FC2ブログ

硝煙の向こう側に彼女  著者 深見真

硝煙の向こう側に彼女 

著者 深見真

読書2

2010年代―日本は武力行使を前提とした自衛隊の海外派遣により、世界を覆うテロ戦争に巻き込まれることになった。世界中の非合法組織から標的となり、国内に大量の重火器や爆薬が密輸され、治安は悪化の一途をたどっていた。それに対し、警察は特別強行犯捜査係を新設。『鉄砲塚』―「銃と寝る女」と周囲から呼ばれる刑事・塚田志士子が責任者となる。渋谷区で起きた自爆テロ、新橋での銃撃事件、さらに彼女自身も過去の忌まわしい記憶とともに渦中に巻き込まれ、事件は錯綜する―。

目の前で起こった爆発。

未成年の子供による自爆テロ。

何が目的なのだろうか?

話がつながっている。

刑事のともに。

銃に詳しい小説であるがために、銃に関して詳細な説明がされているのではなかろうか?

だが私にはわからない。

そもそも銃の知識がない。

興味もない。

よって覚えようと言う気もない。

テロがおおいこの世の中では、興味がわいてくる 小説であると思う。

武装な世の中になってきたものだ。

1日も早く 平和な世の中になってほしいものだ。

この小説を読んでそう思った。

憎しみが憎しみを生む。

憎しみの連鎖は止まらない。

テロがない世界へ!

祈りを込めて。










硝煙の向こう側に彼女 武装強行犯捜査・塚田志士子 (講談社文庫)


新品価格
¥648から
(2015/10/15 22:29時点)












硝煙の向こう側に彼女 [ 深見真 ]


価格:648円
(2015/10/15 22:30時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本