている これが全てである。

日本の不景気の原因はデフレである。

デフレが日本の不景気にしていた。

だからこそ一番必要なのは デフレ脱却である。

そのための政策として量的緩和はバツグンである。

バツグンの成績を残している。

そして 財政出動も良い結果をのこしている。

しかし これはあくまでも デフレ脱却 政策である。

デフレ脱却の後に待っているのが、経済の成長である。

経済の成長のために必要なのか第3の矢 である。

リフレ派が一番必要としているのは、経済成長である。

デフレのもとで、経済鈍化するよりも、インフレで経済成長したほうが人々のためになる。

だから成長を望む。

人間と同じである。

解らないことに直面したら、成長するチャンスである。


世界が日本経済をうらやむ日

新品価格
¥1,620から
(2015/10/14 07:27時点)




世界が日本経済をうらやむ日 [ 浜田宏一 ]

価格:1,620円
(2015/10/14 07:28時点)
感想(1件)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本