FC2ブログ

NRI生活者1万人にアンケートでわかった!なぜ、日本人の金融行動がこれから大きく変わるのか?

NRI生活者1万人にアンケートでわかった!なぜ、日本人の金融行動がこれから大きく変わるのか?

著者 宮本弘之 鳩宿潤二 久保田陽子

読書2

野村総合研究所が実施するNRI生活者1万人アンケートで判明した、
日本人の金融行動のすべて。

・拡大する相続マーケットは何と年間47兆円市場。
・地方の親の都心の子どもへの相続効果は、毎年丸ごと一行、地銀が首都圏に移転するレベル。
・ネットバンク利用者数は既に1800万人超。3年間で倍増。
・個人金融資産1600兆円の6割はシニア層が持っている
・住宅ローンの新規貸出額は年間20兆円超で、5割は30代男性が利用している。
などなど、データが初めて明らかにする激変する日本人の金融行動。

これから狙い目の有望セグメントはこれだ!
1デジタルなシニア(成長セグメント)
年間70万人増加し、金融ポテンシャルはアナログなシニアの約2倍!
2おひとりさま女性(成長セグメント)
2020年には1600万人の巨大マーケット。とくに相続で生まれるアナログなおひとりさま女性は超有望!
3親リッチな若者(金融ポテンシャルが高いセグメント)
20~30代で金融資産1億円以上の若者は150万人。金融機関にとっての今後の「ブルーオーシャン」。
4パワーカップル(金融ポテンシャルが高いセグメント)
一般共働き夫婦の5倍の金融資産を持つ世帯が100万世帯以上存在する!

まずは相続による資産移転が加速している。

インターネット金融が浸透してきている。

時代はインターネットに変わりつつある。

いかにインターネットを活用するか?

活用した人間が時代を手に入れるであろう。

時代は前に進んでいる。

一歩一歩歩いている。

そして1番注目されているのがやはり相続による税金である。

つまり相続税。

いかになくしていくのかが大切である。

そしてネット社会になったからこそアドバイスを誰がくれるのか?

これがなかなかいない。

アドバイスをくれる人これを見つけることが大切である。

保険屋も今はネットの時代になっている。

しかし、若者は店舗に行く。

ネットで加入はできるが、何を選んでいいのかがわからない。

商品が多すぎである。

供給過多の時代だからこそ商品を見分ける力が必要である。

しかしこれはプロではない限り難しい話である。

だから信頼できるアドバイザーが必要である。

それがネットの社会の中で見つけるか、現実あって見つけるかであり。

時代は人間とクラウドの社会である。

いかに自分なりのやり方を見つけて生きていくか?

これが大切なのではないだろうか。










なぜ、日本人の金融行動がこれから大きく変わるのか?


新品価格
¥1,728から
(2015/10/21 15:44時点)












なぜ、日本人の金融行動がこれから大きく変わるのか? [ 宮本弘之 ]


価格:1,728円
(2015/10/21 15:45時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本